creal

CREAL(クリアル)

不動産投資クラウドファンディングクリック合戦コツ!assecli,creal,syla,fantas

不動産クラウドファンディング業者の人気が非常に高まっており、クリック合戦に勝利しなければ投資ができない状態が続いている。本記事ではクリック合戦に勝利するコツをまとめた。サーバーの強弱は投資家はどうしようもできないが、それ以外例えばクリック合戦に勝利するために必要な準備。光回線をつかう。更新ボタンをおすタイミングなど解説
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディング低利回りおすすめ業者!2020年!安全性を重視するなら投資家向け!

ソーシャルレンディング業者安全な低利回り業者。初心者投資家向け。不動産型クラウドファンディング業者であり、不特法の下に置かれる劣後出資者のcreal.。ownersbookは上場企業の傘下で、LTVが低い。FUNDsはノンリコースローンではなく、大企業のみに貸し付。客観的に見て安全性が高い業者のみ徹底解説。
CREAL(クリアル)

不動産クラウドファンディング投資申込の結果は!?今後不動産クラウドファンディングはどこに投資する?

不動産投資型クラウドファンディング業者投資申し込み結果解説。サーバーの強さ次第で投資ができるか決まる。2020年2月以降不動産クラウドファンディング業者で投資がおすすめは先着方式をとるsylafundingとjointα。クラウドリアルティは1万円プレゼントキャンペーンを行っているため登録すべきだろう。
CREAL(クリアル)

不動産クラウドファンディングで今月投資をしたいベスト3!分散投資ができれば最高!どこが1位!

不動産クラウドファンディング業者で2020年当初に投資をしたいのはこの3社。acceliの初回ファンドは好立地に加えて、利回り8%。そして22%の劣後出資者。初回のボーナスファンドといえる。crealはキャッシュバックが期待。jointαは別格であり、30%の劣後出資者。京都の好立地。東証一部上場企業が運営と優秀。
未分類

ソーシャルレンディング事業者が倒産した場合どうなる?投資家の安全性が高いのは?maneoと異なる!

ソーシャルレンディング業者が倒産した場合、破産資産として取り扱われ、他の一般債権者と平等分配されます。その為倒産時は投資家にお金が戻ってこない可能性が非常に高い。ただし信託保全されているCREALとSAMURAIは預かり金口座の資産は帰ってくる。またFUNDSは倒産時も最終貸し付け先が返済の義務を負い安全性が高い。
CREAL(クリアル)

不動産クラウドファンディングが2020年1月の投資おすすめ!利回りは低いが安全性では軍配!

2020年1月は不動産クラウドファンディング業者から3つの大型ファンドが募集される。シーラファンディングは原宿ファンドで30%の劣後出資者。jointαは京都大型ファンドで30%の劣後出資者。CREALは上野4億5千万のファンドで10%の劣後出資者。安全性を重視するのであればソーシャルレンディングよりもおすすめ。
CREAL(クリアル)

maneo京都遅延案件に関する簡単な所感。誠実さのかけらもないな。という印象。

maneoから新たに京都でも遅延が発生したという報告があった。グリーンインフラレンディングの問題発生後であり、リファイナンスの厳格後に組成された案件なのにかかわらず遅延。これで14か月連続で期限の利益の喪失を起こしている。川崎、沖縄ファンドでも担保価値の査定を行っておらず、本ファンドもどれくらい返ってくるかは不明。
CREAL(クリアル)

CREALからのキャンペーンファンドは85%募集済!完売するだろうけど、まだ時間の余裕はありますね。

CREALから沖縄大型ファンドの詳細が発表された。運用期間は18か月で利回り5%。キャッシュバックも新規投資家は2%。既存の投資家は1%。利回りも5%と高く、募集金額も8億5千万円であるため、クリック合戦もなく投資可能。募集金額も20億超え、今現在運用されている不動産クラウドファンディング業者では不動の1位となった。
CREAL(クリアル)

CREALに倒産時どうなるのか問い合わせ!対応も誠実丁寧だし信頼性向上!次回大型ファンドも投資決定!

CREALは不動産クラウドファンディングの最大手業者。万が一倒産した場合CREALに問い合わせを行った結果、対応が非常に誠実であった。預かり金は信託保全されているため、投資家に返ってくる。出資金は売却か競売後他の一般債権者とともに平等分配される。ただ全てのファンドで費用を含めても元本以上で売却できており、安全性は高い。
CREAL(クリアル)

maneoとJトラスト子会社のパルティール債権株式会社と提携し2ヶ月&maneo滝本氏ブログ所感

maneoの遅延ファンドでも回収可能性が高いファンドはパルティール債権回収株式会社が動き始めてから、一気に解決に向かい始めた。一方担保価値と募集金額が大きく乖離している川崎ファンドの回収は不可能に近い。maneoは問題発覚以降、一向に伸展してこなかったがJトラスト社が関わり大きく状況は改善。maneo投資家には朗報
Advertisements