creal

CREAL(クリアル)

不動産クラウドファンディング業者の安全性ランキング!見極め方!

不動産クラウドファンディング業者の安全性、信頼性について徹底解説。おすすめの業者としては独立系ではなく上場系。特に上場企業の傘下の業者のが倒産リスクも低く、劣後出資者になっていることを考えてもおすすめといえる。
CREAL(クリアル)

Rimple>jointα=Creal!今週投資のおすすめ順!

不動産投資クラウドファンディング業者のRimple,creal,ジョイントアルファから新ファンドが組成される。今回人気が集まると予想されるのはRimple。東証一部上場企業のプロパティーエージェントが30%の劣後出資者で都内の好立地の築浅のファンドを利回り4.2%で組成するのであれば、人気が集まるだろう。
CREAL(クリアル)

CREAL(クリアル)の評判!1年間の投資成績付き!元本割れは?比較!おすすめ!リスクとメリット!

CREAL(クリアル)。大型クラウドファンディングの新サービスになります。社長のバックグラウンドを初めとするCREAL(クリアル)自身のリスクや危険性や信頼度について。他の不動産ソーシャルレンディング業者と比較してファンドの信頼度はどうか?劣後出資などの用語を含めてクリアルのファンドの解説。また1年弱の投資成績付き
未分類

CREALのsola沖縄学園ファンド無事売却!コロナウイルスの影響を心配してた分嬉しい!

crealからsola沖縄学園ファンドが無事に売却されたと発表された。コロナの影響下でも無事ファンドの売却ができたのはcrealの力といえるだろう。
CREAL(クリアル)

動画付き!creal&Rimple!時代は不動産クラウドファンディングに変化か!?

creal&Rimpleから新ファンドの募集が発表された。crealは両国ファンドでバリューアップし売却を狙う。rimpleはすでに500%以上の募集申し込みがあり、圧倒的な人気を誇る。時代は不動産クラウドファンディング業者にシフトしてきたといえるだろう。
CREAL(クリアル)

CREALから物件買取サービス「CREAL Buyer」が発表!新サービスで助かる事業者あり!

不動産クラウドファンディング業者のcrealから物件買取サービスであるCREALBuyerが発表された。これはコロナウイルスで資金繰りが苦しくなった業者に対して、creal経由でクラウドファンディングを行うことにより、支援を行うという意味。これによりcreal投資家はより大きなファンドに投資できる可能性が高まった。
CREAL(クリアル)

CREALとRimpleの新ファンド。安全性を重視するなら4月の投資先はこの二つがメインでは?

CREALとRimpleから2020年4月に募集される新ファンドが発表された。どちらも不動産クラウドファンディング業者であり、劣後出資者のため投資家の安全性が高い。コロナウイルスの影響を考えても保育園ファンドは学校と違い稼働しており、需要は安定している。秋葉原ファンドは好立地で30%の劣後出資のため元本割れは考えずらい
CREAL(クリアル)

maneo京都遅延案件はどうなる?コロナウィルスの影響もあり危険!本当に担保価値がある!?<追記>

maneoから新たに京都でも遅延が発生したという報告があった。グリーンインフラレンディングの問題発生後であり、リファイナンスの厳格後に組成された案件なのにかかわらず遅延。これで14か月連続で期限の利益の喪失を起こしている。川崎、沖縄ファンドでも担保価値の査定を行っておらず、本ファンドもどれくらい返ってくるかは不明。
CREAL(クリアル)

crealからコロナウィルスのホテルファンドへの影響の発表!台風時も問い合わせ時も対応は誠実!

crealからコロナウィルスの影響についてすぐに発表された。また倒産時のどうなるかの問い合わせや、台風の被害報告などを迅速におこなってきている。これがcrealの信頼性の向上につながっている。また分別管理の徹底や不動産特別法の管理下に置かれていることなどを考えるとcrealは圧倒的な信頼性をほこる優秀な業者といえる。
CREAL(クリアル)

不動産投資クラウドファンディングクリック合戦コツ!assecli,creal,syla,fantas

不動産クラウドファンディング業者の人気が非常に高まっており、クリック合戦に勝利しなければ投資ができない状態が続いている。本記事ではクリック合戦に勝利するコツをまとめた。サーバーの強弱は投資家はどうしようもできないが、それ以外例えばクリック合戦に勝利するために必要な準備。光回線をつかう。更新ボタンをおすタイミングなど解説
スポンサーリンク