maneo

CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディングおすすめ比較!人気業者ランキング!投資実績!評判口コミ!徹底調査!初心者必見

ソーシャルレンディングおすすめ比較ランキング。リスクとメリット。業者毎におけるお勧めの投資方法。プロとソーシャルレンディング業者を徹底比較し、その信頼度毎にお勧めランキング客観的な評価基準で選定。利回り、元本回収率、投資難易度、運用手数料、ファンド毎のリスクなど各事業者について徹底解説し、不正をおこす業者は除外。
Funds

maneo(マネオ)&マネオファミリーが倒産した場合投資家貸倒れ?外部調査報告より不正は明白!

ソーシャルレンディング最大手ながら不祥事が次々と発覚しているmaneo(マネオ)が倒産した場合、投資家資金はディポジット、運用中のファンド問わず、破産法の下、破産管財人が管理する。そして一般債権者となり、他の債権者とお金を分け合うため殆ど返済されず貸し倒れになる。私文書偽造疑惑が事実であれば倒産の可能性は十分ありうる
maneo

maneoに対する行政処分は金融免許取消が妥当か?他の免許取消ソーシャルレンディング業者と比較!

外部調査の発表からmaneoマーケットが金融2種免許業者として遵守しなければならない法律を破っていたことが発覚した。他の免許取消処分をうけたソーシャルレンディング業者と比較しても、遜色がなく、免許取消処分が妥当だろう。分別管理をせず、資金の不適切流用、担保価値の水増しなどmaneoマーケットの不正は明白である。
maneo

maneo(マネオ)川崎ファンドで使途不明金発覚!競売失敗!元本割れ!20億遅延今後どうなる?!

マネオ(maneo)で20億の大量の遅延が発生。川崎ファンドの担保価値はマネオがうたっていた業者買い取り価格と大きな乖離があり、売れて2億程度の川崎麻生区の山奥の土地。競売に失敗し、4億でも売れなかったため、抵当権順位者3位以下の全損は確定。ただしA社に対する貸金返還請求訴訟の裁判に勝訴すれば投資家資金を取り返せる。
maneo

maneoの外部調査報告!川崎ファンドは担保を調べず!クラウドリースも貸し倒れ当然という内容!

maneoに対する外部調査の報告書が発表された。maneo川崎ファンドは担保査定を行っていなかったことに加えて、使途不明金あり。クラウドリースに至っては最悪のケースであり、お金の分別管理をしておらず、投資家資金を流用された。maneoは一切担保査定&事業者査定を行っておらず、投資家資金はほとんど返ってこないだろう。
CREAL(クリアル)

maneo京都遅延案件はどうなる?コロナウィルスの影響もあり危険!本当に担保価値がある!?<追記>

maneoから新たに京都でも遅延が発生したという報告があった。グリーンインフラレンディングの問題発生後であり、リファイナンスの厳格後に組成された案件なのにかかわらず遅延。これで14か月連続で期限の利益の喪失を起こしている。川崎、沖縄ファンドでも担保価値の査定を行っておらず、本ファンドもどれくらい返ってくるかは不明。
samurai

SAMURAI fundから年利8%の日本保証の保証付きファンドが登場!評判はどう?おすすめできる?

samurai証券から日本保証の保証付きファンドが募集。samrurai自身は証券会社が運営。上場企業の傘下。信託保全有り。サービサーへの売却も投資家の過半数以上の賛成が必要。貸し倒れがないという実績もあわせ、お勧めのソーシャルレンディング業者。さくらソーシャルレンディングと提携しファンドを募集。更に日本保証付き!
maneo

maneo(マネオ)滝本社長が退任して約1年たった所感。投資家に朗報であったが納得はいかない。

ソーシャルレンディング最大手のmaneo社長の滝本氏が退任し、株式の売却が行われた。Jトラストと協業することになり、債権回収に関しては大幅に進捗があった。一方滝本氏はmaneo不正問題発覚以降、一度ブログを更新したのみで、投資家に説明会を開かず、責任を一切取らず退任。2億円で株式を譲渡したが、納得いかない投資家も多い。
maneo

maneo川崎ファンドは貸金返還請求訴訟でパルティール側が勝訴すれば投資家資金をとりもどせる!?

maneo川崎ファンドは市街化調整区域であり、麻生区の山奥。買い手がつくはずがない山奥であり、競売や任意での売却は絶望的なファンドといえる。このままでは元本割れは間違いないがパルティール債権回収株式会社より貸金返還請求訴訟が提訴。裁判所に法律違反orまたは錯誤無効の主張が認められれば投資家資金を取り戻せる。
maneo

ガイアファンディングで全件遅延が発生!貸し倒れで元本割れは確実?集団訴訟で今後どうなるか徹底解説

ガイアファンディングに対する訴訟でマネオマーケットは投資家資金を取り戻そうとする姿勢。ガイアファンディングのケルビンチウ氏は残金があることを認めるも、遅延損害金は否定。代表者連帯保証についてはノンリコースローンを基に否定。勝訴しても現実問題としてどのように金銭を取り戻すかは不明瞭で投資家の元本割れは間違いない状況。
Advertisements