Funds

CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディング&不動産クラウドファンディング安全性が高い低利回り業者ランキング!

ソーシャルレンディング業者安全な低利回り業者。初心者投資家向け。不動産型クラウドファンディング業者であり、不特法の下に置かれる劣後出資者のcreal.。ownersbookは上場企業の傘下で、LTVが低い。FUNDsはノンリコースローンではなく、大企業のみに貸し付。客観的に見て安全性が高い業者のみ徹底解説。
Funds

ソーシャルレンディングはmaneoのせいでオワコンか?二極化の理由を徹底解説!

ソーシャルレンディングで投資をしてもよい業者としてはいけない業者について徹底解説!
ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングは石橋を叩いて叩いて投資すべき!インフルエンサーを妄信するな!

ソーシャルレンディングにおいて詐欺を行う業者に投資をした場合、お金をとりもどすことは不可能。またインフルエンサーもアフィリエイト目的の場合も多い。そのため石橋を叩いて投資先を決めることが重要となる。
SBIソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングで複利効果の最大化!どこがおすすめ?

ソーシャルレンディングにおいて多額の投資をするのであればマネオが一番複利の効果を感じられ、少額の投資であればクラウドバンクが一番複利の効果がある。満期一括型であれば(税制上満期一括型が有利)クラウドクレジットが高利回りでおすすめ。マネオ、クラウドバンク、クラウドクレジットは安定し、信頼できるリスクの低い業者といえる。
Funds

FUNDsの底地くん&GRANDUOファンドに投資家の人気が集まるのは当然

FUNDsの底地くん&GRANDUOファンドに投資家の人気が集まっている。今現在コロナウイルスの影響を考えれば投資家の安全性が高いファンドに人気が集まるのは当然だろう。特にサンセイランディックは東証一部上場の優良企業であり、わざわざソーシャルレンディングでお金を借りる必要がないが宣伝用にファンドを組成してる。
Funds

Funds(ファンズ)の評判!危険で怪しい?メリットデメリット徹底解説!投資初心者におすすめ!

FUNDsとはソーシャルレンディング業者のサービスの一つ。特徴としては上場企業にのみ貸付をおこない、貸付先リスクをとことん低減している。また各種VCから出資されており、豊富な資金を元手に各種キャンペーンを行っている。利回りは低めだが、倒産時の投資家リスクはソーシャルレンディングで一番低い。1月16日のWBSで放送。
FANTAS funding

ソーシャルレンディングやばい&危ない業者と実績がある安全な業者の見分け方!危険で大損業者は避けろ!

ソーシャルレンディングの危なくてやばい業者の特徴と、高利回りながら信頼できるソーシャルレンディング業者の違い。 信頼できる業者は上場企業から支援をうけ、IPO間違いなしになっている為、高利回りファンドやキャッシュバックキャンペーンが行える。一方独立系は予算がないため、異常な高利回りなどは詐欺目的といえる。
Funds

fundsの貸付先のKudanの株価が10分の1に!コロナウイルスで株価は全体的に軟調です。

fundsの貸付先であるkudan社の株価が10分の1になった。コロナウイルスの影響があるとはいえ株価10分の一になってしまえば、元本割れを心配する投資家も多く出てきている。ただし決算状況も良好であり、株価低迷は一時的なものである。とはいえ安全性を重視するのであれば東証一部上場企業ファンドに投資をすべきだろう。
Funds

fundsの2%の利回りファンドすら大人気。貸付先の財務状況は?クラウドクレジットは無条件で3%。

ソーシャルレンディング業者のFUNDsのファンドが年利2%でファンドを組成したが大人気で即完売。ただし分離課税の雑所得で年利2%。そのうえ貸付先は営業キャッシュフローが赤字であるためおすすめの投資先とは言いづらい。一方クラウドクレジットは新規投資家にキャッシュバックをおこなっている。今回はクラウドクレジットのがおすすめ
Funds

速報!maneoがクラウドリースへ反論!8000万架空債権で横領したのを否定!主張は真っ向から対立!

maneoがクラウドリース武谷社長がブログで発表したようにmaneoマーケットが架空の債権をでっち上げ、8000万を不当に搾取していたというのが事実であれば私文書偽造であり、刑事事件化することもあり得る。ただクラウドリース自身もすべての案件を遅延させており信頼できるない。maneoマーケットはこの主張を真っ向から否定
スポンサーリンク