Funds

FANTAS funding

FANDs,クラクレ,クラウドリアリティは何故大規模キャンペーンが可能!?VC!大企業の支援とは!

FUNDsとクラウドリアルティの上場はVCや株主を考えると間違いない。またクラウドクレジットも同様の理由でVCからお金を引っ張ってきている。上場というのは赤字でも可能。だからこそ上場にむけて顧客を獲得したい、3社は投資家にとって有利なキャンペーンを多く展開。投資家としてはVCキャンペーンに乗っておくのが正解といえる。
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディング業者破産&倒産時投資家が絶対にやらなければならないこと!maneo投資家必見!

ソーシャルレンディング業者が破産時投資家が絶対にしなければならないことは債権者届け出。これをしない場合配当金がもらえない可能性あり。破産申し出後裁判所が破産を認めると破産管財人がでてくる。そのタイミングで届け出をする必要がある。maneoファミリーのクラウドリースなどは実際に破産申し出が行われ倒産するだろう。
未分類

ソーシャルレンディング事業者が倒産した場合どうなる?投資家の安全性が高いのは?maneoと異なる!

ソーシャルレンディング業者が倒産した場合、破産資産として取り扱われ、他の一般債権者と平等分配されます。その為倒産時は投資家にお金が戻ってこない可能性が非常に高い。ただし信託保全されているCREALとSAMURAIは預かり金口座の資産は帰ってくる。またFUNDSは倒産時も最終貸し付け先が返済の義務を負い安全性が高い。
Funds

fundsの新ファンドも利回り2%。この利回りがデフォルトになったら投資する気がなくなる..

fundsの新ファンドも前回同様に年利2%。正直ソーシャルレンディングというある程度リスクを負う投資において、年利2%であれば投資家にとってうまみはすくない。このファンドに投資をするよりもアメリカのインデックスファンドや他のソーシャルレンディングファンドに投資をしたほうが、投資家にとって賢明な判断だろう。
CREAL(クリアル)

crealから年利3%,fundsから年利2%さすがにこの利回りだと投資をする気がおきない!

crealの新ファンドは利回り3%。fundsからは年利2%。安全性が高い業者が増えるのは喜ばしいことだが、利回りが低すぎるため、投資をすることはおすすめできない。年利にして3.5%以上が個人的にソーシャルレンディングやクラウドファンディングにおいて、投資家の安全性が高いファンドという意味においてはおすすめである。
Funds

低利回りファンドが増えてきたソーシャルレンディング。利回り3%以上は欲しい。おすすめは?

ソーシャルレンディングでは高利回り至上主義が終焉し、低利回りでも安全性が高いファンドが主流となってきた。ただしfundsの利回り2%は低すぎるし、ownersbookの米国エクイティファンドは運用期間が長すぎる。jointαは利回り3.4%ながら上場企業が劣後出資しているなど信頼性という面で高く、低利回りでもおすすめ
Funds

fundsの利回り2%はさすがに投資する気にならない&日本保証付きで利回り4%は優秀

fundsのKudan Deep Techファンドは利回りが2%。さらに貸し付け先もマザーズ上場企業のため、投資はお勧めできない。客観的に見てもsamurai証券の日本保証付きファンドのが優秀。
Funds

fundsはSBIソーシャルレンディングやクラウドバンクを抜き、業界NO.1になれるのか?<追記>

ソーシャルレンディング業者の中でも屈指の人気業者であるfundsですが、SBIソーシャルレンディングを抜いて、業界一位になることは有り得ません。fundsは上場企業などの社債に近い安全性の高いファンドを組成することで利潤を上げることを目的としていますが、SBIは大型ファンドでの営業者利益で稼ぐことを目的としているため
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディングで失敗大損を避け、安定して儲けるコツ!不正を起こす業者の見極め方は!?

ソーシャルレンディングで失敗や大損を避ける為には、一番必要なことは危険な業者に近づかないこと。危険な業者の特徴は社長が怪しい。異常な高利回りなどの特徴があります。逆に信頼できる業者としては、上場企業の傘下。証券会社が運営。大企業やVCが出資。不動産型CFである。危険な業者を避ければ、安定したインカムゲインを得られます。
FANTAS funding

ソーシャルレンディング業者でキャッシュバック&キャンペーンが行える業者はどういった業者?

ソーシャルレンディング業者でキャンペーンやキャッシュバックを行う会社は多いが、詐欺目的で行う業者も存在した。見極め方としては独立系で社長の過去が怪しいor不明。異常なまでのキャッシュバック率や10%を超える。反対に信頼できるのは大企業の資本が入っている。証券会社が運営している。上場企業の傘下などが信頼できる特徴。
スポンサーリンク