ガイアファンディング

ガイアファンディングは破産申立されない?全案件案件遅延で貸し倒れは確定的。詐欺か?集団訴訟開始!

ガイアファンディングで全案件の遅延が発生。個別案件で全案件遅延するのは不正である証左であり、投資家資金の貸し倒れは確定的。maneoマーケットに非協力的であるが破産申立の可能性はない。理由はアメリカに投資家資金があり管轄法が異なるため。集団訴訟が募られており、ガイアファンディング投資家は極めて危険な状況であるといえる。
fundinno

2020年キャッシュバック行うソーシャルレンディング&クラウドファンディング業者まとめ!今月は3業者

2020年1月にキャッシュバックキャンペーンを行うソーシャルレンディング&クラウドファンディング業者は合計3社。samuraiは口座開設のみで1000円ギフト券。株式投資型クラウドファンディング業者のfundinnoは500円or松阪牛2万円分。そしてクラウドリアルティは口座開設のみで1万円プレゼントと破格。
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディング業者破産&倒産時投資家が絶対にやらなければならないこと!maneo投資家必見!

ソーシャルレンディング業者が破産時投資家が絶対にしなければならないことは債権者届け出。これをしない場合配当金がもらえない可能性あり。破産申し出後裁判所が破産を認めると破産管財人がでてくる。そのタイミングで届け出をする必要がある。maneoファミリーのクラウドリースなどは実際に破産申し出が行われ倒産するだろう。
クラウドリアルティ

クラウドリアルティ社長鬼頭氏は怪しい?詐欺や不正を行ったソーシャルレンディング業者と異なる?評判は?

クラウドリアルティ社長の鬼頭氏の過去の経歴や評判を調査。不正を行うソーシャルレンディング業者は社長の過去が怪しいため、投資をする際には社長の評判を調べるのは必須。社長の鬼頭氏は東大、ボスコン出身で不動産ビジネスに従事しており、不動産クラウドファンディングビジネスを行うのは納得。三菱UFJなどVCが出資しているも信頼材料
CREAL(クリアル)

不動産クラウドファンディングで今月投資をしたいベスト3!分散投資ができれば最高!どこが1位!

不動産クラウドファンディング業者で2020年当初に投資をしたいのはこの3社。acceliの初回ファンドは好立地に加えて、利回り8%。そして22%の劣後出資者。初回のボーナスファンドといえる。crealはキャッシュバックが期待。jointαは別格であり、30%の劣後出資者。京都の好立地。東証一部上場企業が運営と優秀。
fundinno

ユニコーンの評判は?上場を目指すクラウドファンディング投資!リスクメリット徹底解説!おすすめできる?

新規にクラウドファンディング業界に参入したユニコーン(unicorn)。事業者自身も金融業界出身で信頼できる。投資家は未上場企業の株式に投資ができ、その企業が上場した場合IPOでの大きな売却益が期待できる。ファンドによってはエンジェル税制の対象で、所得税の減税のメリットが受けられる。初回ファンドは官僚とのプロジェクト
未分類

ソーシャルレンディング事業者が倒産した場合どうなる?投資家の安全性が高いのは?maneoと異なる!

ソーシャルレンディング業者が倒産した場合、破産資産として取り扱われ、他の一般債権者と平等分配されます。その為倒産時は投資家にお金が戻ってこない可能性が非常に高い。ただし信託保全されているCREALとSAMURAIは預かり金口座の資産は帰ってくる。またFUNDSは倒産時も最終貸し付け先が返済の義務を負い安全性が高い。
Funds

みんなのクレジット事件!集団訴訟!ついに裁判開始!信頼できる業者にのみ投資すべき!<追追記>

みんなのクレジット詐欺事件では今enjinとアセットcafeの二つで訴訟が検討されている。enjinとアセットcafeともに勝機あり。ソーシャルレンディングのスキーム上非匿名契約で投資先を決めるため、どうしても不正を行う業者が出てきやすい。2020年の2月頃に判決が出る見込みで、白石氏の動向に注目すべきだろう。
CREAL(クリアル)

不動産クラウドファンディングが2020年1月の投資おすすめ!利回りは低いが安全性では軍配!

2020年1月は不動産クラウドファンディング業者から3つの大型ファンドが募集される。シーラファンディングは原宿ファンドで30%の劣後出資者。jointαは京都大型ファンドで30%の劣後出資者。CREALは上野4億5千万のファンドで10%の劣後出資者。安全性を重視するのであればソーシャルレンディングよりもおすすめ。
fundinno

FUNDINNOが再度投資家登録記念キャンペーン!松阪牛&AMAZONギフト券プレゼントキャンペーン

株式投資型クラウドファンディング業者のFUNDINNOから松阪牛2万円プレゼントキャンペーンが行われています。ベンチャー企業に投資するという特質上ハイリスクハイリターンの業者。医療ファンドではEXITに成功し、利回りが50%であった。ソーシャルレンディングと比べ高利回りが狙えるのがFUNDINNOといえる。
Advertisements