CREAL(クリアル)

不動産クラウドファンディング業者の安全性ランキング!見極め方!

不動産クラウドファンディング業者の安全性、信頼性について徹底解説。おすすめの業者としては独立系ではなく上場系。特に上場企業の傘下の業者のが倒産リスクも低く、劣後出資者になっていることを考えてもおすすめといえる。
maneo

maneo(マネオ)川崎ファンド投資家元本損失確定的!今後どうなる?!

マネオ(maneo)で20億の大量の遅延が発生。川崎ファンドの担保価値はマネオがうたっていた業者買い取り価格と大きな乖離があり、売れて2億程度の川崎麻生区の山奥の土地。競売に失敗し、4億でも売れなかったため、抵当権順位者3位以下の全損は確定。また貸付先である如月合同会社が破産することが報道でも発表された。
クラウドバンク

クラウドバンクから千億突破記念神キャンペーン!新規投資家超有利!

ソーシャルレンディング最大手の一社であるクラウドバンクから1000億突破記念の神キャンペーンが発表された。内容としては0.5%のキャッシュバック。10名に10万円プレゼント。そして新規投資家登録のみで1000円のキャッシュバックが受けられる。キャンペーンの両取りも可能。業界第二位の業者の大規模キャンペーンといえる。
クラウドリアルティ

クラウドリアルティの評判は?詐欺の可能性がある危険で怪しい業者?おすすめできる?実績と口コミは?

クラウドリアルティは不動産型クラウドファンディング業者である。超高利回りキャッシュバックキャンペーンであるが、三菱UFJなど超巨大なVCが出資していることを考えると数年後の上場も十分あり得る。担保査定も正確であり、太陽光発電ファンドも優秀。投資家からの評判も高く、今後が楽しみな業者のひとつといえるだろう。
CREAL(クリアル)

Rimple>jointα=Creal!今週投資のおすすめ順!

不動産投資クラウドファンディング業者のRimple,creal,ジョイントアルファから新ファンドが組成される。今回人気が集まると予想されるのはRimple。東証一部上場企業のプロパティーエージェントが30%の劣後出資者で都内の好立地の築浅のファンドを利回り4.2%で組成するのであれば、人気が集まるだろう。
クラウドリアルティ

クラウドリアルティの太陽光発電ファンドが利回り10%over!

クラウドリアルティの太陽光発電ファンドは年利10%overの高利回りファンドといえる。理由としては1月に1万円分の出資に使えるポイントを配布したため、このポイントをつかって投資をすると利回りが大きく跳ね上がるためだ。ただファンド自体も非常に優秀で高売電価格、連帯保証付きなど投資をしても問題ないレベルのファンドといえる。
CREAL(クリアル)

不動産クラウドファンディング比較!おすすめランキング!評判徹底解説!

不動産投資型ソーシャルレンディングとクラウドファンディングを比較、おすすめ業者をランキングで発表。違いとメリット、リスク、評判を解説。不動産投資型クラウドファンディング業者は住所が明記されており、劣後出資者として投資家の同じファンドに投資。事業者から優先し損失を被る。owners bookはLTVが低く、上場企業傘下。
グリーンインフラレンディング

グリーンインフラレンディング投資家資金流用!全件期失で今後どうなる?裁判は?

グリーンインフラレンディングの不正や問題事項を時系列。グリフラ&JCサービス社長の過去は信頼できない。マネオマーケットもJCサービスも虚偽の説明を繰り返している。お金の分別管理もできていない。返済計画にも進展がなし。法務局供託資金を勝手に取戻し、投資家資金をJCサービスへ無断貸出。返済計画は虚偽で詐欺事件といえる。
クラウドリアルティ

クラウドリアルティから太陽光発電!クラバンとどっちが優秀?

クラウドリアルティから太陽光発電ファンドが登場。売電価格も40円/KWと非常に高く、高fit権といえる。九州地方ではないため、発電制限の範囲外。連帯保証となっている会社は財務的に問題ないが、上場企業の保証ほど信頼性は高くない。客観的に判断すれば投資をするのはありな業者といえるだろう。
Rimple

Rimpleから新ファンド!相変わらず優秀なファンドを組成しています!

Rimpleからの新ファンドは3つの収益物件に出資する。ただしどの物件も都心五区の高級分譲マンション。また東証一部上場企業のプロパティーエージェントが30%の劣後出資者ということを考えると元本割れをすることは考えられない。投資するのにおすすめのファンドといえるだろう。
スポンサーリンク