fundinno

ユニコーンの評判は?上場を目指すクラウドファンディング投資!リスクメリット徹底解説!おすすめできる?

新規にクラウドファンディング業界に参入したユニコーン(unicorn)。事業者自身も金融業界出身で信頼できる。投資家は未上場企業の株式に投資ができ、その企業が上場した場合IPOでの大きな売却益が期待できる。ファンドによってはエンジェル税制の対象で、所得税の減税のメリットが受けられる。初回ファンドは官僚とのプロジェクト
未分類

ソーシャルレンディング事業者が倒産した場合どうなる?投資家の安全性が高いのは?maneoと異なる!

ソーシャルレンディング業者が倒産した場合、破産資産として取り扱われ、他の一般債権者と平等分配されます。その為倒産時は投資家にお金が戻ってこない可能性が非常に高い。ただし信託保全されているCREALとSAMURAIは預かり金口座の資産は帰ってくる。またFUNDSは倒産時も最終貸し付け先が返済の義務を負い安全性が高い。
Funds

みんなのクレジット事件!集団訴訟!ついに裁判開始!信頼できる業者にのみ投資すべき!<追追記>

みんなのクレジット詐欺事件では今enjinとアセットcafeの二つで訴訟が検討されている。enjinとアセットcafeともに勝機あり。ソーシャルレンディングのスキーム上非匿名契約で投資先を決めるため、どうしても不正を行う業者が出てきやすい。2020年の2月頃に判決が出る見込みで、白石氏の動向に注目すべきだろう。
CREAL(クリアル)

不動産クラウドファンディングが2020年1月の投資おすすめ!利回りは低いが安全性では軍配!

2020年1月は不動産クラウドファンディング業者から3つの大型ファンドが募集される。シーラファンディングは原宿ファンドで30%の劣後出資者。jointαは京都大型ファンドで30%の劣後出資者。CREALは上野4億5千万のファンドで10%の劣後出資者。安全性を重視するのであればソーシャルレンディングよりもおすすめ。
fundinno

FUNDINNOが再度投資家登録記念キャンペーン!松阪牛&AMAZONギフト券プレゼントキャンペーン

株式投資型クラウドファンディング業者のFUNDINNOから松阪牛2万円プレゼントキャンペーンが行われています。ベンチャー企業に投資するという特質上ハイリスクハイリターンの業者。医療ファンドではEXITに成功し、利回りが50%であった。ソーシャルレンディングと比べ高利回りが狙えるのがFUNDINNOといえる。
インデックスファンド

老後2000万問題!インデックスファンド投資は長期で見ればリスク低く、安全で論理的な件!若者必見!

老後資産2000万不足問題。若者が長期視点に立ち資産形成を行うのであれば、インデックスファンドに積み立てで投資を行うことが最も安全性が高い。S&P500など優秀なインデックスファンドにドルコスト平均法で投資を20代から行えば老後に約4千万。30代からでも2000万以上は十分たまる。IDECOも併用すべきだろう。
FANTAS funding

ソーシャルレンディングやばくて危ない業者と実績がある安全な業者の見分け方!<追記>

ソーシャルレンディングの危なくてやばい業者の特徴と、高利回りながら信頼できるソーシャルレンディング業者の違い。 信頼できる業者は上場企業から支援をうけ、IPO間違いなしになっている為、高利回りファンドやキャッシュバックキャンペーンが行える。一方独立系は予算がないため、異常な高利回りなどは詐欺目的といえる。
CREAL(クリアル)

maneo京都遅延案件に関する簡単な所感。誠実さのかけらもないな。という印象。

maneoから新たに京都でも遅延が発生したという報告があった。グリーンインフラレンディングの問題発生後であり、リファイナンスの厳格後に組成された案件なのにかかわらず遅延。これで14か月連続で期限の利益の喪失を起こしている。川崎、沖縄ファンドでも担保価値の査定を行っておらず、本ファンドもどれくらい返ってくるかは不明。
インデックスファンド

積み立てNISAはこの二つファンドで年40万投資!40年後に1億貯まる!?老後問題はこれで解決!

積み立てNISAの商品群にemaxis slim S&Pとひふみ投信が登場。ひふみ投信は5年で3倍。S&Pは5年で2倍になるほどの投資信託。積み立てNISAは非課税。その二つのファンドを年40万購入すれば、40年後は間違いなく1億以上になります
maneo

速報!maneo川崎遅延案件は再度競売へ!も次回は3回目!これって何を意味するのか解説!

maneoの川崎ファンドは通常で売却できなかったため、再度競売にかけられることとなった。次回で3回目であり、競売に出せるのは3回までのため、かなり低い価格で競売に物件がでてくることになる。抵当権順位一位ですら元本棄損の恐れがある。また債務者についてパルティール債権回収株式会社が調査する。錯誤無効をねらえるかが鍵。
Advertisements