fundinno

株式投資型クラウドファンディング!ギフト券プレゼント!fundinnoとユニコーンどっちがおすすめ?

株式投資型のクラウドファンディング業者でおすすめの評判が良い業者はfundinnoとユニコーン。同意点と相違点。同意点としては未上場企業の株を取得し、高値で売却をめざすし、それを投資家に還元するハイリスクハイリターン投資。相違点は最低投資金額や今までの実績。メリット、デメリット、リスク最低投資金額など徹底解説!
FANTAS funding

FANTAS fundingから年利7%でファンドが登場!久々の高利回り案件です!投資するなら?

不動産クラウドファンディング業者であるFANTASfundingより新規ファンドの募集が発表された。今回はFANTASreproもあり年利7%という高利回りファンドも含まれている。コロナウイルスの影響でアクティブユーザーが少なくなっていることが原因で、客寄せ用にファンドを組成しているということだろう。
Rimple

コロナウイルスでソーシャルレンディング投資は危険に!?やばいファンドとおすすめ投資先の違いは何?

コロナウィルスのソーシャルレンディング、不動産クラウドファンディングへの影響を解説。ホテルや民泊などのインバウンド型や中小企業支援ファンドへの影響はかなり大きく、今現在投資をするのはかなりリスクが高い。反対に不動産クラウドファンディングの賃貸系は人がいる以上借り手がつくし、エネルギー開発系は影響を受けず人気がでる。
Funds

Funds(ファンズ)の評判!危険で怪しい?メリットデメリット徹底解説!投資初心者におすすめ!

FUNDsとはソーシャルレンディング業者のサービスの一つ。特徴としては上場企業にのみ貸付をおこない、貸付先リスクをとことん低減している。また各種VCから出資されており、豊富な資金を元手に各種キャンペーンを行っている。利回りは低めだが、倒産時の投資家リスクはソーシャルレンディングで一番低い。1月16日のWBSで放送。
コロナウイルス

コロナウイルス中小企業&個人事業主支援、資金繰りサポート情報まとめ。国、銀行の資金援助&融資情報

コロナウイルスの影響で資金繰りが苦しくなった中小企業&個人事業主向け支援情報まとめ一覧。国からの資金繰り支援や銀行その他からの融資情報とその具体的内容。日本政策公庫、事業持続給付金、雇用助成金などすべての支援策を徹底解説。ソーシャルレンディングやファクタリングを用いた融資など金融支援策をすべて網羅した情報まとめ。
クラウドリース

個別案件が全件遅延した時点でクラウドリースの悪意は明白で分析無意味。破産決定でどれくらい返ってくる?

クラウドリースに破産申し立てがなされている。通常のケースの場合、破産時投資家に帰ってくるお金は5~10%程度。ただしクラウドリースの場合、通常の経営がうまくいかなかった結果破産するというのと異なり、個別案件にもかかわらず全件遅延し、第三者から破産申し立てをうけるという異常な状況。投資家は状況を見極める必要がある。
maneo

maneoファミリー遅延業者トラブルまとめ。外部調査報告で問題が不正&問題が明らか!危険な業者は?

マネオ&マネオファミリーで遅延している業者のまとめ。maneoファミリーの中でも投資家資金の回収が絶望的なのは、ガイアファンディングとクラウドリース。CFFも回収は厳しく、maneo本体でも川崎ファンドや沖縄ファンドはほとんど回収できないだろう。原因はmaneoがファミリー&貸し付け先について調査しなかったこと。
fundinno

fundinnoからヘルスケアファンド登場!漢方ベンチャー「ハーバルアイ」は期待大!

fundinnoから漢方ベンチャーファンドが登場した。本ファンドは勝算が高い。まずハーバルアイの売り上げ&登録者数は右肩上がり。DNA検査キッドを用いて、ユーザーがかかりやすい疾患を見つけ病気になる前に漢方食を処方することで病気の疾患を防ぐ。海外展開も行われており、エンドユーザーへの利便性も高く、イグジット成功可能性大
クラウドバンク

クラウドバンク!コロナウイルス支援ファンド登場!特徴と投資家のメリットは?ニセコ不動産ファンド登場!

クラウドバンクからコロナウイルス支援ファンドが登場することが発表された。クラウドバンクが20%の劣後出資者。利回り3~4%など支援目的のファンドといえる。またニセコスキー場不動産担保ファンドが登場。ニセコは今世界的なホテルの建設ラッシュ。利回りも高く、コロナ終息後再度人気の旅行先になるため、おすすめの投資先。
グリーンインフラレンディング

グリーンインフラレンディング投資家資金流用事件!コロナの影響あり!?全件期失でく貸し倒れ?裁判は?

グリーンインフラレンディングの不正や問題事項を時系列。グリフラ&JCサービス社長の過去は信頼できない。マネオマーケットもJCサービスも虚偽の説明を繰り返している。お金の分別管理もできていない。返済計画にも進展がなし。法務局供託資金を勝手に取戻し、投資家資金をJCサービスへ無断貸出。返済計画は虚偽で詐欺事件といえる。
スポンサーリンク