クラウドリアルティ

クラウドリアルティの大阪民泊ファンドはコロナウィルスの影響が心配。優良ファンドであることは間違いなし

クラウドリアルティの新ファンド。大阪民泊ファンドはスキームとしては投資家の保全が図られており、非常に優秀。出口(売却)ができなかった場合、起案者に売却することで投資家資金を返済するため、投資家の安全性は非常に高い。ただしインバウンド事業のメインとなっているのは中国人。コロナウィルスの影響も考慮にいれなければならない。
クラウドリアルティ

クラウドリアルティの評判は?詐欺の可能性がある危険で怪しい業者?おすすめできる?実績と口コミは?

クラウドリアルティは今現在投資家登録を行うだけで1万円分のポイントプレゼントキャンペーンを始めた。クラウドファンディング業者である。超高利回りキャッシュバックキャンペーンであるが、三菱UFJなど超巨大なVCが出資していることを考えると数年後の上場のためにばらまきキャンペーンを行っているといえる。おすすめの業者である。
クラウドクレジット

クラウドクレジットPAYPAYとコラボキャンペーン!ユーラシア金融支援ファンド利回り24.9%達成!

クラウドクレジットのユーラシア金融支援ファンドで利回り24.9%を達成した。達成できた要因としては表面利回りがもともと高かったこと。ルーブル高円安が進行したことが要因といえる。ただ無事償還を達成したクラウドクレジットは見事。今PAYPAYとキャッシュバックキャンペーンを行っており、組み合わせ次第で利回り15%以上も可能
Funds

速報!maneoがクラウドリースへ反論!8000万架空債権で横領したのを否定!主張は真っ向から対立!

maneoがクラウドリース武谷社長がブログで発表したようにmaneoマーケットが架空の債権をでっち上げ、8000万を不当に搾取していたというのが事実であれば私文書偽造であり、刑事事件化することもあり得る。ただクラウドリース自身もすべての案件を遅延させており信頼できるない。maneoマーケットはこの主張を真っ向から否定
Funds

maneo(マネオ)&マネオファミリーが倒産した場合投資家貸倒れ?架空債権が事実なら問題も疑問も!

ソーシャルレンディング最大手ながら不祥事が次々と発覚しているmaneo(マネオ)が倒産した場合、投資家資金はディポジット、運用中のファンド問わず、破産法の下、破産管財人が管理する。そして一般債権者となり、他の債権者とお金を分け合うため殆ど返済されず貸し倒れになる。私文書偽造疑惑が事実であれば倒産の可能性は十分ありうる
maneo

キャッシュフローファイナンスの大遅延!今後どうなる?全件キャンセル!担保無断売却!

キャッシュフローファイナンスの遅延ファンドの担保に価値はありません。投資家の元本の棄損は間違いなく避けられない。株式は無価値。カーボン化する装置の価値は不明。リースバック契約であるため返済義務のないファンド。そもそもキャッシュフローファイナンスは大赤字経営であるため、信頼できません。担保の無断売却も発覚しました。
クラウドリース

クラウドリースが破産時の配当金はどの程度になるのか?一般論的状況との違いも解説!

クラウドリースに破産申し立てがなされている。通常のケースの場合、破産時投資家に帰ってくるお金は5~10%程度。ただしクラウドリースの場合、通常の経営がうまくいかなかった結果破産するというのと異なり、個別案件にもかかわらず全件遅延し、第三者から破産申し立てをうけるという異常な状況。投資家は状況を見極める必要がある。
CAMPFIRE Owners

CAMPFIRE Ownersの新ファンドはチキン屋!宣伝目的とみれば優秀なファンドなのでは?

CAMPFIREOwnersとファミリマートがコラボし、5000円分のキャッシュバックキャンペーンが発表された。最大利回り26.5%の破格のファンドといえる。新ファンドの借り手のチキン屋は経営状態もよく、宣伝目的でお金をかりており、またファミマも宣伝のためキャッシュバックキャンペーンを行う。投資家にとって非常に有利
クラウドリース

クラウドリース破産申し立てに投資家は参加すべきか?メリット、デメリットは。参加しないとどうなる?

クラウドリースへの投資家破産申し立ては参加した方がよい。裁判所が破産決定にあたり、基準となるのは法的根拠だが、多くの投資家から申し立てがあればそれが後押しとなる。ただ参加しなくとも破産時の分配金には、参加した人と同一。(破産時の債権者は平等。)集団訴訟も検討されているが回収は難しく、着手金&成功報酬で44%の非常に割高
クラウドリアルティ

クラウドリアルティに倒産時はどうなる?気になる質問をぶつけてみた!ソーシャルレンディングと異なる!

クラウドリアルティは資産の分別管理を行っているが、倒産時は倒産隔離をおこなっているわけではないため、少なからず投資家資金に影響をうける。エクイティ型に近いがソーシャルレンディングではなく、不動産クラウドファンディングに近く、貸付金利の上限を受けない。VCが出資していることからも不正は考えられず、おすすめの業者。
Advertisements