maneo

maneo(マネオ)の担保で投資家が大損する理由!川崎、沖縄で担保査定せず!元本割れは決定的!

maneoの川崎&沖縄ファンドはmaneoの担保査定と実際の担保価値が大きく異なっており、投資家の元本割れは免れない。川崎ファンドは市街化調整区域、沖縄ファンドは周辺木々の伐採すらできない劣悪な環境。原因はすべて積算価格の路線価をmaneo自身が調査をしておらず、公示地価をもちいてしまったこと。重過失と言わざるを得ない
samurai

SAMURAI fund日本保証ファンドは超おすすめ!安全性はソーシャルレンディング屈指のファンド!

samurai証券から日本保証の保証付きファンドが募集。samrurai自身は証券会社が運営。上場企業の傘下。信託保全有り。サービサーへの売却も投資家の過半数以上の賛成が必要。貸し倒れがないという実績もあわせ、お勧めのソーシャルレンディング業者。さくらソーシャルレンディングと提携しファンドを募集。更に日本保証付き!
クラウドクレジット

クラウドクレジットからファンドパッケージが登場!どういった方向けなのか解説!

クラウドクレジットからファンドパッケージが登場した。パッケージファンドのメリットとしてはクラウドクレジット杉山社長が主張されていた通り全てのファンドに全張りが一つのファンドの購入で達成できること。これによりリスク低減を行いつつ、クラウドクレジットの平均利回りが達成できるという投資初心者向けのファンドが出てきたといえる。
maneo

maneoファミリー遅延業者トラブルまとめ。投資家資金が回収できそうなのは?原因は何?危険な業者!

マネオ&マネオファミリーで遅延している業者のまとめ。maneoファミリーの中でも投資家資金の回収が絶望的なのは、ガイアファンディングとクラウドリース。CFFも回収は厳しく、maneo本体でも川崎ファンドや沖縄ファンドはほとんど回収できないだろう。原因はmaneoがファミリー&貸し付け先について調査しなかったこと。
クラウドリアルティ

クラウドリアルティは危険で怪しい不動産クラウドファンディングorソーシャルレンディング業者?徹底調査

クラウドリアルティはソーシャルレンディングでも不動産クラウドファンディング業者でもなく、融資型クラウドファンディング業者に分類される。メリットとしてはキャピタルゲインが得られ、投資家に還元できる。ファンドによっては投資先を明示できる。(ソーシャルレンディングでは不可の場合あり。)。不動産の証券化を行いコストが抑えられる
CREAL(クリアル)

不動産クラウドファンディング投資申込の結果は!?今後不動産クラウドファンディングはどこに投資する?

不動産投資型クラウドファンディング業者投資申し込み結果解説。サーバーの強さ次第で投資ができるか決まる。2020年2月以降不動産クラウドファンディング業者で投資がおすすめは先着方式をとるsylafundingとjointα。クラウドリアルティは1万円プレゼントキャンペーンを行っているため登録すべきだろう。
Funds

Funds(ファンズ)の評判!危険で怪しい?メリットデメリット徹底解説!投資初心者におすすめ!

FUNDsとはソーシャルレンディング業者のサービスの一つ。特徴としては上場企業にのみ貸付をおこない、貸付先リスクをとことん低減している。また各種VCから出資されており、豊富な資金を元手に各種キャンペーンを行っている。利回りは低めだが、倒産時の投資家リスクはソーシャルレンディングで一番低い。1月16日のWBSで放送。
FANTAS funding

FANDs,クラクレ,クラウドリアリティは何故大規模キャンペーンが可能!?VC!大企業の支援とは!

FUNDsとクラウドリアルティの上場はVCや株主を考えると間違いない。またクラウドクレジットも同様の理由でVCからお金を引っ張ってきている。上場というのは赤字でも可能。だからこそ上場にむけて顧客を獲得したい、3社は投資家にとって有利なキャンペーンを多く展開。投資家としてはVCキャンペーンに乗っておくのが正解といえる。
グリーンインフラレンディング

グリーンインフラレンディング投資家資金流用事件まとめ!今まで虚偽と今後!全件期失で貸し倒れか?

グリーンインフラレンディングの不正や問題事項を時系列。グリフラ&JCサービス社長の過去は信頼できません。またマネオマーケットもJCサービスも虚偽の説明を繰り返しており、お金の分別管理も一切できていません。返済計画にも進展がなし。更に法務局供託資金を勝手に取戻し、投資家資金をJCサービスへ無断貸出。不正問題は重大。
グリーンインフラレンディング

グリーンインフラレンディング裁判に先立ちJCサービス中久保氏の主張掲載!maneo問題!超速報

グリーンインフラレンディングの裁判の開始に先立ちJCサービス中久保氏の主張が発表された。中久保氏はどちらも社長も務める。要点としては証券取引監視委員会やNHKの報道は虚偽であり、ファンドは存在しており、資金の不適切流用なないと主張。ただ証券取引監視委員会が虚偽という可能性は非常に考えずらく、裁判対策の主張と思われる。
Advertisements