控えめに言ってもCOZUCHIは神だと思う。利回り14パーセント越え理由!メリットが大きすぎ!

cozuchi

はいどうもエニートです。

今回はCOZUCHIのファンドがなぜ利回りが14.5パーセントを超えたのか?ということについて簡単に話していきたいと思います。

まずはファンドの詳細から見ていきましょう。

COZUCHI公式サイト

COZUCHIの下赤塚ファンドが年利14.5%を超えた理由。まずは当該ファンドの確認

まずは圧倒的な利回りを達成した当該ファンドについて深堀していきたいと思います。

 

ファンド情報
ファンド名下赤塚 一棟マンション
利回り6.0%(インカム3.5%+キャピタル2.5%)
運用期間3年間
募集金額2億5,000万円
募集方式先着
募集開始2021年11月1日(月) 19:00
劣後出資比率7.4%
備考①キャピタルゲインの25%を上限なしで配当
備考②6ヶ月ごとに手数料無料の換金期間あり
投資物件情報
物件名下赤塚 一棟マンション
所在地板橋区赤塚2丁目
アクセス東武東上線 「下赤塚」駅 徒歩5分
東京メトロ有楽町線 「地下鉄赤塚」駅 徒歩6分
物件種別店舗・共同住宅
竣工日2008年9月6日
構造鉄骨造陸屋根3階建
延床面積403.29㎡
土地面積464.54㎡

下赤塚 一棟マンションの所在地

実績利回り14.5%になった理由【#04下赤塚編】|トニー@COZUCHI
当初の想定利回り年利6%から大きく跳ね上がり、年利14.5%の配当にて終了した下赤塚ファンド。 例えば、100万円投資した方は、約8ヶ月間で税引前9万円を超える配当を受け取ることができました。 この高い利回りで配当できた理由は、想定を超え、高値で早期に売却ができたからです。 その理由を運用開始から売却までのストーリ...

むろん立地条件がかなりいいファンドのため、投資適格を満たしていたと思いますが、当初の想定利回りは6%!

そこからなぜ利回りが14.5%になったのか?というのが多くの投資家が気になるところでしょう。

①マスターリース契約が解除したから

マスターリース契約って何なの?という話なのですが、マスターリース契約とは要は

手数料を支払うことで、空室のリスクを負うことなく安定した収入を得ることができる契約

 

たとえば物件を借りてもらえることができるかどうか不安だった場合。

安定した賃料がほしいですね。

その場合マスターリース契約を締結します

マスターリース契約のデメリットは?

それは損することです。

当たり前のことですが、マスターリース契約は手数料を支払っているので、その分利益が圧迫されます。

ですのでマスターリース契約の必要がない好立地のファンドであれば、あえてマスターリース契約を締結する必要はないといえますね。

②好立地ファンドだったから

徒歩約5分の位置に、下赤塚駅と地下鉄赤塚駅の2駅があり、東武東上線、副都心線、有楽町線の3路線を利用することができます。
そのため、今回の物件は交通利便性が良いエリアにありました。

これが理由でしょうね。

これだけ好立地のファンドであれば住みたい。または店舗として利用したい。と考えるお客さんは多いでしょう。

大和ハウス工業が施工したグレードが高い建物だった点も評価すべきポイントでしょう。

③売却に柔軟に対応したから

空室部分を定期借家の条件でリーシングするなどの付加価値を加えたうえで売却

その結果収益物件としての売却成功。

完璧ですね。より詳細が気になる方は下記ノートをご参照ください。

実績利回り14.5%になった理由【#04下赤塚編】|トニー@COZUCHI
当初の想定利回り年利6%から大きく跳ね上がり、年利14.5%の配当にて終了した下赤塚ファンド。 例えば、100万円投資した方は、約8ヶ月間で税引前9万円を超える配当を受け取ることができました。 この高い利回りで配当できた理由は、想定を超え、高値で早期に売却ができたからです。 その理由を運用開始から売却までのストーリ...

またCOZUCHIの信頼性自体が気になる方は

COZUCHIしか勝たん。六本木ファンドに切ない片思い!複雑な六本木ファンドを簡単に解説!

上記記事をご参照ください。

下記が公式サイトとなり無料で口座開設可能です。

また今キャンペーン中のため口座開設でアマゾンギフト券が無料でもらえます。

COZUCHI公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント