tanabe54

クラウドクレジット

クラウドクレジットの評判は?元本割れがある危険な業者?投資家からの評価!2年間の投資実績付き!

クラウドクレジットでお勧めできるファンドとお勧めできない危険なファンドの違い。クラウドクレジットはソーシャルレンディング業者のなかでも屈指の高利回り。その分ファンドによっては高リスク。各種VCが出資しており、信頼性は高い。一方でリスクが高い発展途上国ファンドリスクが高い。またお得なキャッシュバックキャンペーンも解説。
maneo

maneo(マネオ)川崎ファンド競売失敗!元本割れ!20億遅延今後どうなる?貸金返還請求訴訟開始!

マネオ(maneo)で20億の大量の遅延が発生。川崎ファンドの担保価値はマネオがうたっていた業者買い取り価格と大きな乖離があり、売れて2億程度の川崎麻生区の山奥の土地。競売に失敗し、4億でも売れなかったため、抵当権順位者3位以下の全損は確定。ただしA社に対する貸金返還請求訴訟の裁判に勝訴すれば投資家資金を取り返せる。
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディングキャンペーン評判徹底解説!!一番お得なキャッシュバック業者はどこ!?最新版!

ソーシャルレンディング業者で投資家キャッシュバックキャンペーンが開催。キャッシュバックを行うのは4社。SAMURAI証券とfundinnoが口座開設のみで千円キャッシュバック。新規投資家にはクラウドクレジットが最大3%のキャッシュバック。クラウドバンクは新規口座開設&セミナー来訪で2000円。新規投資で6000円。
お勧めファンド、お勧めしないファンドシリーズ

クラウドバンクの評判は?2年以上の運用実績!おすすめできる?元本割れがある怪しい業者なのか徹底解説!

クラウドバンクの太陽光発電ファンドで売電価格が32円以上あればお宝ファンド。風力発電よりも売電価格が高い。中小企業支援ファンドは保証が不明確。であればクラウドバンクの太陽光発電ファンドを中心に投資を勧めていくのがクラウドバンクの投資法。クラウドバンクは追加配当もあり。評判、メリットデメリットおすすめファンド徹底解説
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディングおすすめランキング!人気業者比較!投資実績付き!利回り特徴徹底解説!

ソーシャルレンディングおすすめ比較ランキング。リスクとメリット。業者毎におけるお勧めの投資方法。プロとソーシャルレンディング業者を徹底比較し、その信頼度毎にお勧めランキング客観的な評価基準で選定。利回り、元本回収率、投資難易度、運用手数料、ファンド毎のリスクなど各事業者について徹底解説し、不正をおこす業者は除外。
ジョイントアルファ

ジョイントアルファ!(jointα)の評判は?元本割れの危険は?評価はどう?キャンペーン解説!

ジョイントアルファ(jointα)はおすすめの不動産クラウドファンディング業者。不正をおこすソーシャルレンディング業者と異なり、上場企業が運営&社長が信頼できる。30%の劣後出資者となっており、リーマンショック級の不況がきても投資家の元本損失リスクはほぼ皆無。利回り悪くない。投資家からの評判も高く、口コミも上々だ。
maneo

maneo川崎ファンドは貸金返還請求訴訟でパルティール側が勝訴すれば投資家資金をとりもどせる!?

maneo川崎ファンドは市街化調整区域であり、麻生区の山奥。買い手がつくはずがない山奥であり、競売や任意での売却は絶望的なファンドといえる。このままでは元本割れは間違いないがパルティール債権回収株式会社より貸金返還請求訴訟が提訴。裁判所に法律違反orまたは錯誤無効の主張が認められれば投資家資金を取り戻せる。
クラウドリース

クラウドリース破産決定的!詐欺か!?集団訴訟!元本割れ&貸し倒れ決定的!全件遅延は異常で危ない!

クラウドリースで全ての案件で遅延。個別案件にもかかわらず全案件が遅延することは通常全く考えられず、詐欺行為であった可能性が非常に高い。また発覚から1年後も回収は進んでいない。集団訴訟もあり。破産申し立てがmaneoマーケットから行われており、投資家の参加も求められている。元本割れ&貸し倒れの可能性が非常に高く危険。
Rimple

Rimple(リンプル)の評判と口コミ!危険?おすすめできるか徹底調査!初回ファンドは投資家有利!

Rimple(リンプル)は新たに参入してきた不動産投資クラウドファンディング業者である。運営会社が東証1部であり信頼性は抜群。また30%の劣後出資者であり、投資家の安全性が図られている。また利回りも5%台であれば破格の利回りといえる。宣伝用にファンドをそせいしており、リスクも低いためかなりおすすめな業者といえる。
クラウドリース

クラウドリース!マネオが申し立てた債権者破産の却下の抗告は棄却!破産時の回収債権は10%以下か?

クラウドリースの破産申し立てへの控訴は棄却された。これによりクラウドリースの破産が決定的となった。通常破産時の返済は10%以下で、返済なしもざら。問題発覚以降すでに1年以上かかっておりお金を流れが不透明。また身内貸しも発覚し、武谷氏が取締役をつとめる会社にもお金が流れている。貸付先倒産もあり回収は困難を極める。
Advertisements