tanabe54

クラウドリアルティ

クラウドリアルティの大阪民泊ファンドはコロナウィルスの影響で募集停止!優良ファンドであった分残念

クラウドリアルティの新ファンド。大阪民泊ファンドはスキームとしては投資家の保全が図られており、非常に優秀。出口(売却)ができなかった場合、起案者に売却することで投資家資金を返済するため、投資家の安全性は非常に高い。しかしながらコロナウイルスの影響で募集が停止されてしまった。非常に残念な結果と言えるだろう。
Rimple

コロナウイルスのソーシャルレンディングへの影響は?不動産クラウドファンディングに投資が現状おすすめ

コロナウィルスのソーシャルレンディング、不動産クラウドファンディングへの影響を解説。ホテルや民泊などのインバウンド型や中小企業支援ファンドへの影響はかなり大きく、今現在投資をするのはかなりリスクが高い。反対に不動産クラウドファンディングの賃貸系は人がいる以上借り手がつくし、エネルギー開発系は影響を受けず人気がでる。
未分類

クラウドリース武谷社長が自己破産申し立て!狙いは何?rimpleの初回ファンドは大人気!

ソーシャルレンディング業者で一斉遅延を引き起こしているmaneoファミリーの1社クラウドリースの武谷社長が自己破産の申し立てを行っている。狙いとしては自己破産による免責だろう。ただし悪意に基づいた不法行為においては免責されないと規定されている。裁判所の判断にゆだねられる。投資家は今後も注視する必要があるだろう。
Rimple

ソーシャルレンディング業者への今週の投資は?コロナウイルスの影響を考えて投資をすべき!

ソーシャルレンディング業者で投資をすべき業者はコロナウイルスの影響を考えるべき。中小企業支援や民泊は高リスク。発電ファンドや不動産ファンドに投資を切り替えていくべきだろう。ただリーマンショックと異なり市場には金がある。原因が金融事業の失敗ではなく、一時のウイルスであるため、終息次第他のファンドに投資をすべきだろう。
FANTAS funding

ソーシャルレンディングやばい&危ない業者と実績がある安全な業者の見分け方!危険で大損業者は避けろ!

ソーシャルレンディングの危なくてやばい業者の特徴と、高利回りながら信頼できるソーシャルレンディング業者の違い。 信頼できる業者は上場企業から支援をうけ、IPO間違いなしになっている為、高利回りファンドやキャッシュバックキャンペーンが行える。一方独立系は予算がないため、異常な高利回りなどは詐欺目的といえる。
ソーシャルレンディング

トラストレンディング事件!集団訴訟!投資家はどうすべき!全件遅延債権譲渡今後どうなる?貸し倒れでは?

トラストレンディングの金融免許が取消。今後は新規登録は募集せず、投資家への返済にのみにつとめる。ただ15億8千万という金額は既に取締役の口座に流れており、回収は非常に困難を極める。そしてトラストレンディング自身が詐欺に荷担している可能性大。集団訴訟も事業者自身もお金がないため、回収は極めて困難。監視する必要が大。
Funds

fundsの貸付先のKudanの株価が10分の1に!コロナウイルスで株価は全体的に軟調です。

fundsの貸付先であるkudan社の株価が10分の1になった。コロナウイルスの影響があるとはいえ株価10分の一になってしまえば、元本割れを心配する投資家も多く出てきている。ただし決算状況も良好であり、株価低迷は一時的なものである。とはいえ安全性を重視するのであれば東証一部上場企業ファンドに投資をすべきだろう。
fundinno

ユニコーンの評判は?キャッシュバックキャンペーン!株式投資型クラウドファンディング!リスクメリット!

新規にクラウドファンディング業界に参入したユニコーン(unicorn)。事業者自身も金融業界出身で信頼できる。投資家は未上場企業の株式に投資ができ、その企業が上場した場合IPOでの大きな売却益が期待できる。ファンドによりエンジェル税制の対象で、所得税の減税のメリット。投資家登録キャンペーンで千円分のギフト券がもらえる
ソーシャルレンディング

ユニコーンから第三弾案件の発表!今回は口座開設で1000円分のamazonギフト券プレゼント付き!

株式投資型クラウドファンディング業者であるユニコーンから第三ファンドについて発表があった。今回は医療系ファンドであり、介護施設の介護者の行動のデータを集約化し、異常があれば検知をするという仕組みをつくるベンチャー企業支援ファンド。市場も拡大傾向で、すでに導入がきまっており、今回のファンドも優秀。プレゼントもあり。
CREAL(クリアル)

maneo京都遅延案件はどうなる?コロナウィルスの影響もあり危険!本当に担保価値がある!?<追記>

maneoから新たに京都でも遅延が発生したという報告があった。グリーンインフラレンディングの問題発生後であり、リファイナンスの厳格後に組成された案件なのにかかわらず遅延。これで14か月連続で期限の利益の喪失を起こしている。川崎、沖縄ファンドでも担保価値の査定を行っておらず、本ファンドもどれくらい返ってくるかは不明。
Advertisements