速報!グリーンインフラレンディングへの破産申し立てをmaneoマーケットが募集!最悪ですね。

グリーンインフラレンディング

はいどうもソーシャルレンディングの通知簿を運営するエニートです。

今回は速報!グリーンインフラレンディングへの破産申し立ての募集がmaneoマーケット株式会社から募集されることが発表されました。

細かい解説は明日行うとしてまず一言。

この期に及んで隠蔽しながら破産宣告進めるべきではない。せめて堂々と行うべき。

グリーンインフラレンディングに対する債権者破産の申立ての募集が行わるとのこと。

弁護士を立てて、債権者からの破産申し立てを行うとのこと。

そうこのパターンはクラウドリースと同じですね。

(そういえばこのクラウドリースに対する破産申し立てについてやたらと強気な主張をされている不正アフィリエイトブロガーもいましたね。笑)

破産申し立てのメリットデメリットについては以前書いた記事のクラウドリース破産申し立てに投資家は参加すべきか?メリット、デメリットは。参加しないとどうなる?

上記記事をご参照ください。

数か月に35億の償還(笑)を行う予定が本当であればグリーンインフラレンディングへの破産申し立てはやめておくべき

もはやだれも信じていないとは思いますが、

1.案件の契約状況について
本年 10 月 16 日付けでお知らせしましたとおり、下記①~⑥の契約は現時点におきましても
全て維持されております。下記2(2)に記載するとおり、一部の契約については契約相手等
との調整を要する事項等もございますが、下記契約に基づく入金を確保することにより、募
集額の85%程度について今後の返済の目途が立つ状況に変更はございません。
① 「太陽光発電所 2 案件(募集額合計約 7.7 億円)は契約が完了しています。」、
② 「バイオマス発電所1案件(募集額約 7.5 億円)は契約が完了しています。」、
③ 「太陽光発電所3案件(募集額合計約 15.6 億円)及びバイオマス発電所1案件(募集
額約 10.0 億円)は契約が完了しています。」、
④ 「海外水力発電所 1 案件(募集額約 2.5 億円)は契約が完了しています。」、
⑤ 「バイオマス発電所1案件(募集額合計約 17.5 億円)は契約が完了しています。」、
⑥ 「バイオマス発電所 2 案件(募集額合計約 21.0 億円)は契約が完了しています。さら
に、この度、新たにバイオマス発電所2案件(募集額合計約 6.0 億円)につきまして契約
締結が完了しましたので、かかる契約に基づく入金を確保することによって、既に返済
済みのものを含め、GIL社による募集総額(一昨年 7 月末時点の残高)の85%程度に
ついては、今後の返済の目途が立つこととなります。」
上記以外の案件につきましても、可能な限り早期の契約締結を目指しており、契約締結が完
了した際には、投資家の皆さまへできるだけ速やかにお伝えしてまいります。
2.ファンド資金の返済に向けた状況について
本年 10 月 16 日付けでファンド資金の返済に向けた状況をお知らせしていた下記(1)から(4)
の案件につきましては、引き続き、契約の相手方等への確認を通じて状況把握に努めてきた
ところ、各案件の契約上の入金条件確保に向けた進捗につきまして、現段階で把握している
状況等は以下のとおりですので、お知らせします。
また、上記 1.③の太陽光発電所 1 案件の契約上の入金条件確保に向けた進捗につきまして、
現段階で把握している状況等は下記(5)のとおりですので、あわせてお知らせします。
(1) 上記1.⑤及び⑥のバイオマス発電所 3 案件につきましては、現段階では、前回のご
報告のとおり、GIL社への元本返済は来年 2 月頃となる見込みとなっている状況に変
更はありません。

JCサービスより

 

上記発表がなされており、それが遅れるため今年の4月の償還になったとのこと。

まあだれが信じているのか?という話ですが、破産申し立てを行えばこの償還もなくなります。

今回は速報ですのでここまでにします。(明日改めて本件についてより詳しい解説を行いたいと思います。)

SBIソーシャルレンディングといいソーシャルレンディング業界は騒がしいですね。

何度もお伝えしているように投資をするのであればソーシャルレンディングではなく、不動産クラウドファンディングにしておくべき。

もうこれ以上ソーシャルレンディングで被害にあわれる方を見たくありません。(不正アフィリエイトとかで稼いでいる人など悪魔みたいな人がこの業界にはたくさんいます。)

優良不動産クラウドファンディング業者下記にをまとめてあります。投資をするのであれば、このような高信頼度業者にのみ投資をして安定して資産を増やしてください。(おすすめは一部上場企業が運営する不動産クラウドファンディング業者です!)

 

不動産クラウドファンディング評判!おすすめ業者比較ランキング!メリットデメリットリスク徹底解説!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント