maneo

maneo

ソーシャルレンディングはオワコンなのか?何かしら裏付けがある業者以外投資が集まらない時代にシフト!

ソーシャルレンディングはオワコンなのか?ということについて解説。何が何でも高利回りの業者に投資家の人気が集まる時代が終了し、取捨選択が始まった。投資家も優良業者にのみ人気が集まる時代に変化し、年利3%でも投資家人気が集まる時代となったといえる。
maneo

キャッシュフローファイナンスで債権譲渡!99%以上元本割れ!他案件も大遅延!今後は?詐欺や不正は?

キャッシュフローファイナンスの遅延ファンドの担保に価値はありません。投資家の元本の棄損は間違いなく避けられない。株式は無価値。カーボン化する装置の価値は不明。リースバック契約であるため返済義務のないファンド。そもそもキャッシュフローファイナンスは大赤字経営であるため、信頼できません。担保の無断売却も発覚しました。
maneo

maneoの沖縄石垣ファンド再度競売&元本割れ決定!貸し倒れ?担保査定がひどすぎる詐欺では?

maneoの沖縄石垣ファンドは競売に。が競売金額は大幅に貸付金額を下回る。競売物件は森林計画の対象であり周辺木々を許可なく切れず、下水道すら完備されていない。担保を調査せず、公示価格に基づく積算価格で評価したのが原因。更に遺跡対象で開発に常に許可が必要。無論担保価値を正確に評価するのは義務で、怠った責任は大きい。
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディング2021年最新おすすめ人気業者比較ランキング!評判口コミ徹底調査!<追記>

ソーシャルレンディングおすすめ比較ランキング。リスクとメリット。業者毎におけるお勧めの投資方法。プロとソーシャルレンディング業者を徹底比較し、その信頼度毎にお勧めランキング客観的な評価基準で選定。利回り、元本回収率、投資難易度、運用手数料、ファンド毎のリスクなど各事業者について徹底解説し、不正をおこす業者は除外。
maneo

maneoファミリー遅延まとめ。債権譲渡で元本大幅毀損確定!詐欺ファンドはなぜ組成された?

マネオ&マネオファミリーで遅延している業者のまとめ。maneoファミリーの中でも投資家資金の回収が絶望的なのは、ガイアファンディングとクラウドリース。CFFも回収は厳しく、maneo本体でも川崎ファンドや沖縄ファンドはほとんど回収できないだろう。原因はmaneoがファミリー&貸し付け先について調査しなかったこと。
maneo

ソーシャルレンディングはmaneoを筆頭に正直オワコン!不正や詐欺が多すぎ問題!

ソーシャルレンディングは正直オワコン。業界の大手のクラウドクレジットもデフォルトを連発。かつての業界最大手のmaneoもどうしようもない状況に追い込まれており、詐欺ファンドが非常に多い。今後は不動産クラウドファンディング業者に投資家は流れていくだろう。
maneo

マネオファミリーはmaneo(マネオ)が債権を飛ばすために作られたのでは?グリフラ=maneo

maneoの急成長の裏に隠されていたのはリファイナンスとファンド(債権)飛ばし。マネオが自社で募集したファンドがうまくいかないことが解ると、他のマネオファミリーへ債権を飛ばしてました。グリーンインフラレンディングなどへ本体のファンドを飛ばし、デフォルトをおこしていないように見せかける。その事実が明るみに出ています。
maneo

maneoは貸し倒れラッシュになるでしょうね。パルティールが結構動いていますし。

maneoは2020年から2021年にかけて貸し倒れラッシュになるだろう。
maneo

maneo!不動産担保査定価値水増しファンド一覧!川崎&沖縄は絶望的で元本割れ必死!

maneoの不動産担保査定は水増しだらけだった理由とソーシャルレンディングはなぜ信頼できない投資法だったのか?ということについて徹底解説。今現在maneoが遅延を起こしているファンドの一覧と状況を解説。maneoの不正は明白であり、投資家の元本割れは残念ながら必須の状況となってしまった。
Funds

maneo(マネオ)&マネオファミリーが倒産時投資家貸倒れ?不正は明白!債権譲渡もついに開始!

ソーシャルレンディング最大手ながら不祥事が次々と発覚しているmaneo(マネオ)が倒産した場合、投資家資金はディポジット、運用中のファンド問わず、破産法の下、破産管財人が管理する。そして一般債権者となり、他の債権者とお金を分け合うため殆ど返済されず貸し倒れになる。私文書偽造疑惑が事実であれば倒産の可能性は十分ありうる
スポンサーリンク