ソーシャルレンディングはオワコンなのか?何かしら裏付けがある業者以外投資が集まらない時代にシフト!

maneo

 

はいどうもソーシャルレンディングの通知簿を運営するエニートです。

利回りのみで投資をする投資家はいなくなったor退場しましたね。

みんなのクレジット、ラッキーバンク、maneoファミリー、トラストレンディングなど投資家が大損、また今後大損するであろう業者がいたソーシャルレンディング業界。

かつてはこれらの業者に利回りだけをみて投資をしている方がおおかったですが、今は何ら保証もないソーシャルレンディング業者に投資をする方はいなくなりました。

トラストレンディングについてもなぜかまだ詐欺師に騙された!と主張する方もいますが、多くの投資家は共謀があったのでは?と冷静な指摘を行っています。

(もしよろしければ投資被害者で取り返された方を紹介しますよ。取材し、いかに自分が多くのトラストレンディング投資家にとって迷惑であったかを自覚し、謝罪していただければと思います。)

ソーシャルレンディングはその性質上一度でも全損してしまえばお金を取り返すのは至難の業。

であれば投資先は厳選してきめるべき。

ソーシャルレンディングをおすすめしまくる方のパターンは二つ。

  1. 本当にソーシャルレンディングが優れているサービスだと思っているから。
  2. 口座開設さえさせてしまい、投資家が大損しても素知らぬ顔をすればいいと思っているから。

2のケースについて詳しく知りたい方は不正詐欺業者で金を稼いだブロガー特徴!100件の口座開設で100万円!?金のため!詐欺業者を大絶賛!

上記記事をご参照ください。

2のケースであれば何が何でも大絶賛します。だって口座開設させれば儲かるんだもん。

みんなのクレジットでも大絶賛し、1件1万のお金をもらった方も多い。(イケハヤとかですね。某ブログもやり口そっくり。)

また恐ろしいのは人間の正常化のバイアス。

投資においてそれだけは避けなければなりません。

目的外利用をするような金融業者は論外!にもかかわらず擁護記事を書く人間が信奉された理由!

人間には正常化のバイアスというのがあります。

これはどんな危機的状況に陥ってもなぜか自分は大丈夫だと思ってしまう法則。

投資家資金を流用したグリフラ、何十億も騙されたとしていながらも取り返すように刑事訴訟に動かないトラストレンディング。

もしあなたが関係ない立場からこのニュースを聞いたらどう思いますでしょうか?

 

うわぁ。絶対お金返ってこないじゃん。

こう思いますよね。にもかかわらず当時は

80%以上グリフラは返ってくる!

トラストレンディングは誠実!被害者!!

なぜかこのような主張を信じる方がいました。

これこそまさに正常化のバイアス。

これにかかってしまうと客観的な判断が出来ず、自分は大丈夫となぜか考えるようになります。

その結果よりmaneoにむしりとられ、トラストレンディング訴訟に乗り遅れる。

より損をする結果となりました。

投資家の目も肥えて、優良業者というエビデンスがある業者のみ投資をする時代に。

そりゃそうだろうし、そっちのがいいだろ。

どんな手段をつかっても金を稼ぐぞ~!と意気込んでいる某ブログにとっては冬の時代かもしれませんが、多くの投資家にとって優良業者が増えていくことは朗報。

また今後はクラウドファンディング系の費用対効果に気が付いた上場系クラウドファンディング業者は増えていくでしょう。

なぜ上場企業にとってクラウドファンディングはで集客するのがコスパがいいのか?

A どの程度の知的レベルやどの分野に興味があるのかわからない不特定多数にするCMより、ある程度投資資金を持っている投資家に対して、ピンポイントで企業を知ってもらえるから。

たとえばrimpleやジョイントアルファ。

どちらも不動産クラウドファンディング投資家にとって有名企業ですが、これら業者を運営するプロパティエージェントや穴吹興産はそこまでの有名企業ではありませんでした。

ですが上記サービスを運用した結果、投資家の中で知らない方はいなくなり、知名度が上がる。

知名度が上がれば現物不動産を買ってもらえる可能性もあがる。

さらに投資で利益をだしていれば、儲けさせてくれる業者だったし、知らない会社から購入するよりも現物不動産知って、お世話になっている会社から買ってやるか!と思う方が増えます。

この結果コスパがいい!と思った上場系クラウドファンディング不動産業者は今後も参入してくるでしょう。

詳しい解説は2021年も不動産クラウドファンディング>ソーシャルレンディングで間違いない!

上記記事をご参照ください。

また何かしらの保証がほしい!と思っている投資家にとっては日本保証や保険料債権担保ファンドを取り扱う業者に投資をする。という戦略が優秀です。日本保証の保証ファンドVS債権担保ファンド!samuraiとバンカーズ!どちらが安全性が高い!?

また案件リスクは負えるよ!事業者リスクがないところなら!という方であればSBIソーシャルレンディング延滞時の対応!カボチャの馬車詐欺事件回収!最大手業者の信頼性!

上述のような会社に投資をすればいいでしょう。(年利7%を目指す。)

戦略によって分けます。

ただ詐欺業者&詐欺業者大絶賛ブロガーに近づかない。(なぜなら人間正常化のバイアスがあるためすぐに動けないためです。)冷静な判断で2021年も大損している詐欺業者擁護ブロガーと異なり、資産を増やしていきましょう。^^

 

2021年も不動産クラウドファンディング>ソーシャルレンディングで間違いない!

日本保証の保証ファンドVS債権担保ファンド!samuraiとバンカーズ!どちらが安全性が高い!?

SBIソーシャルレンディング延滞時の対応!カボチャの馬車詐欺事件回収!最大手業者の信頼性!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント