ソーシャルレンディング&クラウドファンディング業者。安全性に特化しているのは上場系業者!

OwnersBook

はいどうもソーシャルレンディングの通知簿を運営するエニートです。

今回は独断と偏見でソーシャルレンディング&クラウドファンディング業者の万が一の時の安全性ランキングを作ってみました。

<追記>

東証一部上場企業の不動産クラウドファンディング業者がでてきており、今現在でいえばジョイントアルファの小樽ファンドが最強。

このファンドがなぜ優れているのか?というのについても解説したいと思います。

またCRE fundingの優位性についても確認していきたいと思います。

<以上>

ランキングにいれているのは信頼できるという客観的なエビデンスをもった業者のみにし、その上でファンドがだめになるor事業者自身が倒産してしまう。この2点を軸に安全性を語りたいと思います。

ファンドの安全性&事業者の安全性を考えるとどうなる?

ファンドの安全性という点でデフォルトするリスクを考慮しなければなりません。

となるとデフォルトしたファンドが残念ながら多々あるクラウドクレジットは除外されます。(事業者としてはいいんですけどね。その分高利回りですし。)

また独立系(VCが参画していない)なども業績が不振になったときあっという間に倒産するリスクをはらんでいます。

ですのでいくら今現在一度も元本割れをしていない。日本保証の保証付きファンドを組成している。などがあったとしても除外。

不動産クラウドファンディング業者で劣後出資者であろうが、その事業者自身が吹っ飛んでしまえばデフォルトしてしまうような業者も同様に除外します。

再度になりますが、これらの業者は投資をしてはいけない!と判断される業者とは異なります。あくまで万が一の時の安全性について言及している。とご理解ください。

安全性を考えると上場企業が運営しているか、VCが参画している業者に限られる

その中でもVCが参画している業者<<上場企業が運営している<<東証一部上場企業が運営している。(この順番で安全性が高まりますね。あくまで一般論です。2部上場でも1部上場より企業体力が会社は多くあります。ただ一般的には一部上場企業のが体力があります。)

となると大抵の場合一部上場の不動産クラウドファンディング業者が安全性が一番高い。という結論になります。

VCが参画していておすすめといえるのは?

CrowdRealty

不動産のイメージが強いですが、最近出た太陽光発電ファンドは隙が無い高ファンドでした。詳しい解説が気になる方はクラウドリアルティの太陽光発電ファンドは過小評価されているのでは?

上記記事をご参照ください。

上場企業が運営している不動産ソーシャルレンディングならOwners Book

OwnersBook

最近ファンドの組成件数が少ないですが、2010年代を引っ張ったソーシャルレンディング業者といえばこの業者でしょう。

OwnersBookは匿名化解除!一番信頼できリスクが低くお勧めの理由!

詳しくは上記記事をご参照ください。

LTVも80%以下でマザーズ上場会社というのが信頼性の高さといえます。

上場企業が運営するクラウドファンディング業者が現状最強なことに疑いがない。

まあ結論としては上場企業が劣後出資者で運営する(または連帯保証がついている。)クラウドファンディング業者が最強であることは間違いありません。

詳しいことは不動産クラウドファンディング業者の安全性ランキング!見極め方!

東証一部上場企業が30%の劣後出資者になっている。さらにRimple(リンプル)なんて都内の好立地ですから。問題点あるの?っていうレベルです。

Jointoα(ジョイントアルファ)も豊洲の好立地で穴吹興産が30%の劣後出資者。もう冷静にかんがえれば不動産クラウドファンディングをメインに投資さえしていれば問題ないんじゃないんじゃないんですか?って感じです。

ジョイントアルファの新ファンドは

① 年利6%で50%の劣後出資で運用期間が6か月と短期。そしてそれを保証するのが東証一部上場企業である穴吹興産。ただし立地は北海道のホテルであるため良くはない。

こう単純に条件を比較しただけでもジョイントアルファの方がいいのですが、ジョイントアルファは高松のホテルファンドでおそらくですが自社買いをしてくれたという実績があります。(自社買いをしたなど発表しないので、おそらくという書き方になってしまいます。ただこのコロナ禍で簡単に買い手が見つかるとは思えません。

自社で買い取り→コロナ後に転売。となるはず。体力がある東証一部上場企業だからこそできる技ですね。)

ただcrealも業者として優れており、分散投資先としてはあり。(個人的には保育園ファンドなどがおすすめです。詳しい内容が気になる方はCREAL(クリアル)の評判は?1年間の投資成績付き!元本割れは?他の業者と比較!おすすめできる?

上記記事をご参照ください。

では次になぜジョイントアルファのホテルファンドが優れているのか?ということについて解説したいと思います。

ジョイントアルファ新ファンド!小樽ファンドの劣後出資50%、運用期間6か月の意味

今回のファンドは正直今までの住居用の不動産ファンドと毛色が異なります。

  • 今までは住居用不動産ファンドがメイン。今回は商業施設の中でも珍しいホテル。
  • 今回は自社物件のホテル。
  • 今までの劣後出資の割合が30%(これでもすごいですが。)。今回はなんと劣後出資50%
  • 運用期間は他のファンドは1年以上がメインなのに今回は6か月と短期。
  • 利回りも6%とジョイントアルファの他物件ファンドと比べて利回りが高い。

これらの点が異なる点になります。ではなぜこのようなファンドを組成しているのでしょうか?

他社との差別化&宣伝目的でファンドのを組成いしている。

以上5点から導き出されるのは2パターン

  • ジョイントアルファの親会社がもう融資をしてもらえない状況となり、苦肉の策で短期ファンドを募集している。(業績も好調で、体力がある東証一部上場企業がそのようになっている可能性は考えられない。)
  • 不動産クラウドファンディング業界に多くのライバル会社が参入してきたため、自社の優位性を示したい。&CMなどを打つよりも優良ファンドを好条件で組成した方がよほど宣伝になる。

下のケースであることをより確信させてくれているのは今現在行われているアマゾンギフト券プレゼントキャンペーン

詳しい内容は下記公式サイトより、説明が気になる方は下記リンクよりご確認ください。

Jointoα(ジョイントアルファ)公式サイト

そして物流系のクラウドファンディング業者であればCREfundingの評判は?怪しくて危険?徹底調査!メリット大の投資先!

こちらの業者も優秀です。

CRE fundingから口座開設キャンペーン!これはお得だ!!

f:id:socialen:20201203212343p:plain

以下が公式サイトから発表されたキャンペーンの概要になります。

 

キャンペーン概要

  • 対象者

    対象期間内に、新たに「FUELオンラインファンド」に会員登録し口座開設を完了された方 ※1, 2, 3, 4, 5

  • 対象期間

    2020年12月1日00時00分 ~ 2021年1月31日24時00分

  • プレゼント金額

    1,000円※6

  • プレゼント方法

    FUELオンラインファンド投資口座に入金※7

  • 入金時期

    2021年3月下旬(予定)※7

    CRE funding

     

要は口座開設で1000円もらえるということですね。

次はCRE funding自身について解説していきたいと思います。

CRE fundingは信頼できるクラウドファンディング業者なのか?

CRE fundingは東証一部上場株式会社シーアールイーによる物流不動産のクラウドファンディング業者です。

 

特徴としてはそのファンド組成の審査の厳しさ(=投資家への安全性の高さ。)

CREグループによるファンド審査に加えて、FUEL株式会社(第二種金融商品取引業者)による第三者審査を行う。この二つの一部上場企業の審査を通すことで投資家への安全性を高めています。

オンラインファンドのスキーム例

では本ファンドについて具体的に確認していきましょう。

CRE fundingの厚木ファンドのメリットは何なの?

以下が本ファンドの公式サイトの発表になります。読み飛ばしていただいて結構です。下で解説します。(重要な部分のみ太字にしました。)

 

本ファンドは、東証一部上場企業である株式会社シーアールイー(以下、CRE)の完全子会社であるストラテジック・パートナーズ株式会社が組成・運用する物流不動産ファンド(以下、本不動産ファンド)に対するメザニンローン(以下、本ローン)への投資案件です。投資対象不動産は、神奈川県厚木市周辺に所在する物流施設(厚木愛川倉庫)となります。

【本ファンドの特徴】
・本不動産ファンドはCREとの間で賃料保証型のマスターリース契約を締結することで、賃料収入の安定性を確保しています。
・本ローンはCREの保証付きであり、元本毀損リスクを低減しています。

募集期間
2020/05/11 19:00 〜 2020/05/18 15:00
運用期間
2020/05/20 〜 2021/03/08
利益配当3か月毎(初回は2020年8月を予定)
元本償還ファンド運用終了時に一括返済
最低成立金額17,500,000円
要点としては
1 東証一部上場企業の子会社が運営
2 賃料保証型のマスターリース契約
3 本ローンはCREの保証付きであり、元本毀損リスクを低減
1については読んで字のごとく。3についてはCREが保証している。これはどういうことかといえば、万が一最終借り手先が返せなくなった場合でも東証一部上場企業のCREがその最終借り手に代わって返済の義務を負う。(投資家にとって極めて安全性が高い=元本割れがしにくい。)
つまりCREがつぶれなかったら投資家にはお金がかえっている。ということになります。
2のマスターリース契約について解説したいと思います。
CREとの間で賃料保証型のマスターリース契約

マスターリース契約とは何なのか?という話です

商業用不動産を賃貸する場合に、建物を一括して賃貸し、その賃借人が実際の賃借人にさらに賃貸する方法がある。マスターリースは、この場合の一括の賃貸借をいう。また、マスターリースによって賃借した者が実際の賃借人に賃貸することを「サブリース」という。

マスターリースというのはこの一括の賃借権を指します。

ではこの賃料保証型という意味ですが、不動産オーナー(この場合CRE funding)と不動産会社(ストラテジック・パートナーズ株式会社)が転貸を前提に管理契約を結びます。一棟または一部を賃借した管理会社が一定の賃料を支払うため、安定収入が見込めます。

つまり賃料は必ず支払われる。そして本ファンドは万が一あった時もCREの保証付き

東証一部上場で業績好調のCREが保証してくれます。(さらにコロナウイルスの影響で物流関係が儲かっている。というのも大きなメリットのひとつ。)

でこのファンドが年利3%で組成されているのは大きなメリットですが、さらに本ファンドでは1%のキャッシュバックがあるため、年利換算で4%となります。

まあ一言で言ってしまえば絶対に投資をしたいファンド!!!!!!

といえますね。

クリック合戦になるでしょうが、私は絶対投資をします。

3秒で本ファンドは完売!残念ながらクリック合戦に敗北しました涙

2020年5月11日追記

クリック合戦に敗北しました。(涙)

敗因はF5クリックがうまくいかなかったため。(3秒で完売したのも大きな原因ですが。)

次回こそは物流ロジスティックファンドに投資をしたいと思います。

また別件ですが物流系の株価の上昇はすさまじいですね。

(私はなかなか底で株をかえました。)

(一番の底値16万で買えていれば、12万以上の黒字になっているのですが、まあそのタイミングで入れる方はごくごく一部。この4万以上のプラスで私は十分いいタイミングで入れたな。と思っています。)

(CREの株価はコロナ前以上になってしまいましたね。)

今現在ソーシャルレンディングはコロナの影響で先行きは不透明。ですのでCRE Fundingのように固い投資先に投資をするのが2020年コロナウイルスの影響が収まるまでおすすめといえます。

(動画で内容を確認されたい方は上記よりご確認ください。)

以下がCRE Fundingの公式サイトとなり無料で口座開設可能です。

CRE Funding公式サイト

またお得なキャンペーンといえば今現在のクラウドリアルティを超えるクラウドファンディング業者はありません。(さすがに5000円を超えるキャッシュバックは別格です。)

クラウドリアルティは屈指の投資先!なぜおすすめできるのか?

不正をおこなったソーシャルレンディング業者と異なり、クラウドリアルティは三菱UFJなどの超大手企業から出資を受けているため、株主構成をみても不正が起きるというのは考えられませんし、数年後の上場を見越しVC(ベンチャーキャピタル)から多額の融資を引き出すという動きをおこなっています。

詳しい解説が気になる方はクラウドリアルティの評判は?1万円プレゼント?詐欺の可能性がある怪しい業者なのか?徹底解説!

上記記事をご参照ください。

要点をまとめてしまうと下記の通りになります。

クラウドリアルティの株主構成をご覧ください。

主要株主 経営陣
カブドットコム証券株式会社
グローバル・ブレイン5号投資事業有限責任組合
新生企業投資株式会社
株式会社新生銀行
FinTechビジネスイノベーション投資事業有限責任組合
みずほ成長支援第2号投資事業有限責任組合
三菱地所株式会社
株式会社三菱UFJ銀行
三菱UFJキャピタル6号投資事業有限責任組合 クラウドリアルティより

どれも日本有数の屈指の一流企業ですね。

特に三菱UFJが株主になっているのがすばらしい。というのもメガバンはVCと出資する際、私のような個人投資家とは比べ物にならないほどその業者を徹底的に調査します。

その調査をしたうえで問題がなかった。これがまずクラウドリアルティへの信頼性が他の不正をおこなったソーシャルレンディング業者とは異なることの証明になります。

 

また調査したところ、多額の広告宣伝費を支払っています。

なぜこのような大型キャンペーンが打てるのか?と聞かれればクラウドリアリティは上記ベンチャーキャピタルから多額のお金を引っ張ってこれているから。

正直数年後の上場を見据えて、今現在はお金をばらまいて顧客を確保している段階でしょうね。IPOしてしまえば莫大な利益になります。

ただそのような背景は我々の投資家とって大した話ではありません。

眼前にある事実としては、信頼できる業者がクリック合戦なしで投資ができるという事実です。

クラウドリアルティについては下記が簡単なまとめです。

クラウドリアルティは今後間違いなくソーシャルレンディング業界を引っ張っていく1社となる

不正リスクから飛躍し、上場の可能性について記事にしましたが、投資家の立場からいえば、クラウドリアルティは投資家登録をしておくべき業者の一つと言えます。

理由としては簡単に言えば下記6点

1 クラウドファンディング業者。そのため、貸付先が明示されているファンドがある。(他の不正をおこした業者のように身内に貸し出しているというのはあり得ない。)

2 社長鬼頭氏は東大ボスコン出身というエリート。そして不動産の証券化などにたずさわっていたことからも不動産ビジネスを行うのは納得。

(東大→ボスコンというスーパーエリート)

3 三菱UFJなどのVCからすでに3.5億の出資を募ることに成功。VCは個人投資家とは比べ物にならないくらい出資先を調査する。その調査を通ったことが信頼の証。

4 キャンペーンは上場するための顧客獲得の可能性が非常に高い。

5 社長の鬼頭氏は不動産を多く手掛けており、今後VCと連携しつつ魅力的なファンドを組成してくれる。

6 今後知名度の向上とともにクリック合戦が避けられなくなるが今現在はクリック合戦なしで投資ができる。にもかかわらず利回りも8%台というファンドも存在する。(超高利回りではないが高利回りといえる。)

投資家の立場から言えば屈指の好条件の業者と言えます。

またこのキャンペーンだけでなく、投資する地方の名産品プレゼントキャンペーン既存投資家にも多くキャンペーンを組成してくれる点も魅力。

やはりUFJなど巨大なVCから資金調達ができるというのが投資家にとって圧倒的に有利な条件と言えます。

(早速私も投資家登録を行いました。)

また今現在キャッシュバックキャンペーンを行っており、口座開設のみで5000円分のポイント(のちほど現金化することが可能。)

私自身のCrowdRealtyの査定はランクSSS。積極的に投資をしても問題ない業者と断言できます。

下記公式サイトより無料で口座登録可能です。(5000円もらえますしね。)

CrowdRealty公式サイト

 

巣ごもり銘柄で物流系ロジスティックは人気ですからね。CRE Fundingのようにキャッシュバックがある優良業者はおすすめです。

 

上記の業者に分散投資が正解です。

まあ要は上場企業、またはそのような会社に分散投資をするのが一番安定して資産を増やしていく方法でしょう。

 

無論資産運用方法ですから個々人意見はあると思います。それを否定しません。ただ私は優良業者のみに投資をして資産を増やしていますし、現状それが間違いなく正解だと思っています。(ぶっちゃけ詐欺業者の宣伝する感覚もわからなければ、グリフラ問題以降maneo系への投資を進めていた感覚もわからない。)

まあ他者は他者ですし、読んでくださる方も読んでくださる方も個人の価値観に基づく投資基準があると思います。その投資基準のお役に立てれば幸いです。

CRE Funding

Rimple(リンプル)

Jointoα(ジョイントアルファ)

CrowdRealty公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント