maneo&maneoファミリーが大量期失はグリフラ問題以降なら予想できたのか?

はいどうもソーシャルレンディングの通知簿の運営するエニートです。

前回maneo&maneoファミリーが大量期失すると1年前から見抜けたのか?

という記事を書きました。

上記記事を要約すると、

1 VCやGMOなど名だたる企業が支援してる

2 ソーシャルレンディング最大手であった。

3 今まで貸し倒れがほとんどないという実績。(砂上の楼閣でしたが。)

このような点でmaneoが怪しい。と判断できた投資家はほとんどいなかった。

ですので本件は投資家の問題というよりも、事業者(maneo)の不祥事が問題と言っても過言ではないでしょう。

では一方グリーンインフラレンディング以降投資家はどうすべきだったのでしょうか?

グリーンインフラレンディングが資金の不適切流用をした時点でmaneoへの再投資をやめるべきだった

グリフラ問題以降も、マネオ本体に問題なし!大丈夫!という楽観論も多かったですが、資金の不適切流用があった時点で、その事業者のみならず、その監督者(マネオマーケット)であるマネオマーケットが信頼できるはずがありません。

これは金融では当然のことです。

また100歩譲って、その発覚時の月にマネオを信頼し、再投資したとしてもグリフラファンドをマネオ本体で募集したり、(募集しないと明言していたのにもかかわらず募集していました。)グリフラ自身が全く説明責任を果たしていなかった時点で、マネオは見切るべきでした。

投資家は何を教訓とすべきか?

金融の世界は信頼が全てであると再確認すること。

その一言に尽きます。

ですので不祥事がでたら撤退。悪くとも様子見。

再投資などもってのほかという意識。

ソーシャルレンディング自身は未来がある次世代の投資方法といえます。

だからこそ信頼できる業者にのみ投資すべきでしょう。

私が信頼できる!と判断している業者は下記にまとめてあります。

参考にして頂き、安定して資産を増やして頂けると幸いです。

ソーシャルレンディング事業者比較!おすすめできる安全な業者はどこ?!

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント

  1. kei より:

    私は2018年11月までマネオに投資してしまった大バカ者です.
    グリフラとマネオ本体は別物と自分勝手に認識してしまいました

    仕事等忙しかったのもありますが、
    このような有益なサイトを当時見切れてませんでした
    情報弱者だったと思います

    なぜ気付けなかったのか? 
    本当に悔やんで悔やんでの日々です、鬱にもなりました。
    今でも何にもやる気が起きません
    人間として価値がない者と認識しています

    • tanabe54 より:

      kei様

      コメント&有益なサイトとのお褒めの言葉ありがとうございます。

      自らを卑下する必要は一切ありません。
      顔を上げてください。

      お金はあくまでお金です。
      一番大切なのはkei様の健康とメンタルです。
      信頼できる業者にお金を預ければ必ず、復活できます。

      お気をしっかりもってください。

      • kei より:

        maneo本体は正直どうなのでしょうか?
        2種を失いたくないはずなので、事業を継続する気はあると思います

        毎月の期失はひどい状況ですが、
        回収はずさんながらも進んでいる案件もありますし、
        運用中の案件でもある程度は償還されると思っています

        償還され次第抜いていってますが、
        4月に50万、5月に90万、6月に25万でもまだ400万拘束されてます

        • tanabe54 より:

          事業継続する意思はあります。

          運用中のファンド次第ですのでなんとも言えませんが、詐欺的な業者とは異なります。
          なので償還され次第抜いていく。この戦略で間違いないでしょう。

          • kei より:

            ありがとうございます、事業継続の意思は
            2種を取り下げられたくないからということでしょうか?
            そのため結果的に償還や回収はある程度期待できるということでしょうか?

            訴訟起こされてるこんな会社のスポンサーは見つからないだろうし、
            これまでの決算は良かったとはいえ、
            募集案件も減って財務も傾いてきてるはずです
            2019年内の倒産の可能性も捨てきれないですよね?

          • tanabe54 より:

            倒産などの可能性については言及を控えさせて頂きます。
            2種を取り下げられたくない。
            これは間違いありません。
            だからこそ事業の継続の意思はあります。