FANTAS funding

未分類

FANTASfundingの2ファンドに投資成功!全て完売まで1分!

fantasfundingのファンドが全て1分以内に完売。2ファンドに投資成功。不動産型クラウドファンディングは住所が明記されており、fantasfunding自身が劣後出資者となっているため、投資家に安全性が高い業者といえる。
CREAL(クリアル)

2019年!ソーシャルレンディング事業者比較リスク信頼度ランキング!お勧めランキング!

信頼できるソーシャルレンディング事業者のランキング。事業者リスクとメリット。その業者におけるお勧めの投資方法。ソーシャルレンディング業者の信頼度ランキング。またソーシャルレンディング業者を徹底比較し、その信頼度毎にお勧めランキングを作成した。
CREAL(クリアル)

不動産投資クラウドファンディング!crealとFANTAS徹底比較!メリット!お勧めは?<追記>

不動産クラウドファンディングの新事業者のcrealとFANTAS fandingは、多くの共通点がある。住所が明記されており、どちらの業者も劣後出資者として投資家の安全が図られている点。相違点はcrealは都心の一等地の土地が中心で、クリアルは千葉などの副都心。利回りはFANTAS fandingのが高い。
FANTAS funding

ソーシャルレンディング徹底比較!2019年は低リスク、高信頼度業者に投資!<追記>

ソーシャルレンディング&クラウドファンディング投資家は今後利回りよりも安全性と業者の信頼度を重視する時代にシフトしていきます。信頼できる条件は上場企業の傘下、証券会社が運営、大企業が出資している、CFでファンドの住所が明記されているなど。2019年は業者としても安定性、信頼性。その上での利回りの評価になります。
FANTAS funding

今後のソーシャルレンディングは利回りよりも信頼性!不動産CFのが有利になる?

ソーシャルレンディング業者で不祥事が続いた以上、信頼できるエビデンスを客観的に判断してもつと考えられる業者と、不動産型クラウドファンディング業者が2019年の投資の中心になっていきます。
FANTAS funding

FANDsとFANTAS fundingは何故大々的なキャンペーンが行えるのか!?

FANTAS fundingとFUNDsの上場はVCや株主を考えると間違いない。上場というのは赤字でも可能。だからこそ上場にむけて顧客を獲得したい、2社は投資家にとって有利なキャンペーンを多く展開しており、投資家としてもその流れに乗るべきだといえる。
FANTAS funding

FANTASfundingから空き屋再生ファンド含む5本!1本に投資成功!<追記>

また信頼できるソーシャルレンディング業者はどこか?2019年どこがおすすめになるのか?という当ブログの人気記事を下記にまとめました。参考にして頂けると幸いです。 第一位 ソーシャルレンディング事業者比較!おすすめできる安全な業者はどこ?! 第二位 2019年ソーシャルレンディングは高信頼度業者にのみお金が集まる!高信頼度業者はココだ! 第三位 不動産投資クラウドファンディング徹底比較!おすすめ業者ランキングベスト3! 第四位 FANTAS fundingのファンドが年利10%越え!怪しい?信頼度は?10%越えがあり得る理由! 第五位 投資初心者に何故owners bookがおすすめ?年利14%の真実とは!?
FANTAS funding

2019年お勧めソーシャルレンディング業者ベスト5!徹底比較しメリット解説!

ソーシャルレンディング高信頼度業者を比較。お勧め業者ファンドランキングベスト5。何故その業者&ファンドが信頼できるのか?客観的な基準を用いて、徹底評価。不正を起こす業者とどの点が異なるのか?投資家は何を基準に投資先を決めれば良いのか?高利回りファンドでも信頼できる。担保付きで投資家に安全など様々な角度から業者を評価!
CREAL(クリアル)

FANTAS fundingのファンドが年利10%越え!怪しい?信頼度は?10%があり得る理由!<追追記>

FANTAS fundingは不動産型クラウドファンディングに新規参入をしてきた業者。空き家リフォームビジネスや中古マンションビジネスという利益率が高い事業を手掛けているため年利10%という破格の利回りがあってもおかしくない。FANTAS が劣後出資者になるため、投資家の安全性も高く、メインの投資先にしていける高信頼度業者
CREAL(クリアル)

不動産投資クラウドファンディング徹底比較!おすすめ業者ランキングベスト3!

不動産型ソーシャルレンディングとクラウドファンディングの違いとメリットとお勧めファンド。不動産型クラウドファンディング業者のcrealとFANTAS fundingは住所が明記されており、劣後出資者として投資家の同じファンドに投資をする。ソーシャルレンディングのowners bookはLTVが低く、上場企業の傘下。