maneoの遅延

maneo

速報!maneoの兵庫県宝塚ファンドでは説明の通り元金の一部及び遅延損害金を受領!一歩前進か!

maneoの兵庫県宝塚ファンドでは以前からアナウンスがあった通り、元金の一部と遅延損害金(合わせて約5900万)の受領があった。maneo自身投資家に虚偽の説明を繰り返していた過去があったが、今回は正確であった。Jトラストのパルティール債権回収株式会社と提携したことにより、国内ファンドの回収は良い方向に向かうだろう。
maneo

maneo本体が全件期失で投資家元本全損はあり得るのか?maneoファミリーと合わせ50%貸倒れ?

マネオ本体のファンドが全件期限の利益の喪失となり、投資家の元本が大幅に返ってこない。ということは非常に考えずらい。というのもマネオ自体は事業の継続に意欲的で、他の詐欺を行った業者と異なる。ただマネオファミリーへの対応。虚偽説明。担保価値の査定力。どれも金融事業者としてはあり得ないので、決して投資をすべきでない。
maneo

maneo(マネオ)不動産担保1,200億円突破ファンドで16億の大遅延発生!貸し倒れ?今後どうなる?<追記>

maneo(マネオ)の不動産担保付き1200億突破記念ローンファンドで16億円の大幅金額の遅延が発生しました。ただ本件はすでに手付け受領済みで、遅延理由も隣接地とともに高値で売却しようとした結果、期日に間に合わずに遅延。更に約定利息の入金はあり。今後の注視は必要ですが、元本の棄損の可能性は低く、貸し倒れはないでしょう。
maneo

マネオ遅延の危険全ファンド!投資家が大損するファンドは?今後どうなる徹底解説!

ソーシャルレンディング業界の大手のマネオ(maneo)で大量に遅延が発生しています。その遅延が発生しているファンドの中でどのファンドが元本大幅棄損の可能性が高い危険なファンドなのか?そして何故その危険なファンドが生まれたのか?何故マネオはそのような危険な業者に貸し付けてしまったのか?ファンド毎に解説しました。
スポンサーリンク