samurai

samurai

SAMURAI fund日本保証ファンドは超おすすめ!安全性はソーシャルレンディング屈指のファンド!

samurai証券から日本保証の保証付きファンドが募集。samrurai自身は証券会社が運営。上場企業の傘下。信託保全有り。サービサーへの売却も投資家の過半数以上の賛成が必要。貸し倒れがないという実績もあわせ、お勧めのソーシャルレンディング業者。さくらソーシャルレンディングと提携しファンドを募集。更に日本保証付き!
samurai

SAMURAIがリニューアル!さくらソーシャルレンディングとの協業も正式発表!2020年は注目!

SAMURAIがリニューアルされる。ソーシャルレンディング業者であるSAMURAIはSAMURAI FUNDに名称を変更。預託金預かり制度の導入により、償還時口座ではなく預託金口座にお金が振り込まれる。(再投資の手間がかからない。)またさくらソーシャルレンディングとの協業も発表され、2020年注目の業者といえる。
samurai

祝!maneoファミリー無事卒業!さくらソーシャルレンディングが遅延なく全案件償還達成!

maneoファミリーであったさくらソーシャルレンディングが無事すべてのファンドの運用を終了した。3年間のサービスの間、一度も元本の毀損なくファンドの運営を続けた実績。特に他のmaneoファミリーの不祥事の結果、リファイナンスができなくなったのにもかかわらず、無事償還。samurai証券に移ったが人気の投資先となるだろう
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディングキャンペーン評判徹底解説!2019年!一番お得なキャッシュバック業者はどこ!?

ソーシャルレンディング業者で投資家キャッシュバックキャンペーンが開催。キャッシュバックを行うのは4社。SAMURAI証券が口座開設のみで千円キャッシュバック。新規投資家にはクラウドクレジットが2.5%。CREALが2%キャッシュバック。既存投資家へはクラウドクレジットとCREALが最大1%。クラウドバンクからは0.2%
maneo

maneoに債権回収費用はどうなるのか?と聞いた結果!投資家がもつのであれば納得はいかない。

maneoは債権回収能力が皆無であったため、1年以上債権回収が進まなかった。パルティール債権回収株式会社が介入してきた結果債権回収が進みつつあるが、その回収にかかった費用はmaneoもちになるのか?それとも投資家が持つのかが重要。直接問い合わせたが回答が得られず。今後どちらが債権回収費用を持つのか明言が求められる。
samurai

SAMURAIからJトラスト貸付ファンド!事前告知!口座開設キャンペーン!ソーシャルレンディング業者

ソーシャルレンディング業者であるSAMURAIから東証2部上場企業であるJトラスト社への貸付ファンドが発表。最終貸付先が万が一返せなくともJトラストが返済の義務を負うため、投資家にとって極めて安全性が高いファンド。またSAMURAIでは口座開設記念キャンペーンが行われており、口座開設で1000円分のギフト券がもらえる。
maneo

SAMURAI(サムライ)から新規投資家登録キャンペーン!内容は破格!maneoと提携し躍進か!?

SAMURAI証券から新規投資家登録キャンペーンが発表。口座開設のみで1000円分のAMAZONギフト券プレゼントのため、破格のキャンペーンと呼べる。またmaneoと協業し、共同でシステムを使用発表。すでに旧マネオファミリーのさくらソーシャルレンディングは合流。不正をおこしていない他のファミリーの合流も期待される。
maneo

maneoがsamurai証券との協業を正式発表!パルティール債権株式会社は期待大!システム連携!

maneoからsamurai証券との協業が正式発表。samurai証券の関係会社であるパルティール債権回収株式会社が、債権回収を行っており、実際国内ファンドでは動きがあり。またシステムの連携を行い、今後はファンドを組成する。ガバナンス強化もSAMURAI証券が関わるのは朗報。新規口座開設キャンペーンも発表された。
maneo

クラウドバンクからmaneoファミリーの最終貸付先ファンド登場&700億突破記念キャンペーン!

クラウドバンクからmaneoファミリーであったスマートレンドの最終貸付先が同一のファンドの募集が開始。maneoの中でも不祥事と無縁であったスマートレンドは優秀であり、ファンドがクラウドバンクで募集されるのは投資家にとって間違いなく朗報といえる。また700億突破記念キャンペーンも発表。最大0.2%のキャッシュバック。
CREAL(クリアル)

maneoとJトラスト子会社のパルティール債権株式会社と提携し2ヶ月&maneo滝本氏ブログ所感

maneoの遅延ファンドでも回収可能性が高いファンドはパルティール債権回収株式会社が動き始めてから、一気に解決に向かい始めた。一方担保価値と募集金額が大きく乖離している川崎ファンドの回収は不可能に近い。maneoは問題発覚以降、一向に伸展してこなかったがJトラスト社が関わり大きく状況は改善。maneo投資家には朗報
Advertisements