samurai

maneo

maneoの遅延債権回収がようやく動き始めた!が川崎ファンドやガイアファンドの回収は困難でしょう。

maneoの遅延ファンドの回収がjトラストの傘下であるパティール債権回収株式会社が間に入ったことにより、国内ファンドに関しては回収の見込みがでてきた。投資家にとって朗報と言える。ただし川崎ファンドなどの担保査定を正確におこなっていなかったファンドや、ガイアファンディングなどの管轄法がことなる海外ファンドの回収は困難。
Funds

低利回りファンドが増えてきたソーシャルレンディング。利回り3%以上は欲しい。おすすめは?

ソーシャルレンディングでは高利回り至上主義が終焉し、低利回りでも安全性が高いファンドが主流となってきた。ただしfundsの利回り2%は低すぎるし、ownersbookの米国エクイティファンドは運用期間が長すぎる。jointαは利回り3.4%ながら上場企業が劣後出資しているなど信頼性という面で高く、低利回りでもおすすめ
maneo

maneoからsamurai証券ファンドの募集メールは投資家心理を逆なででしょう。今回投資はパス

maneoからsamurai証券でファンドが募集されているメールが届くが今のmaneo投資家の心理を考えると逆効果。maneoは債権回収に注力すべき。またsamurai証券から募集されたインドネシアファンドであるが、Jトラストの保証付きとは言え、海外貸し付け案件で年利5%は相当低いといえる。日本保証ファンドのがおすすめ
maneo

samurai証券からJトラスト保証付きファンドが登場!?保証がついているとなぜ投資家は安全?

samurai証券からJトラストの保証付きファンドが募集。samrurai自身は証券会社が運営。上場企業の傘下。信託保全有り。サービサーへの売却も投資家の過半数以上の賛成が必要。貸し倒れがないという実績もあわせ、お勧めのソーシャルレンディング業者。jトラスト社は債権回収のプロであり、日本保証を傘下に置いている。
Funds

fundsの利回り2%はさすがに投資する気にならない&日本保証付きで利回り4%は優秀

fundsのKudan Deep Techファンドは利回りが2%。さらに貸し付け先もマザーズ上場企業のため、投資はお勧めできない。客観的に見てもsamurai証券の日本保証付きファンドのが優秀。
maneo

maneoファミリーで生き残れる会社、生き残れない会社。不正をしなかった誠実業者はこれだ!

maneoファミリーで生き残れるのは不正を行わなかった業者。他のソーシャルレンディング業者のプラットフォームを使用することは可能であり、実際クラウドバンクに合流などが行われている。一方不正が明らかになっている業者は生き残ることは不可能であり、サービサーへの債権売却など投資家にとって厳しい未来が予想される。
maneo

maneoファミリー再編成!誠実な業者は他のソーシャルレンディング業者へ合流!おめでとうございます!

maneoファミリーの中でも再編の動きがあり。高利回り業者ながら一度も遅延もなく誠実業務を遂行していたさくらソーシャルレンディングはsamurai証券に合流。スマートレンドの最終貸し付け先はクラウドバンクに合流することになった。誠実に業務をおこなっていた業者の提携先がみつかっており、業界再編の動きは加速するだろう。
maneo

maneoが倒産する可能性は大幅減!投資家にとっては朗報も川崎ファンドをどう処理する?その他ニュース

maenoが倒産するという最悪のシナリオは避けられる運びとなった。Jトラスト社の藤澤氏がmaneo前社長の滝本氏の株式を取得することを発表。maneoと提携しながら業務再建を図る。この倒産が避けられるのは投資家にとっては朗報。ただし川崎ファンドなど回収が厳しいファンドは投資家の元本の大幅毀損は避けられない。
maneo

maneoがSAMURAI&Jpartnersと提携!maneoの期失ファンド一歩前進か!?速報!

maneoがSAMURAI&Jpartnersの傘下に置かれることが発表された。maneo滝本氏の株式をSAMURAIの藤澤が取得。Jトラストは債権回収のプロ集団であり、一向に進展しないmaneoの期失ファンドが進展する可能性が高い。回収可能性が高いファンドは取り返せる。また損失が確定すれば確定申告で取り戻し可能。
maneo

maneoファミリー&maneo本体は債権回収へ一向に動いていない!不正も多く危険な理由!

maneo&maneoファミリーでは不正が次々と発覚している。クラウドリースは全案件期失の上、担保が存在しない。CFFでは担保の無断売却のうえ、他のファンドの償還に当てる。ポンジスキームに近い詐欺行為が発覚している。maneo本体でも不当な担保価値の水増し。300億以上の償還がストップ。投資家は非常に危険といえる。
スポンサーリンク