Rimple

CREAL(クリアル)

動画付き!creal&Rimple!時代は不動産クラウドファンディングに変化か!?

creal&Rimpleから新ファンドの募集が発表された。crealは両国ファンドでバリューアップし売却を狙う。rimpleはすでに500%以上の募集申し込みがあり、圧倒的な人気を誇る。時代は不動産クラウドファンディング業者にシフトしてきたといえるだろう。
Rimple

Rimple(リンプル)の評判&口コミ!メリットデメリット徹底調査!リスクと利回りなど投資家必見!

Rimple(リンプル)は新たに参入してきた不動産投資クラウドファンディング業者。運営会社が東証1部であり信頼性は抜群。30%の劣後出資者であり、投資家の安全性が図られている。初回は利回り10%で破格。宣伝用にファンドをそせいしており、リスクも低いためかなりおすすめな業者。インタビューを行い、リスクメリット解説。
Rimple

シーラファンディングとRimpleからファンド募集開始のお知らせ!おすすめはどっち?

シーラファンディングとRimpleから新ファンドの募集が発表された。シーラファンディングの第四弾ファンドは年利5%。Rimpleは4.6%。ただしRimpleは秋葉原と好立地なのに加えて、東証一部上場企業が30パーセントの劣後出資者ということを考えれば、今回はRimpleがおすすめといえる。
Rimple

コロナウイルスでソーシャルレンディング投資は危険に!?やばいファンドとおすすめ投資先の違いは何?

コロナウィルスのソーシャルレンディング、不動産クラウドファンディングへの影響を解説。ホテルや民泊などのインバウンド型や中小企業支援ファンドへの影響はかなり大きく、今現在投資をするのはかなりリスクが高い。反対に不動産クラウドファンディングの賃貸系は人がいる以上借り手がつくし、エネルギー開発系は影響を受けず人気がでる。
Rimple

Rimple!シークレットファンド高利回り!衝撃の登録者数3万人越え!第二回ファンド期待大!<追記>

不動産クラウドファンディング業者のRimpleの登録者数が3万人を超えた。また初回ファンド落選者に1000円分のリアルエステートコインと年利8%のシークレットファンドを組成。また今現在口座開設キャンペーンが行われており、交換レートが2倍。第二回ファンドも好立地のファンドで投資家からの人気は避けられないだろう。
Rimple

Rimpleの第二回ファンドも募集500%オーバー!コロナの影響を感じさせず圧倒的な人気!

Rimpleの第二回ファンドは500%オーバーの募集申込みがあった。コロナウイルスの影響を感じさせないほど大人気のファンドシリーズといえる。またシークレットファンドも500%越え。東証一部上場企業が30%の劣後出資者で年利5%以上。さらに都内の好立地のファンドとなれば人気がでるのは当然だろう。今年期待の業者といえる。
CREAL(クリアル)

クラウドリースが行った不正行為一覧!maneoファミリーは危険。その他今週のニュースまとめ。

クラウドリースが行った不正&詐欺行為としては個別案件にもかかわらず全件一斉遅延。自らが役員をつとめる会社に貸し付け。分別管理をせず他のファンドの資金を償還に充てるなど枚挙にいとまない。破産を申告しており、投資家資金が返ってくるのは10%程度になるだろう。maneoマーケットは投資家に危険と言え、リスクが高い。
CREAL(クリアル)

CREALとRimpleの新ファンド。安全性を重視するなら4月の投資先はこの二つがメインでは?

CREALとRimpleから2020年4月に募集される新ファンドが発表された。どちらも不動産クラウドファンディング業者であり、劣後出資者のため投資家の安全性が高い。コロナウイルスの影響を考えても保育園ファンドは学校と違い稼働しており、需要は安定している。秋葉原ファンドは好立地で30%の劣後出資のため元本割れは考えずらい
Rimple

Rimpleから超嬉しい初回応募特典!一体何!?サービスよすぎ!次回シークレットファンドも期待大!

不動産クラウドファンディング業者のRimpleから嬉しい初回応募特典があった。初回ファンド落選者限定で、投資にも使えるリアルエステートコイン1000円分プレゼント&落選者限定で年利8%のシークレットファンドが組成される。東証一部上場企業の傘下であり、信頼性は別格。今後も投資家有利なファンドの組成を期待したい。
Rimple

ソーシャルレンディング業者への今週の投資は?コロナウイルスの影響を考えて投資をすべき!

ソーシャルレンディング業者で投資をすべき業者はコロナウイルスの影響を考えるべき。中小企業支援や民泊は高リスク。発電ファンドや不動産ファンドに投資を切り替えていくべきだろう。ただリーマンショックと異なり市場には金がある。原因が金融事業の失敗ではなく、一時のウイルスであるため、終息次第他のファンドに投資をすべきだろう。
スポンサーリンク