コロナウイルスの蔓延&深刻化でビットコイン爆上がり!年内1千万!?株など金融資産が上がり続ける!

コロナウイルス

はいどうもソーシャルレンディングの通知簿の運営するエニートです。

<追記>

ビットコインが650万超えました。

年初400万円だった時にこの記事を書いたのですが、なぜ今後もほぼ間違いなく上がり続けるのか?ということを再確認してください。

この市況で一気にお金を増やした方が間違いなく勝ちますね。

<以上>

コロナウイルスが蔓延&深刻化するとなぜその他の金融資産が上がっていくのか&この流れが2021年も続いていくだろうな。ということについて解説していきたいと思います。

追記

コロナウィルスが終息しても景気を回復させたい各国はこのままお金を刷る流れを続けます。ですので2021年は強気相場とみてまず間違いないでしょう。

まずなぜ日銀のみならず、世界各国でお金が刷られているのでしょうか?

今お金を刷らなければ企業は資金調達ができず、コロナ不況が深刻化してしまう!

結論から伝えれば

世界は格差が広がることを承知でお金を刷らなければならない危機的状況だから。

  1. このコロナ禍で株価が下がる政策(旧民主党のリーマンショックの対応)を行えば、企業は資金調達ができなくなり、不況が本格化するため、日銀がETFを買い支えます。
  2.  ETFを買い支えることで企業は資金調達が可能となり、コロナ禍を乗り越えられます。
    反対にこのコロナ禍で、お金を刷らず、ETFを買い支えなければ、リーマンショック並みに経済にダメージがあり、マネーリテラシーがない層から経済的困窮に至ります.
  3. つまり貧困層を救うためにはお金を刷らなければならず、その結果市場にお金があふれている。というのが現実。

今の金融緩和で世界中でお金が刷られているため、株、債権、不動産、暗号通貨に資産家はお金をリスクオンさせています。
(私も資産を有価証券などに変えています。)

どの銘柄にダメージがあるかわからなかったリーマンショックと異なり、EV銘柄やクリーンエネルギー銘柄、IT銘柄、そして暗号通貨は今後も伸びてくるのは確定しているわけで、その銘柄に市場からあふれたお金が流れているということでしょう。

現金の価値が減り続けているというのが現状に対する正しい認識

よく貯金は善!投資は悪!といわれる方がいますが、その認識は間違い。

そもそも投資を行うことによって企業は資金調達が行えるということで、社会貢献の一面もあります。(むろん私を含めて投資家は株価が上がって売却することの値上がり益を期待をしていますが。)

そして貯金をすればお金が減らないと思うのは間違い。

というのも今のようにお金が刷られまくっていればやがて物価が上昇するインフレが発生します。

今100万で買える車が将来200万になる。

これでも現金で持てば安心。お金が減らないという解釈はできるのでしょうか?

不可ですよね。

このような現状を踏まえても、お金が刷られている以上、何らかの形の有価証券に変える必要があります。(ビットコインもあり。)

現金しかも日本円でしか資産を持っていないという状況は安全どころか、相当リスクが高い状況だということはご理解していただけたでしょうか?

米国市場はダウ、ナスダック、SP500いずれも最高値を日々更新!

上述した

  1. 市場にお金があふれている。
  2. お金がありすぎるため、現金で持っているのはリスクが高い。そのためある程度資産がある層は現金をほかの資産に変えている。
  3. 上記の結果株価があがり、この機会を逃したくないと考える層生まれ、投資を行い、さらに株高が進んでいく。

そして大統領選、上院選もおわり、オールブルーになった米国。

追加の金融支援策も行われるのではないか?という期待感からもこの2日間の株価上昇につながったのでしょう。

上記がコロナショックでなぜ株価が上がるのか?という論理的な説明になります。

エニートのおすすめ米国株はEV、クリーンエネルギー、中国株銘柄!

結論を申し上げれば、上記はいわゆるバイデン銘柄です。

米国はパリ協定に復帰するでしょうし、となればクリーンエネルギー系、EV系を国家として優遇。

また民主党政権は中国と仲がよいため、トランプ→バイデンで中国に対する措置は軽減され、中国株が上がることが想定されます。

 

というかこれらの銘柄はすでに高騰しています。

年初にコロナウィルスが蔓延した!政府は呪文を唱えた!貧困層の体力が少し回復した!富裕層は超豊かになった!

という記事の中で、PDD,bilibili,futu(中国銘柄)をおすすめしたのですが、どれも年初からbiliとfutuはこの5日間で暴騰しましたね。

どれも去年の安値より5倍以上伸びていますし、biliは11月までは50ドル程度だったのが、今は118ドル。あっという間に2倍になりました。

タイなどでもサービス開始されますし、ポートフォリオに組み込んでおくのがおすすめ。

ビリビリ12月末は94ドル、今は118ドル。すさまじい伸びですね。)

EV関連でもテスラやnioも急騰していますし、クリーンエネルギーの株価も続伸。

これらの株を押さえておくのが投資家として正解といえます。

まあみなさんすでに証券口座を持っているとは思いますが、楽天証券は今現在キャンペーンを行っており、取扱銘柄も非常に多いためまだ口座開設を行っていないのであれば口座開設がお勧めといえます。(おそらくほぼすべての方はされていると思いますが。)

楽天証券公式サイト

投資アプリロビンフッドのロビンフッターたちも動きのカギになる!

個人投資家は機関投資家に負ける運命だったのですが、最近では信じられない事態が発生しました。なんと機関投資家に対してロビンフッターが力を合わせて勝利しました。

なにがあったのか?ということについては簡単にまとまっています。

ちょっと機関投資家に勝つなんてありえないですね。

そして今ロビンフットの株式売買の規制が入りそう。ということでロビンフットの買い煽りがビットコインやリップルに移ってきています。

特徴としてはチャットルームの機能。みんなで買おう!というあおりが入り、全員で購入を始める。結果価格が暴騰し、その買い煽りがさらに暴騰を呼ぶ。

という循環が続いています。

この流れをしっかりつかめるのか?というのも2021年の資産運用に重要になりそうです。(あくまで資産の数パーセント程度を投資するのにとどめるべきだと思いますが。)

そして最後に2020年50万円台まで落ちたビットコインが今現在400万円越え。(最高427万円)

そしてまだまだ上がっていく理由について私見を述べたいと思います。

<追記>

ついに650万を突破しましたね。どこまで上がっていくのでしょうか?

多くのアナリストもビットコインは強気相場に入ったと断言

私もこれら意見に対して全面的に同意です。

株式相場も強気trendにはいっており、すべての資産が強気trendに入ったといえそうです。

 

ビットコインのオンチェーン・データは過去数週間、ほぼ横ばいで推移していたが、強気トレンドの兆候とも思える動きを示している。

ビットコインは1月8日に史上最高値の4万1962ドルを記録した後、おおむね2万9000ドル〜4万ドルのレンジで推移してきた(CoinDesk 20のデータによる)。価格が小康状態にあるなかで、需要が供給を上回る状況が続いている。

「2021年の現時点までに約2万6000ビットコインがマイニングされている。一方、(暗号資産ファンドを運営する)グレイスケール・インベストメント・トラストは同期間に4万ビットコインを購入した」とデータサイトのグラスノード(Glassnode)はウィークリーレポートに書いている。

取引所残高の減少

取引所アドレスが保有しているビットコイン、つまり売り手側の流動性は減少している。

取引所のビットコイン残高
出典:Glassnode

取引所のビットコイン残高は今月1日、234万9040ビットコインまで減少し、2年半ぶりの低水準となった(グラスノードのデータ)。

一方、1000ビットコイン以上を保有するウォレット(同じ組織や個人が保有するものは1つとカウント)の数は1月31日、史上最多となる2218。いわゆる「クジラ」の数は、価格が横ばいで推移した間に50以上も増え、大口投資家によるビットコイン購入が継続していることを示した。

ビットコインの利益率

利益確定による売りに伴う価格下落の可能性も小さいようだ。ビットコインの利益率を示す「aSOPR」(adjusted spent output ratio)の24時間平均は1.00まで低下し、ビットコインが利益を生み出していないことを示している。

「SOPR」は、直近の取引価格からビットコインの利益率を算出したもの。「aSOPR」は、取引間隔が1時間に満たないものを取り除き、SOPRをより厳密に修正した指標だ。

ビットコインのaSOPR
出典:Glassnode

投資家は、一般的には弱気相場では損失を出すことになるが、ビットコインは現在、強気相場となっており、この3カ月で200%上昇している。

「SOPRの低下は、投資家が損失を出しながらも売却したことを意味する。だが今の市場の状況では、その可能性は低い。この状況が市場にある程度の安定をもたらし、次の上昇への道筋を開くことを期待している」とグラスノードはレポートに記した。

これまで、強気相場の間にaSOPRが1.0を切ったことはない。

つまり、ビットコインが4万ドルを超えるような動きをする可能性は高いようだ。「大きな価格上昇が2週間以内に起こるかもしれない。今はすべてが強気だ」とトレーダーでアナリストのアレックス・クルーガー(Alex Kruger)氏はCoinDeskに述べた。

コインデスクより

ビットコインがまだまだ伸びていく理由!400万突破!

まずはじめにお伝えしておくべきこと。資産運用の多くは伝統資産で行うべきです。ですのでビットコインへの投資は総資産の1~3%程度にとどめておき、(1000万が資産の方であれば、10~30万程度投資)米国株など株式投資で資産運用を行うべきでしょう。

反対に言えば、数パーセントであればビットコイン投資は十分あり。

なぜここまでお金が集まっているかといえば

  1. 世界中の資産が暗号通貨に集まっている。
  2. 半減期を過ぎたため、とれるコインの数が少なくなった。
  3. 株価の上がり方よりも急な理由は世界景気が本当によくなるのか?と疑問視している層が株式投資とともにビットコイン投資を行っているため。
  4. アメリカでは600ドルの給付金があったが、若者はすべてビットコインに投資をしている。

 

これらがここまで上がった理由です。2017年に急騰したときとの違いはビットコインのみ急騰しているという点でしょう。

そしてなぜこれからも上がるのだろうというと

各国でコロナが深刻化しており、さらに金融緩和が行われます。

となると想定されるケースは

  1. よりビットコインにお金が集まる。(株式もそうですが。)
  2. その結果価格が上がり、多くの投資がさらに投資する。
  3. 2000ドルの給付が行われれば、米国の若者はビットコインに投資する。それが高騰につながる。(1400ドルで給付が確定しました。となれば間違いなくビットコインは更に高騰します。)

民主党が上院も制したことで、金融緩和をガンガン行えます。(民主党の支持基盤は庶民が多いため民主党は現金給付に積極的。)

再度になりますが、投資をするにしても数パーセントにとどめておくのがお勧めです。(メインの投資は米国株を中心に行いましょう。)

またなぜビットコインも今後も上がっていくといわれているのか?といわれると

 

  1. ビットコインを採掘するためには、スーパーコンピューターを使用する。
  2. その採掘するためには非常に高額な電気代がかかる。
  3. 原油の採掘コスト、金の採掘コストのように電気代がビットコインの採掘コストであり、そこが下限となる可能性が非常に高い。
  4. ビットコインは定期的に半減期を迎える。この半減期というのは採掘できるビットコインが半分になる時期。
  5. とれるビットコインが半減する=かかる電気代のコストが倍になるのと同じ。
  6. 電気代、採掘機、人件費は長期で見ればインフレする。
  7. paypalなどを筆頭に米国有名企業が次々とビットコインに対する投資を始めている。
  8. ビットコインという商品に対して、機関投資家や大企業が注力するというメリット。
  9. paypalでビットコイン決済が可能。
  10. 新興国(アルゼンチン)では通貨がデフォルトしている。通貨をドルや金に変えたいが、35パーセントのタックスがかけられるようになった。そのため新興国の富裕層はビットコインに変えている。
  11. 法定通貨に対するインフレヘッジとして投資家はビットコインに投資をしている。
  12. 追記!実際私の読み通りビットコインは1ビットコイン=650万円を超えました。

というのがビットコインが上がり続けるだろうといわれている理由になります。

得に半減期が定期的にあるというのが大きい。

取れる量が少なくなれば当然価値が上がるわけですからね。

すくなくとも2021年、22年は金融市場にお金が流れ続けてくるため上昇は既定路線。であればまずは少額でもビットコインを購入しておくのが正解でしょう。

多分年内に1000万円いきますよ。

ビットコインを購入する際の個人的におすすめとしてはbitFlyer

理由は明確で

100円から投資が可能
アカウント作成手数料
アカウント維持手数料
販売所全通貨売買手数料
ビットコイン FX 取引手数料
住信SBIネット銀行からの日本円入金手数料

入金手数料が無料ということを考えれば一番お得に使えますね。(無論今回話題のリップルも購入可能です。)

bitFlyer公式サイト

<追記>

今現在425万円を超えました。もう上昇が止まらないですね。

以上

基本的には株式投資メイン(ETF購入)で、サブでクラウドファンディング、ソーシャルレンディング投資&暗号通貨投資をすればいいポートフォリオが組めるのではないかな?と思っています。

また上場企業の不動産業者が行っている不動産クラウドファンディングは投資家の安全性が非常に高いため、かなりおすすめ。資産の分散先に入れておくべきでしょう。

2021年も不動産クラウドファンディング>ソーシャルレンディングで間違いない!

詳しい内容は上記記事をご参照ください。それはいいから公式サイトのリンク張っておけ。という方もいらっしゃると思いますので、公式サイトのリンクを張っておきます。(どちらも東証一部上場企業が行う不動産クラウドファンディング業者です。)

(今現在1000円分のギフト券がもらえるのでもらっておいてください。)

Jointoα(ジョイントアルファ)公式サイト

 

まあ結局我々も自分で資産を形成して防衛しなければいけないわけですから、誰かのせいにするのではなく、優良ファンドを買って頑張って資産を作っていきましょう^^

株式投資などはプラスサムゲームですので、みんなで豊かになれる点で僕は好きです。

 

株にしても暗号通貨にしても上昇トレンドは続いていきそうですね。給付金でさらに上がると思われるので楽しみです。

私は今年も資産を爆増させる予定なので、興味がある方は私のブログを参考にしてください。

以下がbitFlyer公式サイトで無料で口座開設可能です。

bitFlyer公式サイト

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント