追記!トラストレンディングが年間報告書を送らず&詐欺と確信した所感!雑所得で相殺できない投資家!

ソーシャルレンディング

はいどうもソーシャルレンディングの通知簿を運営するエニートです。

もう確定申告の時期ですね。

<追記>

税務署に確認した方からの情報提供なのですが、まだ損失が確定していないため雑所得として相殺することが出来ません。

詐欺業者というのは最後の一瞬まで迷惑なものです。

その相殺ができなかったということについても追記したいと思います。

<以上>

ソーシャルレンディングも確定申告が必要です。ですので通常のソーシャルレンディング業者は年間報告書を送付してくるのですが、トラストレンディングはなんとこの時期まで送付してきませんでした~。パチパチパチ

また再度のインフォメーションになりますが、トラストレンディングは詐欺ではないと言い切った某ブロガーの方

いつでも訴訟組とのオンライン座談会をする準備ができていますので、是非お声かけください^^

 

トラストレンディングから年間報告書の送付がなかった件

どういうことなの?

 

と聞かれれば

 

そういうことです。

もう完全に逃げ切りに入ってきましたね。

いつもの詐欺業者のパターンです。

詐欺業者って毎回このパターン

詐欺業者の常とう手段なのですが

発覚当初は丁寧な対応。

投資家のお金が返ってくるように見せかける。

そしてお抱えのブロガーやインフルエンサーにお金が返ってくると嘘の情報発信をさせる。

この3つのコンボは見慣れた光景。(みんなのクレジット、maneo)

初めて騙された投資家はこのパターンに大抵引っかかってしまいます。

一番かわいそうな被害者パターンはブログ経由で口座開設をして投資。そして訴訟機会を逃した。

アフィリエイトブログのリンクを踏んで、口座開設を行い投資をした。

その結果アフィブロガーにお金が入る。

その後事件が発覚。

ここで弁護士に相談するor信じて待つ。

という選択肢がでてくるのですが、信じて待つを選択し他場合は最悪のケース。

今になってようやく多くの投資家が騙されていたことに気が付いたのですが、もうすでに取り返すのはかなり厳しい戦いになっています。

というのも詐欺師との戦いは時間との闘い。

不正が発覚した時点で動かないとお金はどこかに隠されてしまいます。

だからこそ一刻も早く弁護士経由で仮差押えをすべきなのですが、それを怠った以上もうお金がどこに行ってしまったのかわからない。

そのためお金を取り戻すのは相当難しい戦いになる。

ということです。

非訴訟組で100万以下の投資なら忘れてしまうという選択肢も十分あり

私も投資家なので損したこともあります。100万程度の下落(含み損)なども十分あります。

しかしこうやってピンピン生き残っています笑

騙されて死ぬほど腹が立つ気持ち&自分自身を情けなく思ってしまう気持ち。

それは痛いほどわかります。

ただこれはあくまでお金です。

ただちに生活に困るというレベルでなければ本件をすっきり忘れてしまい、他の投資で取り返す。という方が生産性も高いため非常におすすめ。

あくまで投資で損をだけなので、特に人間性が劣っていたなどということでは決してありません。真に恥ずべきなのは不正を行ったトラストレンディング関係者です。

 

ですので忘れてしまうというのも有効な選択肢の一つでしょう。

また高額投資家&非訴訟組でトラストレンディング訴訟を行っている方を紹介してほしければ連絡ください。

トラストレンディング擁護ブロガーはいつ自身が多くの投資家に迷惑だったと認めるのか?

個人的に爆笑しちゃったんですけど、あれだけ多くあった擁護記事加筆しながら消しましたね。

本当は自らがスポークスマンとしてトラストレンディングに利用されたことに気が付いているのでしょうが、肥大化したプライド(カリスマ投資家笑)が許さないのでしょう。

ただ私もトラストレンディング被害者もあなたにしつこく連絡を分断されようと動かれ、ひたすらトラストレンディングの時間稼がれたことは忘れていません。

(だからインタビューも含めて虚偽だと何度申し上げれば自覚するのか!?2021年の2月ですら、まだ自身が利用され、多くの投資家に対して迷惑をかけた。これになぜ気が付かない!?)

なんども申し上げていますが、本件についてこれ以上触れたいのであれば

被害者&訴訟された方とオンラインで座談会を開いてあげますので、そこでご自身を客観視されてはいかがでしょうか?

はっきり言います。ほぼすべてのトラストレンディング投資家はあなたの姿勢を非常に苦々しく思っています。迷惑です。グリフラもみんクレもトラストレンディングもあなたのフェイクニュースで多くの投資家が苦しんでいます。

自覚してください。

普通の人間ならY氏を刑事告訴しなかった時点ですべてを察します。

なんども申し上げますがまた的外れの反論や擁護記事を書く前に、訴訟組とのオンライン座談会をさせてください。

 

トラストレンディングの損害はいまだ確定せず!さっさと損害を確定させ、訴訟や税金の相殺をさせてほしい。

税金の相殺をすることができないのか?というのを投資家の方が税務署に確認しに行ったのですが、損失が確定するまで税金の相殺はできないとのこと。

誰がどう見てもお金が返ってこない。

にもかかわらず相殺できない。

これ本当に生殺し。

やはり詐欺業者には絶対近づかないことを心がけるべきでしょう。

と暗いニュースはここまでにして他の今週のソーシャルレンディングニュースについて記事にしていきたいと思います。

硬いファンドを組成することで有名なbankersから最大30万円がキャッシュバックを行うことを発表されました。

f:id:socialen:20210218194516p:plain

 

投資総額Amazon ギフト券
300,000円~1,000円分
500,000円~2,000円分
1,000,000円~5,000円分
2,000,000円~40,000円分
3,000,000円~70,000円分
5,000,000円~100,000円分
6,000,000円~130,000円分
7,000,000円~160,000円分
10,000,000円~300,000円分

最大30万とかすごすぎるでしょうw

bankersから3月に総額三億円の新規募集が発表されました。

bankersから新ファンドの募集!総額三億円!

ちょっとbankersさんに言いたいんですけど、

これ最初から画像で公式サイトに張ってくれないですかね?画像であればわざわざ私がトリミングする必要がない。

またこういった細やかな点が完璧なのはrimple。

優良業者だからこそこの惜しい!って思う感じがもったいなく感じてしまいます。

  • Bankersのご利用には、事前の会員登録が必要です。登録完了まで1週間前後かかりますのでお早目の会員登録をお願い申し上げます。
  • 募集予定ファンドの情報は随時更新されます。
  • 上記予定は現時点で検討中の内容を参考情報として提供するもので、今後変更される可能性がございます。
  • 現時点で投資の申込みはできません。また本資料により当社が勧誘を行うものではありません。
  • 募集内容が確定した場合は、契約締結前交付書面とともに募集ページを改めて開示します。それらの内容をよく検討したうえでの投資判断をお願い致します。
  • ※ 融資先信用力は経営基盤・業況・財務状況・外部評価機関格付、担保・保証は保全状況および担保処分性に基づき、当社評点を算出しております。

太字は私がつけました。

登録まで一週間ほどかかるので新ファンドが登場する前に登録をしておくのがベターな選択といえるでしょう。

で情報からわかるのは手形割引ファンドが3月に3ファンド登場する。

商業手形ファンドになるのか医療ファンドになるのか?というのは今現在はわかりません。

 

が、こんだけキャンペーンをするのであれば最強の医療ファンドで勝負をかけてくるでしょう。

ここまで言って読みが外れたら恥ずかしいですが(笑)

ただまあ出てきますよ。

でなければこんだけ大盤振る舞いキャンペーンをしている意味がない。

 

率直にいえば優良業者の初期のボーナスファンドにコンスタントに投資をするのが一番投資効率がいいです。(業者が出てくるタイミングもあるため実際それのみするのは不可能ですが。)だからこそバンカーズの初期ファンド&キャンペーンファンドが大量に出てくるこの時期に投資をすべきでしょう。

 

では次に復習になってしまいますが、bankersのキャンペーンとなぜ安全性が高いのか?ということについて復習したいと思います。

国が保証する医療費債権ファンド!安全性では群を抜いている&キャンペーンが強力すぎる!

今現在キャンペーンが行われているbankersの医療系ファンドが圧倒的に優秀。

当ブログでは以前からbankersのファンドに投資成功!これはメインの投資先にしてもいいソーシャルレンディング業者!とりあげていたように大規模キャンペーンを行っています。

こちらは投資家向けキャンペーンなのですが、その一方でメディアに対しても同様に大規模キャンペーンを行っております。

キャンペーンを行うためには当然お金を支払わなければなりません。

じゃあそのお金はどこから出ているのか?ってはなしなんですけど

  1. 詐欺目的であり投資家をはめれば問題がないと思い先に金を配っている(みんなのクレジット、ラッキーバンク。)
  2. VCからお金をひっぱてキャンペーンを行っている。
  3. 上場企業の宣伝目的でソシャレン、クラファンを行っている。

投資家として一番ありがたいのは3のケース。

このケースでの有名どころは

ジョイントアルファ!(jointα)の評判は?元本割れの危険は?評価はどう?キャンペーン解説!

ここですね。笑 Jointoα(ジョイントアルファ)。

 

でbankersはVCから出資をうけてお金を配っているケースなので2になります。

下記がbankersに出資しているベンチャーキャピタルの一覧になります。

 

株主マルタスインベストメント1号投資事業有限責任組合
マルタスインベストメント2号投資事業有限責任組合
CA Startups Internet Fund 2号投資事業有限責任組合
インキュベイトファンド4号投資事業有限責任組合
中西 勝也

マルタスインベストメントの出資も受けている。

もうこの資本が入っている時点でVCから優秀だと認められたようなもの。(株主構成すぐれすぎわろた。)

でここからの出資金を広告宣伝費として使っているのがbankersの現状。

 

知名度の向上のために採算度外視(というか赤字)で行っているのがbankersの現状でしょう。

以下が公式サイトとなり、無料で口座開設可能です。

bankers公式サイト

前回の商業ファンドの優秀だったけど

前回即完売した商業ファンドも優秀でした。

詳しい内容はbankers新ファンドは隙がなく完璧!最大利回り6.5%!超好条件!理由徹底解説!投資家必見!

上記記事をご参照ください。

前回ファンドはキャンペーンの対象。

ただここからは私の読みなんですけど、

次回は医療系ファンド×キャンペーン=ボーナスファンドを組成するんじゃない?

 

というのもこれだけ赤字覚悟でキャンペーンを行っているわけですからね。

であれば仕組みが難しい商業手形ファンドではなく

仕組みがわかりやすい医療系ファンド×キャンペーンで訴求した方が、広告としてはよほど合理的

あくまで私の読みなのですが、これだけお金をばらまいているという点から予想するとそれなりにあり得るシナリオなんじゃないのか?と思っています。

bankers公式サイト

では次にすでに2回募集されている医療系ファンドについて解説したいと思います。

第二回ファンドは社会貢献&債券担保の安全性大!キャンペーンと組み合わせれば、バンカーズファンドは買いでしょう!

バンカーズ地域医療機関支援・商業手形ファンド第1号のスキーム図

借手は2001年の創業以来、金融事業を通じて主に関東圏の中小企業や医療機関のサポートを行っている企業であり、今回の融資金は借手が医療機関に対して診療・介護報酬債権担保融資を行うための事業資金に充当されます。なお、本融資の返済原資は借手の自己資金となります

バンカーズより

本ファンドのスキームを簡単に説明するのは難しいのですが(トライしてみますw)

  1. 病院や住宅型有料老人ホームの運営、訪問介護事業に対する事業資金融資
  2. 資金繰りが苦しいため、融資が必要
  3. 担保は診療・介護報酬債権の譲渡担保
  4. 保証は個人による連帯保証。

要はファクタリングですね。以前の記事でファクタリングについて詳しい解説をしていますので、コロナウイルス中小企業&個人事業主支援、資金繰りサポート情報まとめ。国、銀行の資金援助&融資情報気になる方はこちらを参考にしてください。

ファクタリングというのは簡単にご説明すると

ファクタリング とは、他人が有する売掛債権を買い取って、その債権の回収を行う金融サービスを指す。

つまり3か月後にお金が入ってくるよ~。でも今月の支払いが間に合わない。どうしよう!?

という時に、その売り掛け債権を業者に買い渡します。

売った側はその急場の資金を確保でき、反対に買った側は安く債権を手に入れられます。

つまり

  1. 100万円の債権があったとして
  2. 売主は90万でいいから買ってくれ。買主は90万で購入。
  3. 売主は急場資金90万を手に入れられ、買主は期日がくれば100万円ゲットできる!

こういった仕組みになっています。

課題となるのは債権が回収できるかどうか?

そしたら売主めっちゃ得やんけ!って思われるかもしれませんが、売掛債権が回収できなければ意味がありません。

ですのでファクタリングにおいては回収の見込みが低ければ債権は買いたたかれますし、見込みが高ければ額面に近い金額で買ってもらえます。

では今回のバンカーズのファンドはどうなのでしょうか?

診療・介護報酬債権の譲渡担保

つまりこれは国が支払わなければならない債権担保になっています。

バンカーズ地域医療機関支援・商業手形ファンド第1号のリスク分析

当然担保リスクは最低です。当たり前ですね。)

事業者は不採算の介護部門も売却するとのこと。

ファクタリングを使うくらいですから、多少資金繰りに困っていますが、不採算部門の売却。

そして万が一があったとしても、保険料の売掛債権を担保にしている時点でとりっぱぐれは考えられない。

リスクが最低なのも納得です。

バンカーズのこのファンドマジでよくない?

というのが私の感想。

で3月末まではキャンペーンが行われています。

 

f:id:socialen:20210218194516p:plain

 

投資総額Amazon ギフト券
300,000円~1,000円分
500,000円~2,000円分
1,000,000円~5,000円分
2,000,000円~40,000円分
3,000,000円~70,000円分
5,000,000円~100,000円分
6,000,000円~130,000円分
7,000,000円~160,000円分
10,000,000円~300,000円分

最大30万とかすごすぎるでしょうw

200万以上で2パーセントのキャッシュバック(ここら辺が個人投資家の限界だとおもいます。)、で1000万で3%のキャッシュバック!

 

なぜこれほどの好条件キャンペーンを行えるのか?

  1. 前述のVCからお金を引っ張ってきているため、大規模キャンペーンが行える。(VCから出資されている業者の強みです。)
  2. サービス開始したばかりで、知名度低い。そのため知名度向上のためにキャンペーンを行っている。

というのが今からしばらく好条件のキャンペーンが行える理由。

まあ冷静に考えれば、このキャンペーンを逃すという手は投資家としてあり得ません。

エニートの結論としてはbankersはランクSSSでおすすめの優良業者と断言できます。

(で実際に3月手形ファンドが出てくることが発表されました。)

キャンペーンは2021年3月31日まで。この間に何件か新ファンドが出てきますが、今までの傾向から考えれば、今回のファンドや前回のファンドと同様レベルの安全性の高いファンドが出てくることが予想されます。(その都度記事にしようと思います。)

<追記>

予想通りでしたね。きっちり優良ファンドを用意してくることは間違いないでしょう。

 

f:id:socialen:20210218194516p:plain

下記がbankers公式サイトとなり、無料で口座開設可能です。(おそらく医療系債権担保ファンドが出てくると思うで、私はそれに投資をしようと思います。)

bankers公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント