ビットコインが500万越えで最高値更新!テスラ社15億ドル購入!1000万も視野に入ってきた!

暗号通貨

はいどうもソーシャルレンディングの通知簿を運営するエニートです。

ビットコインすごいですね!500万超えました!

年内に1000万円を超えるという試算もあり、どれだけ上がっているのか楽しみです。

テスラ社がビットコインを購入!15億ドル購入でビットコイン爆上がり!

将来はビットコインでテスラ車が購入できるようになるとのこと。楽しみですね。

ただもうビットコインが上がっているというか市場にお金が余っているため、そのお金がビットコインにながれているのかわからない状況になってきましたが笑

 

ビットコインの価格が急騰し、最高値を更新した=ロイター

【ニューヨーク=後藤達也】暗号資産(仮想通貨)ビットコインの価格が8日、急上昇した。一時は4万4800ドル(約470万円)程度と前日より15%近く上昇し、史上最高値を付けた。電気自動車(EV)大手のテスラがビットコインを15億ドル(約1600億円)購入したと明らかにし、他の仮想通貨や関連株も軒並み急上昇した。

テスラは米時間8日朝、米証券取引委員会(SEC)に提出した資料でビットコイン投資を明らかにした。当面の運転資金に必要としない現金の運用先について「多様化し収益を高めるよう投資方針を改めた」と説明する。地金や金に連動する上場投資信託(ETF)も投資対象とする。テスラ製品の購入も近くビットコインで支払えるようにする。

テスラの公表が伝わると、ビットコインは20分ほどで10%ほど急上昇した。時価総額は8000億ドルを超え、テスラ株の時価総額を一時上回る場面もあった。昨年末比の上昇率は5割近くに達する。

イーサリアムやリップルといった他の仮想通貨にも価格急上昇が波及した。1月下旬から投機色の強まっているドージコインも一段高となった。米国株市場では、すでに仮想通貨に投資しているソフトウエアのマイクロストラテジーが29%高と急上昇した。オンライン決済のスクエアが8%高で、仮想通貨による支払いサービスの計画を表明しているペイパル・ホールディングスは5%高となった。テスラ株は1%高だった。

テスラは2020年に株価が急騰し、個人投資家の関心も高い。市場では「テスラがビットコインに追加投資したり、他の企業が追随したりする可能性もある」(個人投資家)との見方もある。ただ、テスラは成長投資のために20年に100億ドル以上の資金を調達しており、値動きの激しいビットコインを現金代わりに保有することは株主などの間で議論を呼ぶ可能性もある。

ニュースをまとめてしまうと

  1. 前日比15%以上の伸びをみせ、1BTC=500万円を記録した。
  2. テスラの時価総額=ビットコインの時価総額
  3. ビットコインを購入するのは株主の間で議論を呼ぶだろう。

我々にとって、2、3についてはどうでもいい話であり、1BTC=500万円というマイルストーンを突破したというのが重要です。

ただ今後もBTCは伸びていくことが期待されており、我々投資家はポートフォリオにBTCを入れることが正解でしょう。

ビットコインが今後も上がる理由は!?

ビットコインがなぜ2021年に現在の500万程度から28年に1億になると予想されている理由としては

  1. ビットコインを採掘するためには、スーパーコンピューターを使用する。
  2. その採掘するためには非常に高額な電気代がかかる。
  3. 原油の採掘コスト、金の採掘コストのように電気代がビットコインの採掘コストであり、そこが下限となる可能性が非常に高い。
  4. ビットコインは定期的に半減期を迎える。この半減期というのは採掘できるビットコインが半分になる時期。
  5. とれるビットコインが半減する=かかる電気代のコストが倍になるのと同じ。
  6. 電気代、採掘機、人件費は長期で見ればインフレする。
  7. paypalなどを筆頭に米国有名企業が次々とビットコインに対する投資を始めている。
  8. ビットコインという商品に対して、機関投資家や大企業が注力するというメリット。
  9. paypalでビットコイン決済が可能。
  10. 新興国(アルゼンチン)では通貨がデフォルトしている。通貨をドルや金に変えたいが、35パーセントのタックスがかけられるようになった。そのため新興国の富裕層はビットコインに変えている。
  11. 法定通貨に対するインフレヘッジとして投資家はビットコインに投資をしている。

上記が太郎氏のビットコインへの評価になります。

私もそれに対しておおむね同意。

ただしビットコインの動きは非常に大きいため、大金を投入するのではなく、資産の2パーセント程度を入れるのがお勧めです。

そしてビットコインを買うのであれば一番いいのはbitFlyer

100円から投資が可能ですし、
アカウント作成手数料
アカウント維持手数料
販売所全通貨売買手数料
ビットコイン FX 取引手数料
住信SBIネット銀行からの日本円入金手数料

入金手数料が無料ということを考えれば一番お得に使えますね。

bitFlyer公式サイト

もう一つのおすすめコインはENJ

 

マイクロソフトの提供する大人気ゲーム『Minecraft』をはじめとする35種類**のゲームとNFTの発行において連携しており、今後連携するゲームタイトルが増加することにより、Enjin Coinの利用増加や価値向上が期待できる。

ゲームで使うコインというのは聞いたことがなかった&巣篭り需要でゲームは非常に好調ですから今後の価値も上昇が期待できます。

こちらは少し持っておくのがベスト。

取り扱うのが現状コインチェックのみですので、コインチェックの口座開設はマストですね。

またビットコインの話に戻ってしまい恐縮ですが、コインチェックはビットコイン積立投資というのをやっており、ドルコスト平均法で出資することが可能です。

ドルコスト平均法の詳しい解説は下記からどうぞ。

ドルコスト平均法とは、価格が変動する金融商品を常に一定の金額で、かつ時間を分散して定期的に買い続ける手法です。この手法で金融商品を購入し続けた場合、価格が低いときの購入量は多くなり、価格が高いときの購入量は少なくなります。

具体的にドルコスト平均法で、ある金融商品を毎月2万円ずつ10回購入し続けた例をご覧ください。

毎月2万円ずつ買い、以下のような値動きをした場合 投資原本:20万円、総購入口数:36.4口、評価額:21万8,400円


価格が下がっても投資元本200,000円に対して、評価額218,400円と18,400円のプラスになっており、ドルコスト平均法によって長期的に価格変動リスクを低減することに成功しています。

ドルコスト平均法とは?

こうやって定期買い付けをすることによって取得単価を標準化するやり方です。

これができる積立ビットコイン買い付けが行える点がコインチェック
の強みでしょう。

要は安くビットコインのみ買い付けたいのであればビットフライヤー

積立投資や新しく出るゲームコイン(これは私は購入予定)がほしければコインチェック。

投資方針でどちらかに口座開設をきめるのが正解です。私はビットコインとENJを今年は保有数を増やしていく予定。

今年もみんなでお金を増やしていきましょ~!

以下公式サイトより無料で口座開設可能です。

bitFlyer公式サイト

コインチェック公式サイト

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント