maneo

maneo

maneoマーケットはガイアファンディング訴訟でお金を取り返す姿勢も現実的に困難!今後どうなる?

ガイアファンディングに対する訴訟でマネオマーケットは投資家資金を取り戻そうとする姿勢。ガイアファンディングのケルビンチウ氏は残金があることを認めるも、遅延損害金は否定。代表者連帯保証についてはノンリコースローンを基に否定。勝訴しても現実問題としてどのように金銭を取り戻すかは不明瞭で投資家の元本割れは間違いない状況。
maneo

速報!maneoの兵庫県宝塚ファンドでは説明の通り元金の一部及び遅延損害金を受領!一歩前進か!

maneoの兵庫県宝塚ファンドでは以前からアナウンスがあった通り、元金の一部と遅延損害金(合わせて約5900万)の受領があった。maneo自身投資家に虚偽の説明を繰り返していた過去があったが、今回は正確であった。Jトラストのパルティール債権回収株式会社と提携したことにより、国内ファンドの回収は良い方向に向かうだろう。
maneo

maneo遅延案件はパティール債権回収会社になって動き始めた!ただガイアファンディングは難しいのでは

maneoの国内の遅延案件についてはsamurai証券と関係するパルティール債権回収株式会社が回収に動き始めたことにより、問題解決がすすんできた印象を受ける。一方でガイアファンディングに関しては裁判所からの追加情報の提供を無視するなど、非協力的。アメリカからお金を取り返すことも困難で有り、ファンド債権の回収は難しい。
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディングおすすめ徹底比較!信頼業者のランキングと特徴は?利回りとリスク!投資実績付き!

ソーシャルレンディングおすすめ比較ランキング。リスクとメリット。業者毎におけるお勧めの投資方法。プロとソーシャルレンディング業者を徹底比較し、その信頼度毎にお勧めランキング客観的な評価基準で選定。利回り、元本回収率、投資難易度、運用手数料、ファンド毎のリスクなど各事業者について徹底解説し、不正をおこす業者は除外。
maneo

samurai(サムライ)の評判!おすすめor危険?ソーシャルレンディングsamurai証券徹底分析

SAMURAI(サムライ)の評判を徹底調査しおすすめできるファンドを徹底解説。証券会社が運営。上場企業の傘下。信託保全有り。サービサーへの売却も投資家の過半数以上の賛成が必要。貸し倒れがないという実績もあわせ、お勧めのソーシャルレンディング業者。業界最大手であったmaneoと提携。信頼できる業者で将来が楽しみと言える。
maneo

LCレンディングにとっては朗報!?普済堂1750円でLCホールディングの株取得を発表!ただし疑問も!

LCホールディングスの株を普済堂1750円で買い取ることが発表された。LCホールディングにとって朗報といえ、LCホールディング投資家またLCレンディングの中でも保証付きファンドに投資をしている方にとっては朗報といえるだろう。ただ600円程度で購入できる株を1750円で購入した理由が不明確。
maneo

maneo本体が全件期失で投資家元本全損はあり得るのか?maneoファミリーと合わせ50%貸倒れ?

マネオ本体のファンドが全件期限の利益の喪失となり、投資家の元本が大幅に返ってこない。ということは非常に考えずらい。というのもマネオ自体は事業の継続に意欲的で、他の詐欺を行った業者と異なる。ただマネオファミリーへの対応。虚偽説明。担保価値の査定力。どれも金融事業者としてはあり得ないので、決して投資をすべきでない。
Funds

maneoの今までの不正行為と虚偽説明一覧!投資家への誠実さは!?maneoファミリー投資は危険!

maneo(マネオ)本体でもマネオファミリーでの不正や虚偽説明が続いている。グリフラ問題では資金の不適切流用から始まり償還が停止している。マネオファミリーではリファイナンス基準の厳格化の結果、多くの業者で償還が止まった。そしてマネオ本体でも川崎ファンドでは担保価値の水増し。投資家は償還され次第出金するのが安全だろう。
maneo

maneo投資家は何故ここまで損害を被る?債権回収能力&やる気なし!<追追記>

maneo(マネオ)は手数料で儲けたいが為に、ファンドの担保価値の水増しを行います。川崎ファンドでは年利15%で貸し付けを実行。マネオファミリーや本体の遅延ファンドでは回収に動いていません。損害は投資家に被らせればよいという姿勢をマネオは貫いています。今現在最も信頼できない業者と言えます。投資のリスクが高すぎます。
maneo

maneo&maneoファミリーが大量期失はグリフラ問題以降なら予想できたのか?

グリーンインフラレンディングの問題発覚以降一度も誠実に対応していないマネオ&マネオマーケットは信頼すべきではなく、再投資すべきではなかった。金融の世界は信頼がすべてであると再確認することが投資家に求められる。
Advertisements