maneo

CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディングおすすめ比較信頼度ランキング!2019年!人気リスク危険性徹底解説!

ソーシャルレンディングおすすめ比較ランキング。リスクとメリット。業者毎におけるお勧めの投資方法。プロとソーシャルレンディング業者を徹底比較し、その信頼度毎にお勧めランキング客観的な評価基準で選定。利回り、元本回収率、投資難易度、運用手数料、ファンド毎のリスクなど各事業者について徹底解説し、不正をおこす業者は除外。
maneo

samurai証券の評判!デメリットも多い危険な業者なのか?リスク安全性徹底調査!maneoと提携!

ソーシャルレンディング業者のSAMURAI証券の評判を徹底調査。証券会社が運営している。上場企業の傘下。信託保全有り。サービサーへの売却も投資家の過半数以上の賛成が必要。貸し倒れがないという実績もあわせ、お勧めのソーシャルレンディング業者。maneoとの提携も発表され、今後はファンド数も増加。信頼できる業者
maneo

maneoの新取締役にも旧maneo役員=滝本社長の息のかかった人物あり!藤澤社長の手腕に期待!

maneoとJトラストパートナーズが業務提携をすることは朗報。ただしmaneoの役員にmaneo前社長の滝本氏の息がかかっている安達氏などが留任していることは投資家にとっては悪いニュースといえる。最高のシナリオとしてはmaneoと不良債権かしているファンドの回収と共に滝本派は退任してもらい、新しいmaneoとなること。
maneo

maneo川崎ファンド&maneoファミリーの不正ファンドの売却は絶望的だが一歩前進といえる!?

manjトラストの藤澤氏がmaneoマーケットの株式を取得し、藤澤氏の傘下。パルティール債権株式会社が債権回収を行う。回収可能性が全くないmaneo本体川崎ファンドや不正を起こしたmaneoファミリーファンドは粛々と切られる。確定申告で損益通算できる分投資家にとって一歩前進といえる。誠実な業者以外投資すべきではない。
maneo

LCレンディングにとっては朗報!?普済堂1750円でLCホールディングの株取得を発表!ただし疑問も!

LCホールディングスの株を普済堂1750円で買い取ることが発表された。LCホールディングにとって朗報といえ、LCホールディング投資家またLCレンディングの中でも保証付きファンドに投資をしている方にとっては朗報といえるだろう。ただ600円程度で購入できる株を1750円で購入した理由が不明確。
maneo

maneo本体が全件期失で投資家元本全損はあり得るのか?maneoファミリーと合わせ50%貸倒れ?

マネオ本体のファンドが全件期限の利益の喪失となり、投資家の元本が大幅に返ってこない。ということは非常に考えずらい。というのもマネオ自体は事業の継続に意欲的で、他の詐欺を行った業者と異なる。ただマネオファミリーへの対応。虚偽説明。担保価値の査定力。どれも金融事業者としてはあり得ないので、決して投資をすべきでない。
Funds

maneoの今までの不正行為と虚偽説明一覧!投資家への誠実さは!?maneoファミリー投資は危険!

maneo(マネオ)本体でもマネオファミリーでの不正や虚偽説明が続いている。グリフラ問題では資金の不適切流用から始まり償還が停止している。マネオファミリーではリファイナンス基準の厳格化の結果、多くの業者で償還が止まった。そしてマネオ本体でも川崎ファンドでは担保価値の水増し。投資家は償還され次第出金するのが安全だろう。
maneo

maneo投資家は何故ここまで損害を被る?債権回収能力&やる気なし!<追追記>

maneo(マネオ)は手数料で儲けたいが為に、ファンドの担保価値の水増しを行います。川崎ファンドでは年利15%で貸し付けを実行。マネオファミリーや本体の遅延ファンドでは回収に動いていません。損害は投資家に被らせればよいという姿勢をマネオは貫いています。今現在最も信頼できない業者と言えます。投資のリスクが高すぎます。
maneo

マネオファミリーはmaneo(マネオ)が債権を飛ばす為?グリフラファンドとマネオファンドは一緒!

maneoの急成長の裏に隠されていたのはリファイナンスとファンド(債権)飛ばし。マネオが自社で募集したファンドがうまくいかないことが解ると、他のマネオファミリーへ債権を飛ばしてました。グリーンインフラレンディングなどへ本体のファンドを飛ばし、デフォルトをおこしていないように見せかける。その事実が明るみに出ています。
Funds

maneo1200億円記念ファンドが債権譲渡になる重大理由!<再追記>

maneo(マネオ)の1200億円突破記念ファンドは売却間近と言われていたが、売却に失敗。債権譲渡で決着がつく可能性が非常に高い。マネオ自身はグリーンインフラ問題やマネオファミリーで信頼を失っており、金融庁を筆頭に公的機関から問題視されている。そのため銀行も融資をしたがらない。これが本件債権譲渡になるだろう理由と言える
Advertisements