CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディングおすすめ人気業者比較信頼度ランキング!2019年!徹底解説!投資実績付き!

信頼できるソーシャルレンディング比較ランキング。事業者リスクとメリット。その業者におけるお勧めの投資方法。不動産のプロや銀行員とともにソーシャルレンディング業者を徹底比較し、その信頼度毎にお勧めランキング客観的な評価基準で選定。利回り、元本回収率、投資難易度、運用手数料、ファンド毎のリスクなど各事業者について徹底解説。
Funds

maneo(マネオ)川崎ファンドは元本割れ決定的!20億遅延で今後どうなる?サービサーへ売却か!?

マネオ(maneo)で20億の大量の遅延が発生。川崎ファンドの担保価値はマネオがうたっていた業者買い取り価格と大きな乖離があり、売れて2億程度の川崎麻生区の山奥の土地。競売に失敗し、4億でも売れなかったため、抵当権順位者3位以下の全損は確定。Jトラストの藤田氏が株式取得。回収がほぼ不可能な本件はサービサーへ売却される。
maneo

maneoが倒産する可能性は大幅減!投資家にとっては朗報も川崎ファンドをどう処理する?その他ニュース

maenoが倒産するという最悪のシナリオは避けられる運びとなった。Jトラスト社の藤澤氏がmaneo前社長の滝本氏の株式を取得することを発表。maneoと提携しながら業務再建を図る。この倒産が避けられるのは投資家にとっては朗報。ただし川崎ファンドなど回収が厳しいファンドは投資家の元本の大幅毀損は避けられない。
maneo

maneoと提携する!?ソーシャルレンディング業者SAMURAIは怪しい!?徹底調査!<追記>

ソーシャルレンディング業者のSAMURAIで新規口座開設キャンペーンが発表された。SAMURAIは証券会社が運営している。上場企業の傘下。信託保全されており、サービサーへの売却も投資家の過半数以上の賛成が必要など独自のルールをかしている。また今まで貸し倒れがないという実績もあわせ、お勧めのソーシャルレンディング業者。
maneo

maneoのファンドは今後不正が多いファンドはサービサーへ売却で、回収できるファンドは回収になります

manjトラストの藤澤氏がmaneoマーケットの株式を取得し、藤澤氏の傘下に置かれることになった。パルティール債権株式会社が債権回収をになうことになる。maneo自身に債権回収能力はないため、投資家にとっては朗報と言えるが、回収可能性が全くないmaneo本体川崎ファンドやファミリーファンドは粛々と切られるだろう。
maneo

maneoがSAMURAI&Jpartnersと提携!maneoの期失ファンド一歩前進か!?速報!

maneoがSAMURAI&Jpartnersの傘下に置かれることが発表された。maneo滝本氏の株式をSAMURAIの藤澤が取得。Jトラストは債権回収のプロ集団であり、一向に進展しないmaneoの期失ファンドが進展する可能性が高い。回収可能性が高いファンドは取り返せる。また損失が確定すれば確定申告で取り戻し可能。
maneo

maneoとSBIソーシャルレンディングの明暗がはっきり分かれた理由!業界一位SBIが不動!<追記>

maneoとSBIソーシャルレンディングの明暗がはっきり分かれた理由は担保査定能力と債権回収能力の違い。マネオの川崎ファンドからわかるようにマネオには債権回収能力がなく、また二億程度の土地を一六億と評価。一方SBIソーシャルレンディングは不動産ファンドで遅延した場合でも、元本の90%を回収。不動産業にも力を入れていく。
ソーシャルレンディング

トラストレンディングに聞きたい最近の3つの疑義!客観的に判断しても意味がわからない。

トラストレンディングの投資家資金流用事件に関する直近の3つの疑問。まず何故資金流用をおこした山本氏を刑事告訴しないのか。定期的にグーグルの検索流入に引っかからないようにnoindexのタグを入れているのは何故か?住所を画像化して検索に引っかからないようにする理由は何故か?トラストレンディング投資家は告訴すべきか?
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディングで失敗大損を避け、安定して儲けるコツ!不正を起こす業者の見極め方は!?

ソーシャルレンディングで失敗や大損を避ける為には、一番必要なことは危険な業者に近づかないこと。危険な業者の特徴は社長が怪しい。異常な高利回りなどの特徴があります。逆に信頼できる業者としては、上場企業の傘下。証券会社が運営。大企業やVCが出資。不動産型CFである。危険な業者を避ければ、安定したインカムゲインを得られます。
fundinno

fundinnoは怪しい?危険でリスクは?信頼度とファンド!評判徹底調査!おすすめファンドはどれだ?

fundinno(ファンディーノ)はソーシャルレンディングではなく、株式型クラウドファンディング業者と呼ばれる。特徴としてはベンチャー企業の株式を取得でき、その株式を取得したベンチャー企業が上場すると莫大なリターンが得られる仕組みになっている。事業者として怪しい点はないが、ハイリスクハイリターンの投資先と言える。
Funds

maneo(マネオ)&マネオファミリーが倒産した場合投資家貸倒れ?監査法人も外れる!同意事項も異常!

ソーシャルレンディング最大手ながら不祥事が次々と発覚しているmaneo(マネオ)が倒産した場合、投資家のお金はどうなるのか?と聞かれると、ディポジット、運用中のファンド問わず、破産法の下、破産管財人の手に渡ります。そして一般債権者となり、他の債権者とお金を分け合う。非常にリスクが高い状態におかれることとなります。
Advertisements