CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディング比較!おすすめ人気信頼度ランキング!2019年!

信頼できるソーシャルレンディング比較ランキング。事業者リスクとメリット。その業者におけるお勧めの投資方法。不動産のプロや銀行員とともにソーシャルレンディング業者を徹底比較し、その信頼度毎にお勧めランキング客観的な評価基準で選定。利回り、元本回収率、投資難易度、運用手数料、ファンド毎のリスクなど各事業者について徹底解説。
ソーシャルレンディング

ユニコーンは危険でリスク高い?評判を徹底調査!オススメできる?危険で詐欺の可能性は?調査してみた!

新規にクラウドファンディング業界に参入してくるユニコーン(unicorn)。事業者自身も金融業界出身で信頼できる。投資家は未上場企業の株式に投資ができ、その企業が上場した場合IPOでの大きな売却益が期待できる。ファンドによってはエンジェル税制の対象で、所得税の減税のメリットが受けられるなど、期待大の業者が参入してきた
maneo

maneo投資家は何故ここまで損害を被る?債権回収能力&やる気なし!<追追記>

maneo(マネオ)は手数料で儲けたいが為に、ファンドの担保価値の水増しを行います。川崎ファンドでは年利15%で貸し付けを実行。マネオファミリーや本体の遅延ファンドでは回収に動いていません。損害は投資家に被らせればよいという姿勢をマネオは貫いています。今現在最も信頼できない業者と言えます。投資のリスクが高すぎます。
クラウドリース

<速報>クラウドリース返済計画!超長期返済&借り手は零細企業!

クラウドリースから返済計画が発表。地方のパチンコ屋で体力が無いのにもかかわらず、超長期返済計画。さらに3年目から月々100万円という率直言ってしまえば実現不可能な返済計画。クラウドリース自身全件期限の利益が喪失する3日前までファンドの募集をしており、一切信頼できない業者と言える。
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディング利回り別おすすめ業者ランキング!2019年徹底比較!

ソーシャルレンディング利回り別におすすめの業者をランキングした。前提条件として信頼できる業者であり、その信頼できるという客観的にエビデンスを持つ業者に限定。不正リスクが低い、優秀な業者のみピックアップした最近のランキング。
owners book

危険でリスクが高い不正を行うソーシャルレンディング業者の特徴!信頼できる業者の見極め方!

不正を起こすソーシャルレンディング業者の特徴は4点。ホームページが異常にシンプル。高利回り業者である。社長の過去が怪しい、または一切情報がない。ホームページ上に顔写真があがっていない。上記4点が不正を起こし、危険なソーシャルレンディング業者といえる。高利回り業者ではクラウドクレジットのみに投資をするのが正解
CREAL(クリアル)

crealから大型ファンド!キャッシュバックはあるか?実物不動産購入打ち合わせ!

crealから6月下旬と7月に大型ファンドが組成されることが発表された。creal自身の信頼性の高さ。それは不動産クラウドファンディング業者に分類されるのが大きな要因だ。また大型ファンド組成時はキャッシュバックキャンペーンを行うことが非常に多い。こういった機会を手に入れるのが、投資に求められる姿勢だろう。
未分類

ユニコーンとfundinnoの同意点と相違点!未上場企業に投資!株式投資型クラウドファンディグ!

株式投資型のクラウドファンディング業者fundinnoとユニコーンの同意点と相違点。同意点としては未上場企業の株を取得し、高値で売却をめざすし、それを投資家に還元するハイリスクハイリターン投資。相違点は最低投資金額や今までの実績。どちらも信頼できる業者だがキャンペーンがある分若干ユニコーンが有利と言えるだろう。
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディング安全でリスクが低い低利回りおすすめ業者ランキング!2019年!

ソーシャルレンディング業者安全な低利回り業者ランキングベスト3位。初心者投資家向け。不動産型クラウドファンディング業者であり、不特法の下に置かれる劣後出資者のcreal.。ownersbookは上場企業の傘下で、LTVが低い。FUNDsはノンリコースローンではなく、大企業のみに貸し付。客観的に見て安全性が高い業者3社。
maneo

キャッシュフローファイナンスの担保不正売却自白は関東財務局の指示ならあり得る。

キャッシュフローファイナンスで担保の無断売却。そしてその金銭を他のファンドの償還に充てるという重大な不正が発覚した。このような不正を自ら吐露するのは考えずらかったが、関東財務局or金融庁の指導があった結果、行ったと考えるのは十分あり得るシナリオだろう。
Advertisements