CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディングおすすめ徹底比較!信頼業者のランキングと特徴は?利回りとリスク!投資実績付き!

ソーシャルレンディングおすすめ比較ランキング。リスクとメリット。業者毎におけるお勧めの投資方法。プロとソーシャルレンディング業者を徹底比較し、その信頼度毎にお勧めランキング客観的な評価基準で選定。利回り、元本回収率、投資難易度、運用手数料、ファンド毎のリスクなど各事業者について徹底解説し、不正をおこす業者は除外。
maneo

速報!maneoの兵庫県宝塚ファンドでは説明の通り元金の一部及び遅延損害金を受領!一歩前進か!

maneoの兵庫県宝塚ファンドでは以前からアナウンスがあった通り、元金の一部と遅延損害金(合わせて約5900万)の受領があった。maneo自身投資家に虚偽の説明を繰り返していた過去があったが、今回は正確であった。Jトラストのパルティール債権回収株式会社と提携したことにより、国内ファンドの回収は良い方向に向かうだろう。
クラウドクレジット

クラウドクレジットのポートフォリオが見やすくなった!投資家キャンペーンは5千円キャッシュバック!

クラウドクレジットのポートフォリオが円グラフで表示されるようになり、投資家が投資ファンドなどの状況を確認しやすくなった。また今現在投資家キャンペーンが開催されており、最大5000円のキャシュバックが受けらる。(2.5%の還元率)海外ファンドのため、元々利回りが大きく、組み合わせ次第では年利10%越えも狙える。
CREAL(クリアル)

maneoとJトラスト子会社のパルティール債権株式会社と提携し2ヶ月&maneo滝本氏ブログ所感

maneoの遅延ファンドでも回収可能性が高いファンドはパルティール債権回収株式会社が動き始めてから、一気に解決に向かい始めた。一方担保価値と募集金額が大きく乖離している川崎ファンドの回収は不可能に近い。maneoは問題発覚以降、一向に伸展してこなかったがJトラスト社が関わり大きく状況は改善。maneo投資家には朗報
CREAL(クリアル)

crealから大型ファンド登場!FANTASfunding&jointα投資成功!不動産CFの時代!

crealから大型ファンドの発表。利回りが5%の加えて新規投資家は最大100万円までの2%のキャッシュバックが貰える。この結果本ファンドは利回り7%という破格のファンド。またcrealと同様の不動産クラウドファンディング業者であるFANTASfundingとジョイントαも人気ファンドを組成。時代は不動産CFがメイン。
CREAL(クリアル)

creal!最大2%のキャッシュバック!一周年記念キャンペーンは新規&既存投資家に破格の利回り!

crealからついに1周年記念のキャッシュバックキャンペーンについて発表された。新規投資家は2%、既存の投資家は1%のキャッシュバック。大型ファンドのためクリック合戦なしで投資ができるのが魅力。不動産クラウドファンディングで一番の人気業者。信頼性も高いため、投資初心者にもおすすめな業者といえる。
LENDEX

RIZINファンドは即完売のLENDEX!格闘技ファンドは期待大!不動産ファンドも増えて欲しい!

格闘技のRIZINと提携した、LENDEXの新ファンドは5000万円という高額にもかかわらず、わずか20秒程度で完売した。理由としては年利10%という高利回り。RIZINという知名度が非常に高いファンドというのが理由だろう。LENDEX自身も貸し付け先の匿名化解除を発表、高利回りの不動産ファンドを組成しており今後注目。
ジョイントアルファ

ジョイントアルファ(jointα)のクリック合戦に勝利!クリック合戦勝利するコツは何!?

ジョイントアルファのクリック合戦に勝利するコツ。人気の不動産クラウドファンディング業者。東証一部企業がバックについており、安定性抜群。またサーバーが弱い。そのため投資を行うためにはクリック合戦に勝利しなければならない。投資を行うためのクリック合戦に勝利するコツ&お勧めのファンド。クリック合戦に勝利した実績付き。
maneo

maneoの遅延債権回収がようやく動き始めた!が川崎ファンドやガイアファンドの回収は困難でしょう。

maneoの遅延ファンドの回収がjトラストの傘下であるパティール債権回収株式会社が間に入ったことにより、国内ファンドに関しては回収の見込みがでてきた。投資家にとって朗報と言える。ただし川崎ファンドなどの担保査定を正確におこなっていなかったファンドや、ガイアファンディングなどの管轄法がことなる海外ファンドの回収は困難。
OwnersBook

速報!OwnersBookから大型ファンドが登場!募集金額8億!クリック合戦なしで投資可能ですね♪

ソーシャルレンディング業者であるOwnersBookから新ファンドの募集が発表された。募集金額は8億の大型ファンドのため、クリック合戦せず投資することが可能。メリットは南青山という好立地とLTVの低さ。デメリットは借り手のリスクが大きい点。ただし抵当権順位1位で担保をとっており、担保評価額が大きいためリスクは限定的。
FANTAS funding

FANTAS fundingの投資上限が10万円!ジョイントαも投資上限をつけて欲しい!

FANTASfundingの次回ファンドは投資上限(10万円)付き。人気のあまりクリック合戦がおき、10秒程度で完売するファンドのため投資上限がつくことで多くの人が投資するチャンスが得られるだろう。一方ジョイントαは投資上限が500万のため、クリック合戦は熾烈を極める。どちらも人気不動産クラウドファンディング業者の為だ
Advertisements