samurai証券

samurai

SAMURAI fundから年利8%の日本保証の保証付きファンドが登場!評判はどう?おすすめできる?

samurai証券から日本保証の保証付きファンドが募集。samrurai自身は証券会社が運営。上場企業の傘下。信託保全有り。サービサーへの売却も投資家の過半数以上の賛成が必要。貸し倒れがないという実績もあわせ、お勧めのソーシャルレンディング業者。さくらソーシャルレンディングと提携しファンドを募集。更に日本保証付き!
samurai

SAMURAIがリニューアル!さくらソーシャルレンディングとの協業も正式発表!2020年は注目!

SAMURAIがリニューアルされる。ソーシャルレンディング業者であるSAMURAIはSAMURAI FUNDに名称を変更。預託金預かり制度の導入により、償還時口座ではなく預託金口座にお金が振り込まれる。(再投資の手間がかからない。)またさくらソーシャルレンディングとの協業も発表され、2020年注目の業者といえる。
samurai

祝!maneoファミリー無事卒業!さくらソーシャルレンディングが遅延なく全案件償還達成!

maneoファミリーであったさくらソーシャルレンディングが無事すべてのファンドの運用を終了した。3年間のサービスの間、一度も元本の毀損なくファンドの運営を続けた実績。特に他のmaneoファミリーの不祥事の結果、リファイナンスができなくなったのにもかかわらず、無事償還。samurai証券に移ったが人気の投資先となるだろう
maneo

maneoに債権回収費用はどうなるのか?と聞いた結果!投資家がもつのであれば納得はいかない。

maneoは債権回収能力が皆無であったため、1年以上債権回収が進まなかった。パルティール債権回収株式会社が介入してきた結果債権回収が進みつつあるが、その回収にかかった費用はmaneoもちになるのか?それとも投資家が持つのかが重要。直接問い合わせたが回答が得られず。今後どちらが債権回収費用を持つのか明言が求められる。
samurai

SAMURAIからJトラスト貸付ファンド!事前告知!口座開設キャンペーン!ソーシャルレンディング業者

ソーシャルレンディング業者であるSAMURAIから東証2部上場企業であるJトラスト社への貸付ファンドが発表。最終貸付先が万が一返せなくともJトラストが返済の義務を負うため、投資家にとって極めて安全性が高いファンド。またSAMURAIでは口座開設記念キャンペーンが行われており、口座開設で1000円分のギフト券がもらえる。
maneo

maneoがsamurai証券との協業を正式発表!パルティール債権株式会社は期待大!システム連携!

maneoからsamurai証券との協業が正式発表。samurai証券の関係会社であるパルティール債権回収株式会社が、債権回収を行っており、実際国内ファンドでは動きがあり。またシステムの連携を行い、今後はファンドを組成する。ガバナンス強化もSAMURAI証券が関わるのは朗報。新規口座開設キャンペーンも発表された。
maneo

maneoの遅延債権回収がようやく動き始めた!が川崎ファンドやガイアファンドの回収は困難でしょう。

maneoの遅延ファンドの回収がjトラストの傘下であるパティール債権回収株式会社が間に入ったことにより、国内ファンドに関しては回収の見込みがでてきた。投資家にとって朗報と言える。ただし川崎ファンドなどの担保査定を正確におこなっていなかったファンドや、ガイアファンディングなどの管轄法がことなる海外ファンドの回収は困難。
samurai

ソーシャルレンディングで海外ファンド投資!気をつけるべきポイントとリスク!おすすめの業者&ファンド!

ソーシャルレンディングで海外案件に投資!評判を調査。メリットデメリットとリスク。お勧めファンドについて利回りを含めて徹底解説!外貨建てであればその通貨が強いのか?(常に円高にならないか。)為替ヘッジ付きかどうか。償還実績はどうかなどを調査することが大切。投資にするにたる信頼性が高い海外ファンドについて徹底解説。
Funds

低利回りファンドが増えてきたソーシャルレンディング。利回り3%以上は欲しい。おすすめは?

ソーシャルレンディングでは高利回り至上主義が終焉し、低利回りでも安全性が高いファンドが主流となってきた。ただしfundsの利回り2%は低すぎるし、ownersbookの米国エクイティファンドは運用期間が長すぎる。jointαは利回り3.4%ながら上場企業が劣後出資しているなど信頼性という面で高く、低利回りでもおすすめ
maneo

samurai証券からJトラスト保証付きファンドが登場!?保証がついているとなぜ投資家は安全?

samurai証券からJトラストの保証付きファンドが募集。samrurai自身は証券会社が運営。上場企業の傘下。信託保全有り。サービサーへの売却も投資家の過半数以上の賛成が必要。貸し倒れがないという実績もあわせ、お勧めのソーシャルレンディング業者。jトラスト社は債権回収のプロであり、日本保証を傘下に置いている。
Advertisements