Funds

Funds

FUNDsの底地くん&GRANDUOファンドに投資家の人気が集まるのは当然

FUNDsの底地くん&GRANDUOファンドに投資家の人気が集まっている。今現在コロナウイルスの影響を考えれば投資家の安全性が高いファンドに人気が集まるのは当然だろう。特にサンセイランディックは東証一部上場の優良企業であり、わざわざソーシャルレンディングでお金を借りる必要がないが宣伝用にファンドを組成してる。
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディングおすすめ比較!人気業者ランキング!投資実績!評判口コミ!徹底調査!初心者必見

ソーシャルレンディングおすすめ比較ランキング。リスクとメリット。業者毎におけるお勧めの投資方法。プロとソーシャルレンディング業者を徹底比較し、その信頼度毎にお勧めランキング客観的な評価基準で選定。利回り、元本回収率、投資難易度、運用手数料、ファンド毎のリスクなど各事業者について徹底解説し、不正をおこす業者は除外。
Funds

maneo(マネオ)&マネオファミリーが倒産した場合投資家貸倒れ?外部調査報告より不正は明白!

ソーシャルレンディング最大手ながら不祥事が次々と発覚しているmaneo(マネオ)が倒産した場合、投資家資金はディポジット、運用中のファンド問わず、破産法の下、破産管財人が管理する。そして一般債権者となり、他の債権者とお金を分け合うため殆ど返済されず貸し倒れになる。私文書偽造疑惑が事実であれば倒産の可能性は十分ありうる
Funds

Funds(ファンズ)の評判!危険で怪しい?メリットデメリット徹底解説!投資初心者におすすめ!

FUNDsとはソーシャルレンディング業者のサービスの一つ。特徴としては上場企業にのみ貸付をおこない、貸付先リスクをとことん低減している。また各種VCから出資されており、豊富な資金を元手に各種キャンペーンを行っている。利回りは低めだが、倒産時の投資家リスクはソーシャルレンディングで一番低い。1月16日のWBSで放送。
Funds

みんなのクレジット事件!裁判延期!集団訴訟!信頼できる業者にのみ投資すべき!不正は明白!

みんなのクレジット詐欺事件では今enjinとアセットcafeの二つで訴訟が検討されている。enjinとアセットcafeともに勝機あり。ソーシャルレンディングのスキーム上非匿名契約で投資先を決めるため、どうしても不正を行う業者が出てきやすい。2020年の2月頃に判決が出る見込みで、白石氏の動向に注目すべきだろう。
Funds

クラウドリース破産決定!詐欺か!?集団訴訟!元本割れ&貸し倒れ!武谷社長の不正は明白!

クラウドリースで全ての案件で遅延。個別案件にもかかわらず全案件が遅延することは通常全く考えられず、詐欺行為であった可能性が非常に高い。また発覚から1年後も回収は進んでいない。集団訴訟もあり。破産申し立てがmaneoマーケットから行われており、投資家の参加も求められている。元本割れ&貸し倒れの可能性が非常に高く危険。
FANTAS funding

ソーシャルレンディングやばい&危ない業者と実績がある安全な業者の見分け方!危険で大損業者は避けろ!

ソーシャルレンディングの危なくてやばい業者の特徴と、高利回りながら信頼できるソーシャルレンディング業者の違い。 信頼できる業者は上場企業から支援をうけ、IPO間違いなしになっている為、高利回りファンドやキャッシュバックキャンペーンが行える。一方独立系は予算がないため、異常な高利回りなどは詐欺目的といえる。
Funds

fundsの貸付先のKudanの株価が10分の1に!コロナウイルスで株価は全体的に軟調です。

fundsの貸付先であるkudan社の株価が10分の1になった。コロナウイルスの影響があるとはいえ株価10分の一になってしまえば、元本割れを心配する投資家も多く出てきている。ただし決算状況も良好であり、株価低迷は一時的なものである。とはいえ安全性を重視するのであれば東証一部上場企業ファンドに投資をすべきだろう。
Funds

fundsの2%の利回りファンドすら大人気。貸付先の財務状況は?クラウドクレジットは無条件で3%。

ソーシャルレンディング業者のFUNDsのファンドが年利2%でファンドを組成したが大人気で即完売。ただし分離課税の雑所得で年利2%。そのうえ貸付先は営業キャッシュフローが赤字であるためおすすめの投資先とは言いづらい。一方クラウドクレジットは新規投資家にキャッシュバックをおこなっている。今回はクラウドクレジットのがおすすめ
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディング低利回りおすすめ業者!2020年!安全性を重視するなら投資家向け!

ソーシャルレンディング業者安全な低利回り業者。初心者投資家向け。不動産型クラウドファンディング業者であり、不特法の下に置かれる劣後出資者のcreal.。ownersbookは上場企業の傘下で、LTVが低い。FUNDsはノンリコースローンではなく、大企業のみに貸し付。客観的に見て安全性が高い業者のみ徹底解説。
スポンサーリンク