ソーシャルレンディング

maneo

maneoファミリーのガイアファンディング訴訟で破産申し立ては無意味!貸し倒れで元本割れ?

ガイアファンディングに対する訴訟でマネオマーケットは投資家資金を取り戻そうとする姿勢。ガイアファンディングのケルビンチウ氏は残金があることを認めるも、遅延損害金は否定。代表者連帯保証についてはノンリコースローンを基に否定。勝訴しても現実問題としてどのように金銭を取り戻すかは不明瞭で投資家の元本割れは間違いない状況。
クラウドリアルティ

クラウドリアルティに倒産時はどうなる?気になる質問をぶつけてみた!ソーシャルレンディングと異なる!

クラウドリアルティは資産の分別管理を行っているが、倒産時は倒産隔離をおこなっているわけではないため、少なからず投資家資金に影響をうける。エクイティ型に近いがソーシャルレンディングではなく、不動産クラウドファンディングに近く、貸付金利の上限を受けない。VCが出資していることからも不正は考えられず、おすすめの業者。
クラウドリース

クラウドリースに破産申立!集団訴訟すべき?元本割れ&貸し倒れ決定的!個別案件全件遅延は異常で危ない!

クラウドリースで全ての案件で遅延。個別案件にもかかわらず全案件が遅延することは通常全く考えられず、詐欺行為であった可能性が非常に高い。また発覚から1年後も回収は進んでいない。集団訴訟もあり。破産申し立てがmaneoマーケットから行われており、投資家の参加も求められている。元本割れ&貸し倒れの可能性が非常に高く危険。
maneo

maneo(マネオ)の担保で投資家が大損する理由!川崎、沖縄で担保査定せず!元本割れは決定的!

maneoの川崎&沖縄ファンドはmaneoの担保査定と実際の担保価値が大きく異なっており、投資家の元本割れは免れない。川崎ファンドは市街化調整区域、沖縄ファンドは周辺木々の伐採すらできない劣悪な環境。原因はすべて積算価格の路線価をmaneo自身が調査をしておらず、公示地価をもちいてしまったこと。重過失と言わざるを得ない
samurai

SAMURAI fund日本保証ファンドは超おすすめ!安全性はソーシャルレンディング屈指のファンド!

samurai証券から日本保証の保証付きファンドが募集。samrurai自身は証券会社が運営。上場企業の傘下。信託保全有り。サービサーへの売却も投資家の過半数以上の賛成が必要。貸し倒れがないという実績もあわせ、お勧めのソーシャルレンディング業者。さくらソーシャルレンディングと提携しファンドを募集。更に日本保証付き!
maneo

maneoの沖縄石垣ファンドの担保査定がひどすぎる理由!元本割れは決定的!競売でも売れないのでは?

maneoの沖縄石垣ファンドは競売にかけられることになった。が競売金額は大幅に貸付金額を下回る。競売物件は森林計画の対象であり周辺木々を許可なく切れず、下水道すら完備されていない。担保を調査せず、公示価格に基づく積算価格で評価したのが原因。無論担保価値を正確に評価するのはmaneoの義務であり、その責任は重いといえる。
クラウドクレジット

クラウドクレジットからファンドパッケージが登場!どういった方向けなのか解説!

クラウドクレジットからファンドパッケージが登場した。パッケージファンドのメリットとしてはクラウドクレジット杉山社長が主張されていた通り全てのファンドに全張りが一つのファンドの購入で達成できること。これによりリスク低減を行いつつ、クラウドクレジットの平均利回りが達成できるという投資初心者向けのファンドが出てきたといえる。
LENDEX

LENDEX(レンデックス)の評判!怪しい危険な高利回り業者?投資家登録急増!徹底比較し解説!

LENDEXの評判徹底調査!おすすめできる高利回りソーシャルレンディング?危険で怪しいのか?通常年利13%はあり得えないが、短期売買のつなぎ融資ならある。LENDEXファンドは全件東急リバブルの査定あり。ファンドの担保評価額は正確。不正を起こす可能性はない。高利回りのなかでも屈指のおすすめのソーシャルレンディング業者
maneo

maneoファミリー遅延業者トラブルまとめ。投資家資金が回収できそうなのは?原因は何?危険な業者!

マネオ&マネオファミリーで遅延している業者のまとめ。maneoファミリーの中でも投資家資金の回収が絶望的なのは、ガイアファンディングとクラウドリース。CFFも回収は厳しく、maneo本体でも川崎ファンドや沖縄ファンドはほとんど回収できないだろう。原因はmaneoがファミリー&貸し付け先について調査しなかったこと。
ソーシャルレンディング

トラストレンディング全案件期失への所感!投資家はどうすべきか!債権譲渡今後どうなる?貸し倒れでは?

トラストレンディングの金融免許が取消。今後は新規登録は募集せず、投資家への返済にのみにつとめる。ただ15億8千万という金額は既に取締役の口座に流れており、回収は非常に困難を極める。そしてトラストレンディング自身が詐欺に荷担している可能性大。集団訴訟も事業者自身もお金がないため、回収は極めて困難。監視する必要が大。
Advertisements