ソーシャルレンディング

SBIソーシャルレンディング

SBIソーシャルレンディングが高利回りがファンド連発!これに投資でいいのでは?

SBIソーシャルレンディング

ソーシャルレンディング業者も詐欺業者が減ってきた!それでも取捨選択は必要

ソーシャルレンディングは詐欺業者が減っては来ているが取捨選択は必要。それでもファンドごとの信頼性や雑所得ということを考えれば投資先を厳選することは重要だろう。
Rimple

シーラファンディングとRimpleからファンド募集開始のお知らせ!おすすめはどっち?

シーラファンディングとRimpleから新ファンドの募集が発表された。シーラファンディングの第四弾ファンドは年利5%。Rimpleは4.6%。ただしRimpleは秋葉原と好立地なのに加えて、東証一部上場企業が30パーセントの劣後出資者ということを考えれば、今回はRimpleがおすすめといえる。
ソーシャルレンディング

CREfundingのキャンペーンファンドが3秒で完売!人気すごすぎです。

CREfundingから厚木物流倉庫ファンドは3秒で完売。特徴としてCREとマスターリース契約を結んでおり、賃料が保証されていること。東証一部上場企業のCREの保証付きであることがあげられる。つまり投資家の安全性が非常に高い。年利も3%と悪くなく、キャンペーンで1%つくため投資初心者に屈指のおすすめのファンドといえる。
Funds

FUNDsの底地くん&GRANDUOファンドに投資家の人気が集まるのは当然

FUNDsの底地くん&GRANDUOファンドに投資家の人気が集まっている。今現在コロナウイルスの影響を考えれば投資家の安全性が高いファンドに人気が集まるのは当然だろう。特にサンセイランディックは東証一部上場の優良企業であり、わざわざソーシャルレンディングでお金を借りる必要がないが宣伝用にファンドを組成してる。
クラウドクレジット

クラウドクレジットの評判は?元本割れがある危険な業者?投資家からの評価!2年間の投資実績付き!

クラウドクレジットでお勧めできるファンドとお勧めできない危険なファンドの違い。クラウドクレジットはソーシャルレンディング業者のなかでも屈指の高利回り。その分ファンドによっては高リスク。各種VCが出資しており、信頼性は高い。一方でリスクが高い発展途上国ファンドリスクが高い。またお得なキャッシュバックキャンペーンも解説。
fundinno

fundinno(ファンディーノ)の評判!ギフト券プレゼント!仕組み実績口コミリターン徹底解説!

fundinno(ファンディーノ)の評判と危険性とリスクを徹底解説。特徴としてはベンチャー企業の株式を取得でき、その株式を取得したベンチャー企業が上場すると莫大なリターンが得られる仕組みになっている。事業者として怪しい点はないが、ハイリスクハイリターンの投資先。イグジットに成功したファンドは利回り50%越え。
お勧めファンド、お勧めしないファンドシリーズ

クラウドバンクの評判は?2年以上の運用実績!おすすめできる?元本割れがある怪しい業者なのか徹底解説!

クラウドバンクの太陽光発電ファンドで売電価格が32円以上あればお宝ファンド。風力発電よりも売電価格が高い。中小企業支援ファンドは保証が不明確。であればクラウドバンクの太陽光発電ファンドを中心に投資を勧めていくのがクラウドバンクの投資法。クラウドバンクは追加配当もあり。評判、メリットデメリットおすすめファンド徹底解説
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディングおすすめ比較!人気業者ランキング!投資実績!評判口コミ!徹底調査!初心者必見

ソーシャルレンディングおすすめ比較ランキング。リスクとメリット。業者毎におけるお勧めの投資方法。プロとソーシャルレンディング業者を徹底比較し、その信頼度毎にお勧めランキング客観的な評価基準で選定。利回り、元本回収率、投資難易度、運用手数料、ファンド毎のリスクなど各事業者について徹底解説し、不正をおこす業者は除外。
maneo

samurai(サムライ)の評判!ギフト券プレゼント!危険なクラウドファンディング業者?徹底解説!

SAMURAI(サムライ)の評判を徹底調査しおすすめできるファンドを徹底解説。証券会社が運営。上場企業の傘下。信託保全有り。サービサーへの売却も投資家の過半数以上の賛成が必要。貸し倒れがないという実績もあわせ、お勧めのソーシャルレンディング業者。業界最大手であったmaneoと提携。信頼できる業者で将来が楽しみと言える。
スポンサーリンク