動画で解説!詐欺や不正を行うソーシャルレンディング業者の見分け方!優良業者のみに投資をしよう!

ソーシャルレンディング

はいどうもソーシャルレンディングの通知簿を運営するエニートです。

今回は動画形式!詐欺や不正を行うソーシャルレンディング業者の特徴について動画で解説しました!

ソーシャルレンディングで詐欺や不正を行う業者の見分け方!おすすめの業者はどこだ?

下記は動画についてになります。

ソーシャルレンディングの詐欺や不正はどこに注目すれば見抜けるのか?

自己紹介

僕は会社員をやりつつ、副業でブログと資産運用をやっていて、毎月平均で100万円を稼いでおりその経験をもとに、初心者でもわかりやすい資産形成の仕方について、解説していく。

今回の動画を見るメリット

ソーシャルレンディングは投資をしてしまえばほったらかしでインカムゲインを待つだけという投資法だが、致命的な問題点がある
それは詐欺を行う業者に投資をしてしまうと元本のほとんどが返ってこないリスクがあること。
この動画をみることで、詐欺を行うソーシャルレンディング業者の特徴が分かり、危険な業者を避けることが可能になる

詐欺を行うソーシャルレンディング業者の特徴は以下の5点にまとめられる

社長のバックグラウンドが怪しいor情報がない
みんクレの社長はある意味業界屈指の悪評だった
ラッキーバンクのT社長は過去の情報が一切なかった
怪しいソーシャルレンディングの会社はこのように悪評or情報が一切ないのが特徴
逆にクラウドクレジットの社長杉山氏は東大卒→ロイズ銀行という金融畑のエリートコース

ホームページが異常にシンプル

ラッキーバンクもみんなのクレジットもこれってファンド毎違う募集?と思うくらい同じ画面の使いまわし
クラウドクレジットなど明らかにファンド毎に案件が違う募集ページです
こういった異常なシンプルさは怪しい会社の特徴

異常な高利回りが不正おこすソーシャルレンディング業者の特徴

後ほど高利回りながら信頼できるソーシャルレンディング業者の解説を行う。
グリフラは年利12%。みんなのクレジットは利回りは8%程度(それを程度と呼ぶのかはわかりませんが)異常なキャッシュバックキャンペーンを行っていた。
太陽光発電で年利12%はあり得ない。
ラッキーバンクも年利10%と都内の不動産担保ではありえない利回り。
高利回りは魅力も元本の毀損を起こしてしまえば意味がない。

社長が顔出しを異常に嫌がる

どこか後ろめたいのか社長が顔を隠す
ラッキーバンクのT社長もある時期から急にHP上の顔出しをやめた。
みんなのクレジットのS社長は評判が悪すぎて論外
トラストレンディングのM社長は一切顔出しをしていなかった。
また詐欺師の特徴としては小太りの人間が多い。

ブロガーやyoutubeでやたらとおすすめされる業者は危険な可能性が高い!

詐欺目的の業者は多くの投資家を集めるために多額の広告宣伝費が使えます。
ネット証券の口座開設のアフィリエイトリンクに比べてもその数倍~数十倍のアフィリエイトリンクのフィーが払える。
1~2万円程度の口座開設アフィリエイトリンクを払ったところで、投資家から数十万~数百万とれればまったく問題ありません。
異常なまでのキャッシュバックで有名。利回り計算したら15%を余裕で超えるみんなのクレジットや日本の不動産にもかかわらず年利10%を超えるラッキーバンク。

そのような詐欺業者に投資をするしない以前にソーシャルレンディングという投資をしなければいいのでは?という反論もあると思う。

日本では今後資産運用しなければ老後資産が確保できないという問題を抱えている以上、投資をせざるを得ない。
ソーシャルレンディングは株式のように価格が上下することがない。そのため信頼できる業者にさえ投資をすれば、安定したインカムゲインが得られる。

ソーシャルレンディング事業者をおすすめといった理由は下記6点で判断できる。

① コーポレートガバナンスやコンプライアンスが守られているか?
② 情報開示性はどうか?(情報の開示性は高いのか?)
③ 外部のVCが機能しているか?
④ 上場企業のサービスかどうか?
⑤ 証券会社が運営しているかどうか?
⑥ 匿名化解除に対応しているかどうか?

ファンドの信頼性は下記3点で判断する

1 ファンドに担保がついているかどうか?(不動産担保がついている。代表者連帯保証がついているなど。)
2 貸し付け先が明示されているか。(匿名化解除に対応している。or不動産クラウドファンディング業者)
3 償還実績(運用期間がおわり、無事に投資家に元本&分配金を支払うことです。)があるかどうか。

再度になりますが要点は動画にまとめてあります。

ソーシャルレンディングで詐欺や不正を行う業者の見分け方!おすすめの業者はどこだ?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント