LENDEX!医科・歯科業への融資を行政から認められる!信頼性向上&第一弾ファンドは歯医者貸し付け!

LENDEX

はいどうもソーシャルレンディングの通知簿を運営するエニートです。

今回はLENDEXから歯医者のファンドがでてきたことについて話していきたいともいます。

Contents

LENDEX貸付先業種の追加が行政から認められ、医科・歯科業への融資を取り扱つかえることに!

コロナウイルスの影響で暗いニュースが多い経済状況ですが、LENDEXから行政の許可が下り、医療や歯医者業への融資が認められた。という報告がありました。

以下が正式な通達となります。

いつもLENDEXをご利用いただき誠にありがとうございます。

この度、貸付先業種の追加が行政から認められ、医科・歯科業への融資を取り扱うことになりました。

第1弾として、麻布シティデンタルクリニックへのファンドを組成致しました。
URL:https://www.acdc.tokyo/

ご投資頂いた方への特典もついております。

ご検討の程、よろしくお願い致します。

なお、今後も様々なファンドを取り扱っていく所存です。

今後ともLENDEXをよろしくお願い申し上げます。

LENDEXより

では今回は第一回目の麻布デンタルクリニックファンドについて見ていきましょう。

麻布デンタルクリニックファンドは特典がおもしろい(が使いづらい。笑)

本ファンド要は銀行融資ではスピード感が欠ける&この景況感では融資して貰えるかわからないため、lendexに融資をして貰えないか持ちかけた。

即日治療が可能になる光学印象の導入。便利で顧客獲得に繋がるが、機材が高額。

個人的な意見を述べさせて貰うと、コロナで不況がくることが予想されている以上、投資家は手堅いファンドに投資をすべき。

不況時に強いのは金融関係と医療関係。(賃料が安定しているテナント系ではなく、保育園や賃貸物件の不動産系も有利です。)

歯医者は今現在乱立していますが、場所が麻布で光学印象を導入するのであれば、麻布クリニックは他の歯医者と差別化できます。(HPの作りをみても企業体力がありますね。)

ファンドの詳細としては年利6%で特典としては自由診療10%オフのクーポン(笑)

都内に住んでいない限りこのクーポンを使う機会がなさそうですが、ファンドの中身はそれなりに優秀ですね。

借入人は麻布シティデンタルクリニックを営む伊丹医師です。
今回、同医院での新たな機器の導入費用の1,000万円を以下の要領で募集いたします。

募集金額:1,000万円(利回り6.00%/年、期間12カ月、無担保、無保証、公正証書有)
《元金一括返済、配当は毎月支払》

麻布シティデンタルクリニックHP URL:https://www.acdc.tokyo/

ご投資頂いた方への特典として、麻布シティデンタルクリニックの自由診療10%オフクーポンを配布いたします。

※当案件は無担保・無保証・公正証書有です。

---------------------------------------------
下記、麻布シティデンタルクリニック 伊丹太郎様からのメッセージ

「歯医者さんに行きたくないという患者さんのご意見の一つに、治療の回数、期間がかかるという事がございます。

できる限り最短にて、患者様の貴重なお時間を無駄にしない事はこれからの歯科医院の務めではないかと考えておりました。

今回、即日治療完結も可能にする光学印象の導入は、患者さんの貴重なお時間を守る事ができ、当院としても夢の膨らむ医療の進歩です。

どうしても高額な設備になります事を相談させて頂き、レンデックス様に後押しして頂きました。ありがとうございました。

麻布シティデンタルクリニック 伊丹 太郎

LENDEX公式サイトより

本ファンドは担保、無保証です。ただし(借入人資料)
・確定申告書3期分
・直近の納税証明書

この2種類は受け取っています。

ですので麻布デンタルクリニックをどこまで信用できるのか?というのが本ファンドの鍵になるでしょうね。(ただ初回ファンドを失敗すれば今後同様のファンドを組成してもお金が集まらなくなってしまうため、ある程度は自信があるファンドかと思います。)

個人的には機材やHP、立地条件+医療系ファンドということを考えればある程度は出資するのはありなファンドだと思っています。

下記公式サイトより無料で口座開設可能です。(大型ファンドであればクリック合戦なしで投資可能ですね。)

LENDEX公式サイト

では最後にLENDEXの信頼性について確認していきましょう。

LENDEXの特徴!メリット!ソーシャルレンディングとは?

そもそもソーシャルレンディングとはどういったサービスかというと、お金を借りたいボロワーとお金を貸したいレンダーをマッチングするサービスです。

たとえば大型の太陽光発電所をつくるのは個人では不可能。ですがソーシャルレンディングでみんなでお金を出し合い、その運用益を還元してもらい利益をえる。

という投資方法になります。

レンデックスの担保価値を保証している東急リバブルは上場企業

これは一体どういう意味かというと上場企業は、非上場企業と異なり、担保価値で虚偽を書くことはまずあり得ません。

というのも上場企業は非常に厳しい監査の目にさらされます。そこであえて虚偽の申告をすると最悪上場廃止もあり得る。

特に関連もない、レンデックスの担保価値について、上場廃止のリスクを冒してまで虚偽の申告を書くことはあり得ない。
ですから担保価値は間違いなく、東急リバブルが保証する価値は存在しています。

そしてその東急リバブルとレンデックス独自の査定。
その担保評価額が低い方を基準に、担保価値を決めています!

これも投資家にとって安全でしょう。
高い方なら、東急リバブルが1000万として査定したのに、レンデックスは1億と査定。
その1億を基準に貸付額を決められたら、投資家にとって担保価値が全く意味がなくなります。

低い方を基準に査定している!という点もグッドです。

また今回のファンドの募集は高利回り(13%)ファンドの一本勝負でしたが、LENDEX名物のロー&ハイファンドが私の一番のお勧めファンドとなります。

lendex独自ファンドのローリスク型はソーシャルレンディング屈指のファンド

以前募集されていたファンドはソーシャルレンディング屈指のおもしろさ

上記は同一の案件に貸し付けを行っているのですが、利回りと抵当権順位がレンデックス投資家内で異なります!

27-1号、27-2号あわせて6,800万の貸し付けを行います。

ファンドの高利回り型は9%ですが第二抵当権
ファンドの低利回り型は7%ですが第一抵当権

この抵当権というのは万一ファンドがうまくいかなかった場合、優先して返済される順番になります。

言い換えれば担保を処分し、元本を返済される際の優先順位と言えます。

上述の記載と関連しますが、レンデックスのファンドは全件東急リバブルの査定がついている為、担保価値については信頼ができる。
その中で1番に返済されるということがいかに投資家にとって安全かご理解頂けましたでしょうか?

ローリスク型のLTVの低さは屈指

ここは少しマニアックな話になってしまうので、読み飛ばして頂いても構いません。笑

なぜlendexのローリスク型は屈指の安全性なのでしょうか?
このファンドで説明します。
まずLENDEXはLTVが80%以下を謡っているので、担保不動産の価格は6,800万÷80%=最低8,500万円

そしてlendexのローリスク型の貸し付け額は3000万円。
となると3,000万÷8,500万円=35%

脅威の担保価値が65%減少しても元本割れをしません!
(リーマンショック時の土地価格の下落率は15%その点を考慮にいれれば屈指の保証率と言えます。)

ローリスク型がでも年利7%!

と上記の通り安全性ばかり強調してきましたが、利回りが低ければあまり意味がありません。
ですが本ファンドはローリスク型でも利回りが7%もあります。

この年利7%という数字は複利で運用した場合10年で2倍になるすさまじい利回り
高リスク型でもLTV80%で、利回9%ですが、個人的にはローリスク型のが利回りとリスクを考えたとき、屈指のお宝ファンドと呼べ、読んでくださる方にお勧めできます。

LENDEXのファンドの組成件数が急速に増えてきています!

2019年11月の1月で9件のファンドを組成。

また以前までの1千万規模の小規模ファンドだけでなく、5千万規模の中規模ファンドを募集されています。(RIZINファンドなど)

こういったファンドの組成力が高まっているのがLENDEXの魅力が増してきた大きな理由でしょう。

<追記>

12月に入ってもほぼ毎日新しいファンドが組成されています。

社長交代以来ファンドの組成力が高まった。(また前の社長はやるきがなかった)という印象です。

高利回りながら担保査定が正確にされている。
この点がLENDEXが人気業者の一つになった大きな理由でしょう。

(上記画像のように短期&高利回りファンドが増えています。案件の組成力が高まるというのは投資家にといってありがたい話ですね。)

 

一口2万円という低額から出資可能な点も人気の大きな理由のひとつ

やはり一口10万円という大きな金額であれば投資をためらってしまうかたも多いかもしれませんが、1口2万円という敷居の低さも魅力でしょう。

高利回りで東急リバブルの査定付き。さらに投資の敷居が低いとなれば人気業者になるのも納得です。

投資期間が短く複利のパワーを使いやすいのもおすすめの点のひとつ。

(たとえば上記画像の超短期ファンドは年利12%で一か月もの。即時完売したのも納得です。)

レンデックスの特徴として毎月分配型で投資期間が短いことがあげられます。(6か月~12か月程度。)

どういったメリットがあるかといえば、再投資までの期間が短い。つまり複利のパワーを使いやすいのが特徴。

(ちなみに年利7.2%で複利運用をすると10年で元本が二倍になります。lendexの12%のファンドに6年間複利で運用すると元本が2倍になります。)

下記公式サイトより無料で口座開設可能です。(大型ファンドであればクリック合戦なしで投資可能ですね。)

LENDEX公式サイト

LENDEXのツイッター上の投資家の評判もまとめました。高利回りでおおむね高評価!

やはり高利回りという点に注目している投資家はかなり多い。

超高利回りというは魅力的ですが、分散投資を心がけている投資家が多いという印象ですね。

 

LENDEXのメリットデメリット!

まとめとしてメリットデメリットを記載していこうとおもいます。

LENDEXのメリット

1 高利回りのファンドが多い。(年利12%もありうる。)

2 全ファンドに東急リバブルの査定がついている。(不動産ファンドのみ。)

3 全てのファンドに不動産担保がついている。(不動産ファンドのみ)

4 入金、出金がすぐに行われる。(さらに手数料も無料。)

5 問い合わせの回答が非常に早い。

6 売買契約が締結された場合、売買契約の締結書を送ってくれる。(他のソーシャルレンディング業者にないサービス内容です。

7 今まで一度も元本割れ(デフォルト)を引き起こしていない。

8      一口2万円という低額から出資可能。

<追記>

再度LENDEXに問い合わせを行ったのですが、全案東急リバブルの査定がついているのは今現在も間違いないとのことです。であればやはりLENDEXは高利回りながら信頼できる業者といえるでしょう。

LENDEXのデメリット

1 独立系であるため、信頼性という点でやや劣る。

2 ハイ&ローファンドは人気がありすぎてクリック合戦に勝利しないと投資ができない。

3 中堅業者であるためファンドの数が少ない。(ただしファンド数は増加傾向である。)

4 小型ファンドは1分程度で完売してしまう。(クリック合戦が避けられない。)

5 ソーシャルレンディングであるため途中解約はできない。

特に数十秒で売り切れてしまうクリック合戦の厳しさはソーシャルレンディング業界屈指でしょう。

ですので下記にクリック合戦の勝利方法についてまとめました。参考にしていただけると幸いです。

ソーシャルレンディングのクリック合戦に勝利するコツとおすすめのやり方!どうやったら勝てるのか?

上記記事をご参考にしてください。

2020年で一番投資家登録が増えているのがLENDEX。一気に人気業者に!

2020年に入ってから投資家登録の伸び方がさらに加速。週に数百人単位で投資家が増えています。

その理由は明確。担保査定が東急リバブルが行っており、信頼性が屈指なのにもかかわらず、年利11~12%という破格の利回りのファンドを組成しているから。

2020年のファンドが全て数十秒で完売するのも納得。今高利回りの案件に投資をしたい!と考えている方におすすめできる1社と私は断言します。(クラウドクレジットとLENDEXが高利回りを狙うのであればおすすめ。)

11.5%というすさまじい利回りですね。)

(上記画像のように最近募集されたファンドは年利12%という破格の利回りです。)

この12%という数字はすさまじく、仮に税引きなしの複利で運用した場合約6年で元本が倍になります。(72の法則より)

それくらい高利回り業者の中でも飛び抜けているのがLENDEXといえます。

 

下記公式サイトより無料で口座開設できます。
LENDEX公式サイト

ただやはりクリック合戦で投資が難しいという事実は変えられません。(無論上記の手順を守れば、投資できる可能性はそれなりにあります。)

ですので最後に不動産ソーシャルレンディング&クラウドファンディング業者で屈指の信頼性を誇りながら、2019年から始まったサービスのため、知名度がまだ低い。それゆえにクリック合戦をせず投資ができるクラウドリアルティについて簡単に解説したいと思います。

クラウドリアルティは屈指の投資先!なぜおすすめできるのか?

不正をおこなったソーシャルレンディング業者と異なり、クラウドリアルティは三菱UFJなどの超大手企業から出資を受けているため、株主構成をみても不正が起きるというのは考えられませんし、数年後の上場を見越しVC(ベンチャーキャピタル)から多額の融資を引き出すという動きをおこなっています。

詳しい解説が気になる方はクラウドリアルティの評判は?1万円プレゼント?詐欺の可能性がある怪しい業者なのか?徹底解説!

上記記事をご参照ください。

要点をまとめてしまうと下記の通りになります。

クラウドリアルティの株主構成をご覧ください。

主要株主 経営陣
カブドットコム証券株式会社
グローバル・ブレイン5号投資事業有限責任組合
新生企業投資株式会社
株式会社新生銀行
FinTechビジネスイノベーション投資事業有限責任組合
みずほ成長支援第2号投資事業有限責任組合
三菱地所株式会社
株式会社三菱UFJ銀行
三菱UFJキャピタル6号投資事業有限責任組合 クラウドリアルティより

どれも日本有数の屈指の一流企業ですね。

特に三菱UFJが株主になっているのがすばらしい。というのもメガバンはVCと出資する際、私のような個人投資家とは比べ物にならないほどその業者を徹底的に調査します。

その調査をしたうえで問題がなかった。これがまずクラウドリアルティへの信頼性が他の不正をおこなったソーシャルレンディング業者とは異なることの証明になります。

 

また調査したところ、多額の広告宣伝費を支払っています。

なぜこのような大型キャンペーンが打てるのか?と聞かれればクラウドリアリティは上記ベンチャーキャピタルから多額のお金を引っ張ってこれているから。

正直数年後の上場を見据えて、今現在はお金をばらまいて顧客を確保している段階でしょうね。IPOしてしまえば莫大な利益になります。

ただそのような背景は我々の投資家とって大した話ではありません。

眼前にある事実としては、信頼できる業者がクリック合戦なしで投資ができるという事実です。

クラウドリアルティについては下記が簡単なまとめです。

クラウドリアルティは今後間違いなくソーシャルレンディング業界を引っ張っていく1社となる

不正リスクから飛躍し、上場の可能性について記事にしましたが、投資家の立場からいえば、クラウドリアルティは投資家登録をしておくべき業者の一つと言えます。

理由としては簡単に言えば下記6点

1 クラウドファンディング業者。そのため、貸付先が明示されているファンドがある。(他の不正をおこした業者のように身内に貸し出しているというのはあり得ない。)

2 社長鬼頭氏は東大ボスコン出身というエリート。そして不動産の証券化などにたずさわっていたことからも不動産ビジネスを行うのは納得。

(東大→ボスコンというスーパーエリート)

3 三菱UFJなどのVCからすでに3.5億の出資を募ることに成功。VCは個人投資家とは比べ物にならないくらい出資先を調査する。その調査を通ったことが信頼の証。

4 キャンペーンは上場するための顧客獲得の可能性が非常に高い。

5 社長の鬼頭氏は不動産を多く手掛けており、今後VCと連携しつつ魅力的なファンドを組成してくれる。

6 今後知名度の向上とともにクリック合戦が避けられなくなるが今現在はクリック合戦なしで投資ができる。にもかかわらず利回りも8%台というファンドも存在する。(超高利回りではないが高利回りといえる。)

投資家の立場から言えば屈指の好条件の業者と言えます。

またこのキャンペーンだけでなく、投資する地方の名産品プレゼントキャンペーン既存投資家にも多くキャンペーンを組成してくれる点も魅力。

やはりUFJなど巨大なVCから資金調達ができるというのが投資家にとって圧倒的に有利な条件と言えます。

(早速私も投資家登録を行いました。)

私自身のCrowdRealtyの査定はランクSSS。積極的に投資をしても問題ない業者と断言できます。(今後もVCからひっぱてきたお金をつかって投資家に有利なファンドを組成してくれるとの事です。)

下記公式サイトより無料で口座登録可能です。

CrowdRealty公式サイト

信頼できるおすすめのソーシャルレンディング&クラウドファンディング業者

こちらが当ブログ一番の人気記事のお勧めできるソーシャルレンディング業者の一覧です。

ソーシャルレンディング比較!おすすめ業者ランキング!

おすすめできるソーシャルレンディング業者のおすすめファンド一覧

ソーシャルレンディング業者別のおすすめファンドになります。どれも信頼できる優秀な業者の優れたファンドについての解説になります。

ソーシャルレンディング利回り別おすすめ業者ランキング

ソーシャルレンディング安全でリスクが低い低利回りおすすめ業者ランキング

ソーシャルレンディングファンド比較!業者別お勧め優良ファンドはこれだ!

ソーシャルレンディングで高利回りお勧め業者ベスト3!

不正を起こすソーシャルレンディング業者の特徴

みんなのクレジットやラッキーバンクのような業者に引っかからないために、気を付けなければならない点をまとめました。ご参考にしてください。

危険でリスクが高い不正を行うソーシャルレンディング業者の特徴!信頼できる業者の見極め方!

記事を参考にして頂ければ幸いです。

下記が当記事のメインとなったLENDEXの公式サイトになります。(ローリスク型ファンドがおすすめです。)

LENDEX公式サイト

CrowdRealty公式サイト

(上場間違いないですし、キャンペーンも豊富なのでクラウドリアルティは登録しておくのがおすすめです。)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント