ソーシャルレンディング

FANTAS funding

fantasfundingから分配金!運用利回りは?いくら増えた?本日4ファンドで投資するなら?

fantasfundingから4案件の募集が発表された。どれもお勧めだが世田谷ファンドがNOIも高く、立地条件もよいためおすすめ。またfantasfundingからの分配金もあり、30万投資で5964円というすばらしい運用利回りを達成した。
お勧めファンド、お勧めしないファンドシリーズ

クラウドバンクは危険でリスクが高いソーシャルレンディング業者なのか?徹底調査!2年以上の投資成績は?

クラウドバンクの太陽光発電ファンドで売電価格が32円以上あればお宝ファンド。風力発電よりも売電価格が高い。中小企業支援ファンドは保証が不明確。であればクラウドバンクの太陽光発電ファンドを中心に投資を勧めていくのがクラウドバンクの投資法。クラウドバンクは追加配当もあり、ファンドの実現利回りが予想よりも高くなります。
owners book

ソーシャルレンディング信頼できる業者の見分け方!投資家は2019年投資すべき業者はこう決めよう!

不正を起こすソーシャルレンディング業者の特徴は4点。ホームページが異常にシンプル。高利回り業者である。社長の過去が怪しい、または一切情報がない。ホームページ上に顔写真があがっていない。上記4点が不正を起こし、危険なソーシャルレンディング業者。反対に信頼できる業者の特徴は上場企業傘下、VCが機能、証券会社が運営している。
CREAL(クリアル)

FANTAS fundingは危険でリスクが高いのか?メリットデメリットを徹底比較&解説!

FANTAS fundingは不動産型クラウドファンディングに新規参入をしてきた業者。空き家リフォームビジネスや中古マンションビジネスという利益率が高い事業を手掛けているため年利10%という破格の利回りがあってもおかしくない。FANTAS が劣後出資者になるため、投資家の安全性も高く、メインの投資先にしていける高信頼度業者
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディングで失敗大損を避け、安定して儲けるコツ!<追記>

ソーシャルレンディングで失敗や大損を避ける為には、一番必要なことは危険な業者に近づかないこと。危険な業者の特徴は社長が怪しい。異常な高利回りなどの特徴があります。逆に信頼できる業者としては、上場企業の傘下。証券会社が運営。大企業やVCが出資。不動産型CFである。危険な業者を避ければ、安定したインカムゲインを得られます。
next shift fund

nextshiftfundからカンボジア農家支援ファンドが登場!融資先の信頼度は高いが利回りは低い!

nextshiftfundからカンボジア農家支援ファド第二弾の登場が発表。融資先の信頼度は高いが利回りは低い。ただ社会貢献性の高さでいえば、本ファンドは屈指のファンドと言える。またnextshiftfund自身の信頼性としても、VCなどから融資を受けていることを考えると、高信頼度業者に分類される。
owners book

ownersbookの利回り14%越え!?安全性リスク解説!おすすめのソーシャルレンディング業者?

onwersbookは財務状況が非常に健全で超黒字経営。親会社のロードスターキャピタル社はマザーズに上場しており、不正リスクは皆無。担保の東京都内の不動産で投資家にとって非常に安全な投資先といえます。また追加配当が明記されているファンドが高値で売却できた場合、投資家に追加配当があります。ランクSSSでお勧めできる投資先です。
maneo

マネオ川崎遅延ファンドが競売で不買となったことに対する簡単な所感

maneo川崎遅延ファンドの競売は不買となり、特別売却でも売れませんでした。これはどういった意味かというと4億でも売れなかった。ということを意味し、抵当権順位者3位以下の全損はほぼ確定的になりました。担保価値の水増しを行ったのはマネオですが、損をするのは投資家です。今後マネオ系には投資をしないことをお勧めします。
グリーンインフラレンディング

グリーンインフラレンディング貸付先のJCサービスが電話応対を終了!不誠実極まりない対応!「速報」

グリーンインフラレンディングの貸付先であるJCサービスが電話対応の終了を発表しました。JCサービス=グリフラ=中久保社長であり、狙いは逃げ切りです。投資家資金10億をすでに流用しており、さらに1年以上返済をしておりません。不誠実極まりない対応。8割返済も間違いなく虚偽といえ、当初より詐欺目的であったといえます。
maneo

maneo(マネオ)川崎ファンドは競売失敗で元本割れ!?20億遅延で今後どうなる?

マネオ(maneo)で20億の大量の遅延が発生。川崎ファンドの担保価値はマネオがうたっていた業者買い取り価格と大きな乖離があり、売れて2億程度の川崎麻生区の山奥の土地。抵当権順位付きファンドであるが、高抵当権順位者すら助からない可能性が高い。競売に出すも不買。売れて二億程度の土地であり、担保を正確に査定していなかった。
Advertisements