グリーンインフラレンディング

CREAL(クリアル)

maneo&maneoファミリー不正を行う業者とソーシャルレンディング信頼できる業者の違い!

maneo&maneoファミリーの不正問題の原因。マネオ本体では担保価値の大幅な水増し。ファミリーでは投資家資金の目的外流用やポンジスキームまがいの不正行為、担保の無断売却などあり得ない行為が続いている。反対に不動産クラウドファンディング、証券会社運営、VCが支援など客観的な信頼できる要素がある業者にのみ投資すべき
maneo

maneo(マネオ)&maneoファミリーは何故突如不正行為を認め始めたのか?<追記>

マネオ&マネオファミリーで自ら不正行為を認め始めた理由は単純で、行政指導(金融庁または関東財務局)が理由です。マネオマーケットとしてはソーシャルレンディングビジネスを続けたい以上、行政に従い免許取消などの処分を避けたい。ですので自主的に認め始めたという訳ではありません。ポンジスキームに近い不正行為もあり、非常に悪質
グリーンインフラレンディング

グリーンインフラレンディングで再度投資家資金流用の不正!今まで虚偽と今後!詐欺的行為!<追記>

グリーンインフラレンディングの不正や問題事項を時系列。グリフラ&JCサービス社長の過去は信頼できません。またマネオマーケットもJCサービスも虚偽の説明を繰り返しており、お金の分別管理も一切できていません。返済計画にも進展がなし。更に法務局供託資金を勝手に取戻し、投資家資金をJCサービスへ無断貸出。不正問題は重大。
FANTAS funding

やばいソーシャルレンディング業者と信頼できる高利回り業者の見分け方!危険で不正を行う業者!<追記>

危険で不正をおこなうやばいソーシャルレンディング業者の特徴と、高利回りながら信頼できるソーシャルレンディング業者の違い。 信頼できる業者は上場企業から支援をうけ、IPO間違いなしになっている為、高利回りファンドやキャッシュバックキャンペーンが行える。一方独立系は予算がないため、異常な高利回りなどは詐欺目的といえる。
maneo

マネオファミリーはmaneo(マネオ)が債権を飛ばす為?グリフラファンドとマネオファンドは一緒!

maneoの急成長の裏に隠されていたのはリファイナンスとファンド(債権)飛ばし。マネオが自社で募集したファンドがうまくいかないことが解ると、他のマネオファミリーへ債権を飛ばしてました。グリーンインフラレンディングなどへ本体のファンドを飛ばし、デフォルトをおこしていないように見せかける。その事実が明るみに出ています。
クラウドバンク

グリーンインフラレンディングとクラウドバンクの太陽光発電ファンドの違い!<追記>

クラウドバンクの太陽光発電ファンドは売電価格が非常高いため、高利回りも期待できます。グリーンインフラレンディングの太陽光発電ファンドは年利が高すぎて信頼できません。グリフラの不正問題からわかるとおり、信頼できる業者にのみ投資をするというのが求められ、証券会社が運営するクラバンの信頼度は別格といえるでしょう。
maneo

グリフラ!ガイア!CFF!マネオ本体!クラリ!一番危険でやばいマネオファミリーはどれ!?<追記>

マネオ&マネオファミリーで今何がおきているのか?大遅延しているファンドは何故遅延を起こし、元本が返ってくる可能性が低い危険なファンドはどれなのか?グリフラ、ガイア、CFF、マネオ本体など問題を起こす業者に投資をするのではなく信頼できる業者にのみ投資をすることで安定したインカムゲインが得られます。
maneo

マネオファミリー遅延問題でマネオ本体投資家が損失を被る!?お金を流用される可能性は?<追記>

マネオファミリーの不正問題でマネオ本体投資家が不利益を被るように波及するしてくることはあり得ません。まず非匿名組合契約をマネオ投資家はマネオと結んでますし、お金も分別管理されている。マネオとマネオマーケットは別会社。各種VCが出資している以上、マネオが不適切な資金の流用はあり得ません。
maneo

マネオ(maneo)が上場!?ソーシャルレンディング初の快挙を狙うも課題あり!

マネオが上場(IPO)を狙うも課題あり。マネオの黒字額や各種VCを味方に付けていることより、SMBCが主幹事となり上場が狙える。またコンプライアンス強化の求人もマネオから募集。ただグリーンインフラレンディングの問題を先に解決する必要があり、マネオファミリーをドウするのか明確な回答が必要。上場可能性あるも課題多し
Advertisements