tanabe54

クラウドクレジット

高利回りを狙うならクラウドクレジット!最大年利43%!お勧めの3つの理由!リスクデメリットも解説!

クラウドクレジットがお勧めできる理由は3つ。伊藤忠や電通を筆頭に大企業が株主として支援。海外ファンドゆえの高利回り。不正が起きないような監査体制の充実。お勧めのソーシャルレンディング業者です。
cool

新しいソーシャルレンディング業者cool!アマゾンギフト件をプレゼントも今現在はいまいちか?

新規で参入してくるソーシャルレンディング業者のcool。ファンドの内容や会社の状況としては今後に期待ができるもののいまいち。低利回り業者としては信頼性が低いし、高利回り業者ほどの利回りは提供できていない。ただアマゾンギフト券を1000円分をプレゼントする体力もあり、今後のファンド次第で投資を検討すべき業者と言える。
Funds

maneo(マネオ)&マネオファミリーが倒産した場合投資家は貸し倒れ?監査法人も外れ同意事項も不穏!

ソーシャルレンディング最大手ながら不祥事が次々と発覚しているmaneo(マネオ)が倒産した場合、投資家のお金はどうなるのか?と聞かれると、ディポジット、運用中のファンド問わず、破産法の下、破産管財人の手に渡ります。そして一般債権者となり、他の債権者とお金を分け合う。非常にリスクが高い状態におかれることとなります。
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディング比較!おすすめ人気信頼度ランキング!2019年!

信頼できるソーシャルレンディング比較ランキング。事業者リスクとメリット。その業者におけるお勧めの投資方法。不動産のプロや銀行員とともにソーシャルレンディング業者を徹底比較し、その信頼度毎にお勧めランキング客観的な評価基準で選定。利回り、元本回収率、投資難易度、運用手数料、ファンド毎のリスクなど各事業者について徹底解説。
cool

coolは新規ソーシャルレンディング業者でアマゾンギフト券を配る怪しい危険&リスク?調査してみた!

ソーシャルレンディング業界に新規で参入してくるcool。アマゾンギフト券を口座開設だけでプレゼントするキャンペーンを行っている。事業者として怪しい点はなく、社長の河原氏は元クラウドバンクの取締役。アジアマーケット特に中国市場に特化したファンドの組成を中心にする予定。新たな業者ながら注目の高信頼度業者といえそうだ。
CREAL(クリアル)

不動産型クラウドファンディングがおすすめ徹底比較!信頼業者と特徴!不正が起きない!リスクは?

maneoと異なり不正ができない仕組みになっている不動産型ソーシャルレンディングとクラウドファンディングの違いとメリットとお勧めファンドを解説。不動産型クラウドファンディング業者はのcreal住所が明記。劣後出資者として投資家の同じファンドに投資。owners bookはLTVが低く、上場企業の傘下。信頼性別格。
グリーンインフラレンディング

グリーンインフラレンディングに検察(特捜)が入ったのが本当なら事態は好転する?fact情報!

一年間何も進捗させなかったグリーンインフラレンディングに検察が入ったという情報が本当なら投資家にとって朗報と言えます。司法が介入し、不正行為が明るみにでれば、実刑を免れるために自主的に返済する可能性が高まるためです。投資家資金の不正流用や、ファンドの実態のなさ。供託金の無断取り戻しなどの数々の不正行為は許されません。
グリーンインフラレンディング

グリーンインフラレンディングで再度投資家資金流用の不正!今まで虚偽と今後!詐欺的行為!<追記>

グリーンインフラレンディングの不正や問題事項を時系列。グリフラ&JCサービス社長の過去は信頼できません。またマネオマーケットもJCサービスも虚偽の説明を繰り返しており、お金の分別管理も一切できていません。返済計画にも進展がなし。更に法務局供託資金を勝手に取戻し、投資家資金をJCサービスへ無断貸出。不正問題は重大。
maneo

maneo(マネオ)で20億越えの遅延!貸し倒れ?競売失敗で元本割れ!?今後どうなる?川崎ファンド!

マネオ(maneo)で20億の大量の遅延が発生。川崎ファンドの担保価値はマネオがうたっていた業者買い取り価格と大きな乖離があり、売れて2億程度の川崎麻生区の山奥の土地。抵当権順位付きファンドであるが、高抵当権順位者すら助からない可能性が高い。競売に出すも不買。売れて二億程度の土地であり、担保を正確に査定していなかった。
Funds

fundsはSBIソーシャルレンディングやクラウドバンクを抜き、業界NO.1になれるのか?

ソーシャルレンディング業者の中でも屈指の人気業者であるfundsですが、SBIソーシャルレンディングを抜いて、業界一位になることは有り得ません。fundsは上場企業などの社債に近い安全性の高いファンドを組成することで利潤を上げることを目的としていますが、SBIは大型ファンドでの営業者利益で稼ぐことを目的としているため
Advertisements