キャッシュフローファイナンスの大遅延!今後どうなる?赤字企業の体力は? | 週刊 資産運用通信! (社会貢献と資産運用の両立)

キャッシュフローファイナンスの大遅延!今後どうなる?赤字企業の体力は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


はいどうもエニートです。
最近ではマネオ本体で20億の大型遅延が発生しましたが、このファンドの遅延に関してはさほど心配していません。

マネオの20億超えの遅延!貸し倒れ?今後どうなる?
というのも、担保の評価が甘かったとはいえ不動産担保をマネオとは関係ない会社からとっているのは事実

(ラッキーバンクは親族の不動産なので、処分できないのでしょう。)

ですので

抵当権をとっているファンドに対しては多少元本が棄損する程度

抵当順位権付きファンドに関しては、高抵当権順位者であれば元本が返ってくる

とまあ正直マネオの回収能力はどの程度あるのか?というのを冷静に見守ろうと思っています。

ですがマネオファミリーのファンドの遅延については別問題。

キャッシュフローファイナンスの大遅延問題!

これは正直まずいファンドが多いです。
何故かといえば担保価値がほぼ無価値なファンドが多い。

 

キャッシュフローファイナンスの廃棄物をナノカーボン化する装置へのファンド

今回の借り手は、株式会社 Cash Flow Finance (以下、CFFとする) の子会社である事業者AH社です。

 

この度、CFFは事業者AH社に対し、以下の案件の借換資金として5,000万円を融資致します。

 

今回は、以下の要領にて投資家の皆様から募集いたします。

・500万円(一括返済)(第1次募集)(8ヵ月物)
・500万円(一括返済)(第2次募集)(8ヵ月物)
・500万円(一括返済)(第3次募集)(8ヵ月物)
・500万円(一括返済)(第4次募集)(8ヵ月物)
・500万円(一括返済)(第5次募集)(8ヵ月物)
・500万円(一括返済)(第6次募集)(8ヵ月物)
・500万円(一括返済)(第7次募集)(8ヵ月物)
・500万円(一括返済)(第8次募集)(8ヵ月物)
・500万円(一括返済)(第9次募集)(8ヵ月物)
・500万円(一括返済)(第10次募集)(8ヵ月物)
スキーム図は下記をご覧ください。

 

 

CFFへの返済については、事業者AHが受け取る設備賃貸料を原資として行われます。

状況によっては、期限前返済の可能性もございます。

 

※期限前返済の場合については、利息の発生は借り手からの期限前返済日までと

なります。

 

投資家の皆様の安全性を考慮した商品としてご案内させて頂きます。

投資ご検討の程、よろしくお願い申し上げます。キャッシュフローファイナンス公式サイトより

このファンドの廃棄物をナノカーボンにする技術やそのすごさや成否についてコメントはしません。
ただ投資家としてわかることは

満期借り換えファンドである以上当然他の同様のファンドに影響する。

担保である株式は無価値。カーボン化する装置の価値は全く不明。

というマネオの不動産が担保についている20億の遅延ファンドと異なり、担保価値が全くない株式と、価値がよくわからないカーボン化する装置。

というのがキャッシュフローファイナンスの遅延の状況です。

体験型エンターテインメント施設へのファンド

今回の借り手は、株式会社 Cash Flow Finance (以下、CFFとする) の子会社である事業者AHです。

この度、CFFは事業者AHに対し、以下の案件の借換資金として2,200万円を融資します。

【事業者AH社向け】《倉庫コンバージョン型》体験型エンターテインメント施設への投資 第3次募集
https://www.cf-finance.jp/fund/detail?fund_id=423

【事業者AH社向け】《倉庫コンバージョン型》体験型エンターテインメント施設への投資 第4次募集
https://www.cf-finance.jp/fund/detail?fund_id=424

今回は、以下の要領にて投資家の皆様から募集いたします。

・1,100万円(一括返済)(6ヵ月物):第1次募集
・1,100万円(一括返済)(6ヵ月物):第2次募集

スキーム図は下記をご覧ください。

CFFへの返済については、事業者AHが受け取る設備賃貸料を原資として行われます。

状況によっては、期限前返済の可能性もございます。キャッシュフローファイナンス公式サイトより

本ファンドはリースバック契約です。

下記記載をご覧ください

2018年1月から10年間のリースバック契約を締結しています。

アナザウェイ株式会社の事業の撤退等で、リースバック契約を自己都合により解約する場合は、6か月前に解約予告を行なう契約となっております。キャッシュフローファイナンス公式サイトより

本件についていえばキャッシュフローファイナンスに同情します。

AH社とV社は本ファンドの施設は要らなかったのでしょう。
ですのでキャッシュフローファイナンスに押し付けたというのが容易に想像できます。

というのもリースバック契約は返済義務がありません。
6か月前に解雇予告を行えば、賃料6か月分を払い、いらない設備をCFFに押し付ければそれで話は終わりなわけです。

ここで考えなければいけないのが
こういったエンターテイメント施設設備は全く売れない。

となると投資家への返済は相当厳しいと言わざるを得ない。

そもそもキャッシュフローファイナンスの財務状況が悪すぎる

そもそも論になってしまいますが、ここまでひどい財務状況のSL会社は全く知りません。
(比較するのもおかしいですがみんなのクレジットのがはるかにきれいな財務状況でした。)

約3200万円の大赤字。

資本金を食いつぶしている債務超過の状況です。

これだけでも心配な状態な財務状況(私はいくら魅力的なファンドがあっても投資をしません。)

そのうえでこれだけ多くのファンドで遅延が起きてしまった。

となると元本の返済以前にこれからも事業継続できるのか?と思っています。

社長のN氏もGS出身でしたがエンタメ施設に引っかかった点を見ると経営者に向いていたかは不明。

やはり今後も安全性重視で投資先を決めるのが投資家として正しい判断なのではないでしょうか?

キャッシュフローファイナンスと比べるとやはりowners bookの財務の健全さがわかりますね。

キャッシュフローファイナンスは利回り10%代が中心で確かに5%代が限界のowners bookに比べて魅力的なのは事実。
ですが万が一が起きたとき、(キャッシュフローファイナンスのファンドは万が一が起きすぎて、万が一ではなくなってますが)

やはり担保の硬さが投資家元本の保護につながるのに間違いありません。

であれば超黒字経営で東京の都心に担保がある上場企業の傘下OwnersBookを中心に投資をするのが間違いなく安全に資産が増える投資先と言えます。

主婦や投資初心者になぜowners bookがお勧め?年利14%の真実は!?

下記が信頼できるソーシャルレンディング業者の一覧になります。
参考にしていただけると幸いです。

ソーシャルレンディング事業者比較!信頼度ランキング!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA