[転職、就活生必見]年収1000万越えが狙える企業一覧!

はいどうもエニートです。
今回は30代、40代で年収1000万越えが狙える企業一覧を就活生、転職希望者向けに解説していこうと思います。

ただ前提として、年収1000万を狙える会社に入社するのは、かなりハードルが高いです。
ですので、30代で600万程度(現代日本では十分高給です。しかし入社難易度は段違い。)の会社に入社or転職できれば十分という方は下記リストを参考にしてください。

[就活生、転職希望者必見]隠れた優良企業メーカー一覧!

30代で年収1000万突破が狙える企業一覧!


まずここは年収1000万が30代で達成できる企業になります。(人によっては20代で達成できます。)ですので入社難易度は一番高いリスト群と言うことをご理解ください。

[74] 外銀フロント

~~~異次元の壁~~~

[70] キーエンス

[69] 三菱商事 主要テレビ局
[68] 三井物産 伊藤忠商事 住友商事 外資系戦略コンサル 主要新聞社
[67] 東京海上

~~~超高給取りの壁~~~

[66] 電通 三井不動産 三菱地所 伊藤忠丸紅鉄鋼 丸紅
[65] 日本生命 野村證券 メタルワン

[64] 商船三井 JX 双日 日本政策投資銀行 野村総研 日本郵船
[63] 三井住友海上 豊田通商 武田薬品 損保ジャパン
[62] 第一生命 トヨタ ソニー 任天堂 新日本製鉄 デンソー
[61] 三菱UFJ信託銀行 旭硝子 ジャフコ 農林中央金庫
[60] 三菱東京UFJ銀行 三井住友銀行 住友不動産 JFEスチール INPEX 住友生命

~~~高給取りの壁~~~就活偏差値ランキング委員会より

正直すさまじい会社ばかりですね。
外銀のフロントであれば、20代で2000万も狙えます。
キーエンスの平均年収は1861万円です。

はっきり言って上記会社群に入社するのは生半可なことでは達成できません。
ただ強いて言うのであれば、デンソーやUFJ信託銀行は知名度(信託の方です。)のおかげで入社難易度は若干低いかと思います。(それでもすさまじく難しいです。)

 

40代で年収1000万突破が狙える企業一覧!

上記企業に比べて若干ハードルが下がってきました!ただそれでもすさまじい入社難易度だということはご理解ください。

第一三共1111 野村総研1089 エーザイ1040
KDDI976 武田薬品943 中外製薬937 味の素923

————————超エリート層勝ち組(超一流企業) ————————
大成建設891 大林組891 鹿島891 出光880 清水建設879 JT875 田辺三菱製薬870
日立861 ソニー859 大日本住友製薬857 デンソー846 東芝845 トヨタ838 リコー838
塩野義製薬836 花王833 協和発酵キリン832 NTTドコモ828 東芝プラント824 三井化学819
富士通810 クボタ808 オムロン808 旭硝子807 東芝テック806 日立ハイテク805 住友化学8012ch 高年収企業まとめより

上記は40代で年収1000万超えると言われている企業のリストです。
平均年収ですから20代の新入社員も平均に入っています。
ですので最下位の住友化学でも40代で年収1000万にいきます。

入社難易度も当然高いですが、日立ハイテクやオムロンなどは超一流の人材ではなく、一流の人材であれば入社可能です。
チャレンジする価値はあると思います。

 

50代で年収1000万突破が狙える企業一覧!

ここからがいわゆる高学歴であれば、入社チャンスが十分にある会社群です。
就活生であれば、企業対策、ES対策を行っていれば十分入社チャンスがあります。
転職希望者の方も、職務経歴書など万全に行えば、入社できる可能性は高い。

NTTデータ798 DIC793 TDK790 セイコーエプソン786 住友電工780 三菱電機778 日産777
豊田自動織機773 三菱重工773 島津770 NEC769 キヤノン769 ホンダ768 ニコン767
日東電工763 いすゞ763 コニカミノルタ763 きんでん759 パナソニック759 東急電鉄753
日本精工751 伊藤忠テクノ748 日本ユニシス747 明電舎744 カネカ743 小田急電鉄742
協和エクシオ737 日本ガイシ737 安藤ハザマ736 東ソー732 ブラザー工業732 富士電機732
OKI732 IHI731 シャープ728 戸田建設726 村田製作所726 三菱マテリアル725 川崎重工722
NECネッツ721 大同特殊鋼720 コマツ719 JR東海719 東北電力716 テルモ714 古河電工714
NOK714 ヤマハ発動機714 SMC713 森永乳業713 東京電力709 アイシン精機708 荏原707
新光電工707 JR東704 コムシスHD703 ジェイテクト702 三菱自動車700 SCSK7002ch 高年収企業一覧より

例えばジェイテクトなどベアリング業界で知る人ぞ知る会社になります。
一般的な就活生からの知名度は低い。

ですがこの会社は平均で702万あり、あの三菱自動車よりも年収が高い。
入社難易度もそこまででないのにかかわらず、50代で年収1000万に届きます。

 

文系理系別就職難易度ランキング

年収1000万というベクトルは若干異なりますが、入社難易度が高い会社群になります。
入社難易度は年収と正の相関関係があるため、入社難易度が高い会社は基本的に高年収の企業群になります。

文系就職難易度ランキング

70 →日本銀行
69 →国際協力銀行 三菱総研
68 →日本政策投資銀行 フジテレビ 三井不動産 三菱地所
67 →東証 三菱商事 日テレ 三大出版
66 →三井物産 日本郵船 NHK TBS テレ朝 電通
65 →住友商事 伊藤忠商事 JR東海 博報堂 トヨタ 商船三井 テレ東
=========== 学歴不問で勝ち ===========
64 →丸紅 国際石油帝石 共同通信 日経 読売 朝日 準キー JXエネ 任天堂 新日鐵住金
63 →JR東 小田急 京王 阪急 東急 東ガス 関電 ドコモ 東急不動産 ホンダ サントリー 三菱重工    味の素 旭硝子 JFE 信越化学
62 →東京海上 農林中金 中電 JRA 住友不動産 東京建物 昭和シェル キリン 三菱化学
61 →JR西 大ガス 中日 毎日 時事 東燃 出光 資生堂 花王 日清製粉 アサヒ 日産 三菱UFJ信託 川崎汽船 富士フィルム 住友化学
60 →日本郵便 首都高速 KDDI JT 豊田通商 双日 住友電工 デンソー 日揮 日立 三菱電機
―――――― 東大京大一橋微勝ち、地底早慶勝ち ――――――2ch 高年収企業一覧より

理系就職難易度ランキング

【70】 IBM(基礎研) Google(ソフトウエアエンジニア) Intel JAXA
━━━━━━━━
【69】 上位研究所(MRI/NTT持株/豊田中研/鉄研/電中研/産総研) 大手製薬R&D(武田/アステラス/第一三共)
【68】 上位金融(数理専門) NHK(放送技術)
【67】 JXエネ Microsoft JR東海 エーザイ 大塚製薬
【66】 ドコモ(中央) 新日鐵住金 トヨタ INPEX TV局(NHK地方局除く)
【65】 JR東 サントリー 味の素 アサヒ キリン 東ガス 昭和シェル 旭硝子 ANA(技術) 花王 日揮 三菱重工 キーエンス
━━━━━━━━
【64】 JR西 日清製粉 三菱化学 東燃 信越化学 日産 JFE
【63】 JT 電源開発 日清食品 大ガス 中電 出光 住友鉱山 住友電工 JX金属 コマツ  任天堂 KDDI 東レ 住友化学 千代田化工 キヤノン デンソー ホンダ JAL(技術) 川崎重工 富士フイルム
【62】 ニコン 資生堂 ユニチャーム 東邦ガス 地方電力 関電 豊田自動織機 ファナック 三菱電機 東芝 SCE NTTデータ 三井化学 旭化成 日東電工 ゼロックス IHI 明治 三菱マテリアル
【61】 昭和電工 板硝子 東洋エンジ NTTコミュ 大手ゼネコン 帝人 JSR サッポロ 王子製紙 古河電工 三井金属 神戸製鋼 NRI
【60】 NTT東西 HOYA 日本製紙 コニカミノルタ 住友重機械 カシオ DIC 宇部興産 積水化学 マツダ 森永製菓 ソニーモバコミュ クラレ 大陽日酸 リコー ダイキン パナソニック  理系就職難易度ランキングより

これがいわゆる難易度が高い会社になります。

就活生であれば四季報は必ず買っておきましょう。

理由としては簡単で、リクナビやマイナビと異なり、四季報には正確なデータが記載されています。
そして高給な会社を目指すのであれば、平均年収700万以上の会社に入るのがマスト。

四季報は2000円近くするので確かに安価ではありませんが、今後の人生を左右する就活なので、必ず購入しておきましょう。

就活生は就活ノートを使い倒せ!

年収1000万以上の会社に入社するのは相当スペックが高くないと難しい。

ただ面接さえうまくいけば、えっ彼(or彼女)が年収1000万以上の優良企業に行けたの!?という意外な出来事があります。
そういった場合そのような人物は面接対策をしっかりやっています。

そしてその面接にたどり着くにはES(エントリーシート)が通過するのはマスト。
ではどうやったらその面接、ES対策ができるのでしょうか?

私のお勧めは就活ノートを使い倒すこと。

というのもこのサイト過去の通過したESの内容。
多くの会社の面接の傾向や対策が確認できます。(例えばトヨタ自動車や日産など)

そういったESをパクることはお勧めしませんが、参考にして受かりやすいESを書く。
面接でどのようなことが聞かれるのか?などの情報収集を行う。

年収1000万以上の会社にいくのであれば、そういった情報を使いこなすことも必要です。

就活ノートを使い倒して是非高年収企業に入社されてください。

下記公式サイトよりES、面接対策が確認できます。

就活生が感じるリアルな就活情報【就活ノート】

30代で年収1000万を目指すか?50代で年収1000万を目指すか?

上記記載のまとめになってしまいますが、年収1000万を30代で目指す場合は、
外資や総合商社または金融(メガ銀)などが現実的にありえます。

ただ外資やメガ銀は相当ハードということを理解した上で、入社(入行)してください。
特にメガ銀であれば体力もそうですが、メンタル面のが相当ハードです。

総合商社は体力面でハードですが、合う人には合う業界なので、明るいタイプには向いている会社だと思います。

50代で目指すのであれば、大手メーカーでも行く会社は行きます。(特に自動車メーカー)

ですのである程度時間に余裕を持ちつつ、
最終的には年収1000万を目指したいのであれば、大手メーカーという選択肢もお勧めします。

例外!営業職なら20代でも年収1000万に行く会社は多い。

私自身は一切お勧めしませんが、完全成果型で年収1000万にいく会社は多くあります。

具体的にいえば投資用不動産などの販売会社。
ただ仕事もきついうえに、パワハラも多い業界。
そして投資用不動産は結局買っていただいた方に損害を与えることも多々あります。(というよりもかなり。)

なので私自身はこの記事を読んでいただいた方にはいってほしくない業界と言えます。

他にはプレデンシャル生命を筆頭とした生命保険会社も当てはまります。

こちらは完全成果給。
年収数千万と200万が隣同士に座るというすさまじい世界が展開されています。

自分の営業力に自信があるなら、こういった成果給の会社に行くというのもありな選択かもしれません。

転職希望者で年収1000万以上の会社に行きたい場合

年収1000万というのはかなりハイクラスの求人であり、転職希望者自身のハイスペックな人材であることが求められます。

そして転職サイトを使うにしても(というよりヘッドハンティング以外、転職サイトを使うのはマストです。)
おすすめなのはリクルートエージェント。

というのもリクルートは業界最大手だけあって求人数が最多。

リクルートエージェントだけにしかのせてない求人というのも多い。

レジュメの登録だけで、年収1000万以上の求人を希望すれば、リクルーターの方が1000万以上の会社を紹介してくれます。

無論ある程度のスペックは求められますが、転職時が一番給与があがるのが日本の転職市場。

さらに今現在は好景気の影響で、優良求人は多くあり1000万以上の会社に行きたいのであれば、リクルートエージェントが最もおすすめな会社の一つと断言できます。

下記公式サイトより無料で会員登録可能です。

リクルートエージェント公式サイト

また1,500万以上の高給な求人をそろえているのは間違いなくビズリーチです。

ビズリーチは競合他社との差別化の為に高給な求人を取り扱うことに力を入れています。
実際調べたところ、年収1500万を狙える求人はビズリーチが一番多い。

(外資の高給案件や、超大手企業の管理職案件など2000万、3000万を狙える案件を一番多く取りそろえています。)

高給企業に特化した優秀なエージェントのサポートを受けつつ、転職を狙う。

外資を含む高給企業に転職したいのであれば、間違いなくビズリーチを使うのが優秀な戦略になります。

こちらも下記公式サイトより無料で会員登録可能です。

ビズリーチ公式サイト

それなりの給料を貰え、時間が多い隠れた優良企業に入社されたい方は下記記事をご参考にしてください。
[就活生、転職希望者必見]隠れた優良企業メーカー一覧!

 

また就活生で超一流企業に行きたい場合完璧なESが求められます。ですので受かったESを基本として、受かりやすいESを書いてください。

下記公式サイトより一流企業に通ったES、面接対策が確認できます。

就活生が感じるリアルな就活情報【就活ノート】

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント