グリーンインフラレンディング

グリーンインフラレンディング

グリーンインフラレンディング投資家資金流用!全件期失で今後どうなる?裁判は?

グリーンインフラレンディングの不正や問題事項を時系列。グリフラ&JCサービス社長の過去は信頼できない。マネオマーケットもJCサービスも虚偽の説明を繰り返している。お金の分別管理もできていない。返済計画にも進展がなし。法務局供託資金を勝手に取戻し、投資家資金をJCサービスへ無断貸出。返済計画は虚偽で詐欺事件といえる。
maneo

maneoファミリー遅延業者トラブルまとめ。外部調査報告で問題が不正&問題が明らか!危険な業者は?

マネオ&マネオファミリーで遅延している業者のまとめ。maneoファミリーの中でも投資家資金の回収が絶望的なのは、ガイアファンディングとクラウドリース。CFFも回収は厳しく、maneo本体でも川崎ファンドや沖縄ファンドはほとんど回収できないだろう。原因はmaneoがファミリー&貸し付け先について調査しなかったこと。
FANTAS funding

ソーシャルレンディングやばい&危ない業者と実績がある安全な業者の見分け方!危険で大損業者は避けろ!

ソーシャルレンディングの危なくてやばい業者の特徴と、高利回りながら信頼できるソーシャルレンディング業者の違い。 信頼できる業者は上場企業から支援をうけ、IPO間違いなしになっている為、高利回りファンドやキャッシュバックキャンペーンが行える。一方独立系は予算がないため、異常な高利回りなどは詐欺目的といえる。
グリーンインフラレンディング

グリーンインフラレンディング裁判に先立ちJCサービス中久保氏の主張掲載!maneo問題!超速報

グリーンインフラレンディングの裁判の開始に先立ちJCサービス中久保氏の主張が発表された。中久保氏はどちらも社長も務める。要点としては証券取引監視委員会やNHKの報道は虚偽であり、ファンドは存在しており、資金の不適切流用なないと主張。ただ証券取引監視委員会が虚偽という可能性は非常に考えずらく、裁判対策の主張と思われる。
クラウドリアルティ

クラウドリアルティ社長鬼頭氏は怪しい?詐欺や不正を行ったソーシャルレンディング業者と異なる?評判は?

クラウドリアルティ社長の鬼頭氏の過去の経歴や評判を調査。不正を行うソーシャルレンディング業者は社長の過去が怪しいため、投資をする際には社長の評判を調べるのは必須。社長の鬼頭氏は東大、ボスコン出身で不動産ビジネスに従事しており、不動産クラウドファンディングビジネスを行うのは納得。三菱UFJなどVCが出資しているも信頼材料
maneo

maneo(マネオ)&maneoファミリーは何故突如不正行為を認め始めたのか?<追記>

マネオ&マネオファミリーで自ら不正行為を認め始めた理由は単純で、行政指導(金融庁または関東財務局)が理由です。マネオマーケットとしてはソーシャルレンディングビジネスを続けたい以上、行政に従い免許取消などの処分を避けたい。ですので自主的に認め始めたという訳ではありません。ポンジスキームに近い不正行為もあり、非常に悪質
maneo

maneo&maneoファミリーが大量期失はグリフラ問題以降なら予想できたのか?

グリーンインフラレンディングの問題発覚以降一度も誠実に対応していないマネオ&マネオマーケットは信頼すべきではなく、再投資すべきではなかった。金融の世界は信頼がすべてであると再確認することが投資家に求められる。
maneo

マネオファミリーはmaneo(マネオ)が債権を飛ばす為?グリフラファンドとマネオファンドは一緒!

maneoの急成長の裏に隠されていたのはリファイナンスとファンド(債権)飛ばし。マネオが自社で募集したファンドがうまくいかないことが解ると、他のマネオファミリーへ債権を飛ばしてました。グリーンインフラレンディングなどへ本体のファンドを飛ばし、デフォルトをおこしていないように見せかける。その事実が明るみに出ています。
スポンサーリンク