グリーンインフラレンディング

maneo

maneoファミリー終焉に入ったね。電話対応も終了。確定申告で損益通算することのみ考えるべき!

ソーシャルレンディング最大手であったmaneoとmaneoファミリーだったが数々の不正行為の結果、業務が停止。ファミリーの1社であったキャッシュフローファイナンスでは償還が0.1%を下回った。全ての業者で償還する意思がなく、逃げ切りに張っており、電話対応すらしないことが発表された。投資家大損が決定したといえる。
Rimple

ソーシャルレンディング詐欺訴訟一択!大金投資なら弁護士に相談しろ!詐欺業者を信じる愚か者になるな!

ソーシャルレンディングで詐欺に引っかかった場合、裁判や訴訟にすぐに動くべき。投資家資金流用などを起こす業者は詐欺を行ったことは明白であり、訴訟を行わない限りお金は取り返せない。民事訴訟ははやいもの順であり、泣き寝入りをしないためにもすぐにうごくべきだろうといえる。
グリーンインフラレンディング

maneo一派の詐欺&不正まみれ太陽光発電まとめ。私がmaneoから逃げ切れた理由おすすめ太陽光発電

ソーシャルレンディング最大手であったmaneoのファンドは担保価値の水増しなどを含めて詐欺であった。特にmaneoやmaneoファミリーの太陽光発電はひどく、ファンドの実態が存在しないなどを金融庁やNHKで放送されるほど。不正まみれのmaneoと異なり信頼できるのはクラウドリアルティ太陽光発電ファンドとなる。
maneo

maneoファミリー遅延まとめ。債権譲渡で元本大幅毀損確定!詐欺ファンドはなぜ組成された?

マネオ&マネオファミリーで遅延している業者のまとめ。maneoファミリーの中でも投資家資金の回収が絶望的なのは、ガイアファンディングとクラウドリース。CFFも回収は厳しく、maneo本体でも川崎ファンドや沖縄ファンドはほとんど回収できないだろう。原因はmaneoがファミリー&貸し付け先について調査しなかったこと。
グリーンインフラレンディング

グリーンインフラレンディング投資家資金流用!全件期失で今後どうなる?裁判は?

グリーンインフラレンディングの不正や問題事項を時系列。グリフラ&JCサービス社長の過去は信頼できない。マネオマーケットもJCサービスも虚偽の説明を繰り返している。お金の分別管理もできていない。返済計画にも進展がなし。法務局供託資金を勝手に取戻し、投資家資金をJCサービスへ無断貸出。返済計画は虚偽で詐欺事件といえる。
maneo

ソーシャルレンディングはmaneoを筆頭に正直オワコン!不正や詐欺が多すぎ問題!

ソーシャルレンディングは正直オワコン。業界の大手のクラウドクレジットもデフォルトを連発。かつての業界最大手のmaneoもどうしようもない状況に追い込まれており、詐欺ファンドが非常に多い。今後は不動産クラウドファンディング業者に投資家は流れていくだろう。
maneo

マネオファミリーはmaneo(マネオ)が債権を飛ばすために作られたのでは?グリフラ=maneo

maneoの急成長の裏に隠されていたのはリファイナンスとファンド(債権)飛ばし。マネオが自社で募集したファンドがうまくいかないことが解ると、他のマネオファミリーへ債権を飛ばしてました。グリーンインフラレンディングなどへ本体のファンドを飛ばし、デフォルトをおこしていないように見せかける。その事実が明るみに出ています。
Rimple

グリーンインフラレンディングから発表!10割返済はとうていあり得ない

グリーンインフラレンディングから償還にかかわる発表。コロナ禍のため進捗なし。これにより償還がとまってから約2年以上なんら動きがないこととなった。
FANTAS funding

ソーシャルレンディングやばい&危ない業者と実績がある安全な業者の見分け方!危険で大損業者は避けろ!

ソーシャルレンディングの危なくてやばい業者の特徴と、高利回りながら信頼できるソーシャルレンディング業者の違い。 信頼できる業者は上場企業から支援をうけ、IPO間違いなしになっている為、高利回りファンドやキャッシュバックキャンペーンが行える。一方独立系は予算がないため、異常な高利回りなどは詐欺目的といえる。
グリーンインフラレンディング

グリーンインフラレンディング裁判に先立ちJCサービス中久保氏の主張掲載!maneo問題!超速報

グリーンインフラレンディングの裁判の開始に先立ちJCサービス中久保氏の主張が発表された。中久保氏はどちらも社長も務める。要点としては証券取引監視委員会やNHKの報道は虚偽であり、ファンドは存在しており、資金の不適切流用なないと主張。ただ証券取引監視委員会が虚偽という可能性は非常に考えずらく、裁判対策の主張と思われる。
スポンサーリンク