米国株投資をするのが日本株投資をするよりもはるかに正解な理由

はいどうもソーシャルレンディングの通知簿を運営するエニートです。

最近米国株は絶好調ですね。ぶっちゃけリスクまみれのソーシャルレンディングで年利2%のファンドに投資するくらいなら、米国株のコカ・コーラとかP&Gとか常に配当金をだす株に投資をしたほうがはるかに安全に効率的に増やせますよ。(ソーシャルレンディングで投資をするならSBIソーシャルレンディングの高利回りファンドくらいが投資判断もしてもいいんじゃないないんですか?)

今回はなぜ日本株ではなく、米国株を購入すべきなのか?ということについて解説していきたいと思います。

米国株は右肩あがり!日本株はバブル以降一度も高値を更新していない

もうこれが結論ですよね。

勝手に右肩上がりに株価が上がっていく米国株。株価が上がらない日本株。

どちらが適当に買っても(この表現は適切ではないかもしれませんが笑)、資産が増えていたのか?というのは明確。

また投資信託にしても日本の投資信託はぼったくり商品しかなかったため、手数料が高い&株価があがらない。

こんな状況では日本株に投資する日本人投資家の資金が増えていくはずがありません。

NYダウは右肩あがり!これがチャートだ!

1989年に2000ドルであったNYダウですが、今は27000ドル!

つまりNYダウにたいする投資信託に投資をしていれば、13倍以上に増えているわけです。

もう圧倒的ですね。では日本株の1989年を比べてみましょう。

1989年の株価から今の日本株は大幅に安くなっている。

夢のような民主党政権の時は、8000円、1ドル80円という夢のような株価、対ドルを示した後、アベノミクスにより株価急上昇。

とはいえ、39000円にははるかに届かない株価。この結果からも日本株に投資をするよりも米国株に投資をする方がはるかに効率的というのが分かりますね。

おすすめのETFとしては

QQQかVYM

ハイテク株のETFか高配当株を中心に投資信託のポートフォリオを組むのが正解でしょう。(間違ってもソーシャルレンディングに全つっぱはおすすめできません。詐欺業者に引っかかって大惨事のかたも多くいますし。)

我々は冷静に判断し、優秀な投資信託や株式メイン。サブで優良ソーシャルレンディング業者を中心に投資を進めていきましょう。(間違ってもみんなのクレジットやラッキーバンク、トラストレンディングで口座開設をすすめていた方を参考にし、ソーシャルレンディングに自己資金のほとんどを投資するなどは投資家にとって非常に危険なため避けましょう!)

日本株でも投資信託でもS&P500(emaxis slimシリーズ)を購入しても手数料が安いため問題ないかとおもいます。

S&P500の優位性については下記リンクの記事を参考にしてください。

積み立てNISAのおすすめはS&P500一択!40年後に1億貯まる!?老後問題はこれで解決!

また海外のETFは楽天証券などのネット証券でしか購入できなのでネット証券の口座を開設するのが正解でしょう。

楽天証券

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント