クラウドバンク

SBIソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングで複利効果を高められる優良業者どこ?複利効果の最大化!徹底調査し比較!

ソーシャルレンディングにおいて多額の投資をするのであればマネオが一番複利の効果を感じられ、少額の投資であればクラウドバンクが一番複利の効果がある。満期一括型であれば(税制上満期一括型が有利)クラウドクレジットが高利回りでおすすめ。マネオ、クラウドバンク、クラウドクレジットは安定し、信頼できるリスクの低い業者といえる。
クラウドバンク

バイオマスファンドがお勧めな理由!クラウドバンクも売電価格がたかいファンドが充実してきた印象です!

ソーシャルレンディング業界の大手であるクラウドバンクから珍しいバイオマスファンド。売電価格が高いため、完成すれば買い手がつきやすいファンドといえる。クラウドバンク自身の信頼性としても証券会社が運営している。今まで一度も元本割れなしという実績。2019年も大幅な黒字の達成。多くのポジティブ要素もあり、お勧めの業者といえる
Funds

fundsはSBIソーシャルレンディングやクラウドバンクを抜き、業界NO.1になれるのか?<追記>

ソーシャルレンディング業者の中でも屈指の人気業者であるfundsですが、SBIソーシャルレンディングを抜いて、業界一位になることは有り得ません。fundsは上場企業などの社債に近い安全性の高いファンドを組成することで利潤を上げることを目的としていますが、SBIは大型ファンドでの営業者利益で稼ぐことを目的としているため
maneo

maneoファミリーで生き残れる会社、生き残れない会社。不正をしなかった誠実業者はこれだ!

maneoファミリーで生き残れるのは不正を行わなかった業者。他のソーシャルレンディング業者のプラットフォームを使用することは可能であり、実際クラウドバンクに合流などが行われている。一方不正が明らかになっている業者は生き残ることは不可能であり、サービサーへの債権売却など投資家にとって厳しい未来が予想される。
maneo

maneoファミリー再編成!誠実な業者は他のソーシャルレンディング業者へ合流!おめでとうございます!

maneoファミリーの中でも再編の動きがあり。高利回り業者ながら一度も遅延もなく誠実業務を遂行していたさくらソーシャルレンディングはsamurai証券に合流。スマートレンドの最終貸し付け先はクラウドバンクに合流することになった。誠実に業務をおこなっていた業者の提携先がみつかっており、業界再編の動きは加速するだろう。
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディングで失敗大損を避け、安定して儲けるコツ!不正を起こす業者の見極め方は!?

ソーシャルレンディングで失敗や大損を避ける為には、一番必要なことは危険な業者に近づかないこと。危険な業者の特徴は社長が怪しい。異常な高利回りなどの特徴があります。逆に信頼できる業者としては、上場企業の傘下。証券会社が運営。大企業やVCが出資。不動産型CFである。危険な業者を避ければ、安定したインカムゲインを得られます。
fundinno

ソーシャルレンディング高利回り業者お勧めベスト3!リスク安全性徹底比較解説!どこが優秀な業者?

高利回りのソーシャルレンディング業者の中でおすすめはクラウドバンクとクラウドクレジットとSBIソーシャルレンディング。ソーシャルレンディング業者は不正も多く、信頼できる事業者か調査することが一番重要。SBIソーシャルレンディングはバ業界NO.1。クラウドバンクは証券会社が運営、クラウドクレジットは大手企業が支援している
FANTAS funding

2019年お勧めソーシャルレンディング業者ベスト5!徹底比較しメリット解説!投資成績はどうだった?

ソーシャルレンディング高信頼度業者を比較。お勧め業者ファンドランキングベスト5。何故その業者&ファンドが信頼できるのか?客観的な基準を用いて、徹底評価。不正を起こす業者とどの点が異なるのか?投資家は何を基準に投資先を決めれば良いのか?高利回りファンドでも信頼できる。担保付きで投資家に安全など様々な角度から業者を評価!
FANTAS funding

ソーシャルレンディング業者でキャッシュバック&キャンペーンが行える業者はどういった業者?

ソーシャルレンディング業者でキャンペーンやキャッシュバックを行う会社は多いが、詐欺目的で行う業者も存在した。見極め方としては独立系で社長の過去が怪しいor不明。異常なまでのキャッシュバック率や10%を超える。反対に信頼できるのは大企業の資本が入っている。証券会社が運営している。上場企業の傘下などが信頼できる特徴。
クラウドバンク

クラウドバンクが太陽光発電ファンド以外も充実!?スマートレンドや上場企業支援ファンド拡大!

クラウドバンクが太陽光発電ファンド以外にも、上場企業支援ファンドやスマートレンドの最終貸し付け先と同一のファンドの募集を開始した。太陽光発電ファンドは売電価格が高い為優秀だが、分散投資の観点からも他の優れたファンドが多くでてくる事態は歓迎すべきだろう。
Advertisements