ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディング

株式投資型クラウドファンディングユニコーン(unicorn)の第一回ファンドは満額成立!

株式投資型クラウドファンディング業者ユニコーン(unicorn)から第一回案件の内容が発表された。観光アプリ開発業者ファンド。すでに国からの支援&東京メトロとの提携が発表されている。ユニコーン自身も社長の経歴や国からの支援を取り付けていることから解るように信頼性が非常に高く、投資を検討すべき会社とひとつと言える。
maneo

maneo(マネオ)ファミリーは債権回収の意思なし!不正を認め始め、事態は最終局面か?

maneoファミリーが全体的に債権回収に積極的に動かない理由は事業継続の意思をほとんど失っているから。リファインスを前提としてファンドを組成していたが、グリフラ問題を発端とし、リファイナンスの基準を厳格化。その結果事業が継続できなくなったマネオファミリー事業者はマネオマーケットに激怒。債権回収を投げ出したことが原因。
FANTAS funding

fantasfundingからファンドの償還!年利8%で投資大成功!

fantasfundingのfantascheckから年利8%のファンドの償還がありました。fantasfundingは20%の劣後出資者であり、不動産特別法の傘下に置かれるため、信頼性としては屈指と言えます。ソーシャルレンディングのように担保価値の水増しはできません。
クラウドクレジット

高利回りを狙うならクラウドクレジット!最大年利43%!お勧めの3つの理由!リスクデメリットも解説!

クラウドクレジットがお勧めできる理由は3つ。伊藤忠や電通を筆頭に大企業が株主として支援。海外ファンドゆえの高利回り。不正が起きないような監査体制の充実。お勧めのソーシャルレンディング業者です。
cool

新しいソーシャルレンディング業者cool!アマゾンギフト件をプレゼントも今現在はいまいちか?

新規で参入してくるソーシャルレンディング業者のcool。ファンドの内容や会社の状況としては今後に期待ができるもののいまいち。低利回り業者としては信頼性が低いし、高利回り業者ほどの利回りは提供できていない。ただアマゾンギフト券を1000円分をプレゼントする体力もあり、今後のファンド次第で投資を検討すべき業者と言える。
Funds

maneo(マネオ)&マネオファミリーが倒産した場合投資家は貸し倒れ?監査法人も外れ同意事項も不穏!

ソーシャルレンディング最大手ながら不祥事が次々と発覚しているmaneo(マネオ)が倒産した場合、投資家のお金はどうなるのか?と聞かれると、ディポジット、運用中のファンド問わず、破産法の下、破産管財人の手に渡ります。そして一般債権者となり、他の債権者とお金を分け合う。非常にリスクが高い状態におかれることとなります。
cool

coolは新規ソーシャルレンディング業者でアマゾンギフト券を配る怪しい危険&リスク?調査してみた!

ソーシャルレンディング業界に新規で参入してくるcool。アマゾンギフト券を口座開設だけでプレゼントするキャンペーンを行っている。事業者として怪しい点はなく、社長の河原氏は元クラウドバンクの取締役。アジアマーケット特に中国市場に特化したファンドの組成を中心にする予定。新たな業者ながら注目の高信頼度業者といえそうだ。
CREAL(クリアル)

不動産型クラウドファンディングがおすすめ徹底比較!信頼業者と特徴!不正が起きない!リスクは?

maneoと異なり不正ができない仕組みになっている不動産型ソーシャルレンディングとクラウドファンディングの違いとメリットとお勧めファンドを解説。不動産型クラウドファンディング業者はのcreal住所が明記。劣後出資者として投資家の同じファンドに投資。owners bookはLTVが低く、上場企業の傘下。信頼性別格。
グリーンインフラレンディング

グリーンインフラレンディングに検察(特捜)が入ったのが本当なら事態は好転する?fact情報!

一年間何も進捗させなかったグリーンインフラレンディングに検察が入ったという情報が本当なら投資家にとって朗報と言えます。司法が介入し、不正行為が明るみにでれば、実刑を免れるために自主的に返済する可能性が高まるためです。投資家資金の不正流用や、ファンドの実態のなさ。供託金の無断取り戻しなどの数々の不正行為は許されません。
Funds

fundsはSBIソーシャルレンディングやクラウドバンクを抜き、業界NO.1になれるのか?

ソーシャルレンディング業者の中でも屈指の人気業者であるfundsですが、SBIソーシャルレンディングを抜いて、業界一位になることは有り得ません。fundsは上場企業などの社債に近い安全性の高いファンドを組成することで利潤を上げることを目的としていますが、SBIは大型ファンドでの営業者利益で稼ぐことを目的としているため
Advertisements