クラウドバンク

fundinno

ソーシャルレンディング高利回り業者4社!優秀なファンドと正しい投資方法はどれ?徹底解説!

高利回りのソーシャルレンディング業者の中でおすすめ業者徹底解説。信頼できる業者としてのエビデンスを持つ業者のみ厳選。証券会社が運営している。大手企業がバックアップしている。SBIの傘下など、客観的な根拠をもつ業者のみ厳選。ファンド毎のおすすめの投資方法や、なぜその業者が高利回りファンドを組成できるのか理由を徹底解説!
samurai

ソーシャルレンディングで海外ファンド投資!気をつけるべきポイントとリスク!おすすめの業者&ファンド!

ソーシャルレンディングで海外案件に投資!評判を調査。メリットデメリットとリスク。お勧めファンドについて利回りを含めて徹底解説!外貨建てであればその通貨が強いのか?(常に円高にならないか。)為替ヘッジ付きかどうか。償還実績はどうかなどを調査することが大切。投資にするにたる信頼性が高い海外ファンドについて徹底解説。
SBIソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングで複利効果を高められる優良業者どこ?複利効果の最大化!徹底調査し比較!

ソーシャルレンディングにおいて多額の投資をするのであればマネオが一番複利の効果を感じられ、少額の投資であればクラウドバンクが一番複利の効果がある。満期一括型であれば(税制上満期一括型が有利)クラウドクレジットが高利回りでおすすめ。マネオ、クラウドバンク、クラウドクレジットは安定し、信頼できるリスクの低い業者といえる。
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディングファンド比較!業者毎のお勧め優良ファンドはこれだ!<追記>

ソーシャルレンディング業者毎のお勧めファンド、お勧めしないファンドの一覧。リスクや利回りを考慮し、自分にあった投資ファンドを見つけて貰うのが目的。担保がついているか。太陽光発電ファンドであれば売電価格はどうかなどソーシャルレンディング業者の特徴について説明をしている。
クラウドバンク

バイオマスファンドがお勧めな理由!クラウドバンクも売電価格がたかいファンドが充実してきた印象です!

ソーシャルレンディング業界の大手であるクラウドバンクから珍しいバイオマスファンド。売電価格が高いため、完成すれば買い手がつきやすいファンドといえる。クラウドバンク自身の信頼性としても証券会社が運営している。今まで一度も元本割れなしという実績。2019年も大幅な黒字の達成。多くのポジティブ要素もあり、お勧めの業者といえる
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディング利回り別おすすめ業者!2019年徹底比較!業者ごとのおすすめはこれ!

ソーシャルレンディング利回り別におすすめの業者をランキングした。前提条件として信頼できる業者であり、その信頼できるという客観的にエビデンスを持つ業者に限定。不正リスクが低い、優秀な業者のみピックアップした最近のランキング。
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディングおすすめ徹底比較!信頼業者のランキングと特徴は?利回りとリスク!投資実績付き!

ソーシャルレンディングおすすめ比較ランキング。リスクとメリット。業者毎におけるお勧めの投資方法。プロとソーシャルレンディング業者を徹底比較し、その信頼度毎にお勧めランキング客観的な評価基準で選定。利回り、元本回収率、投資難易度、運用手数料、ファンド毎のリスクなど各事業者について徹底解説し、不正をおこす業者は除外。
クラウドクレジット

ソーシャルレンディングの不正や詐欺は見極められるのか?maneo&ファミリーの不正問題について!

不正を起こすソーシャルレンディング業者の特徴は4点。ホームページが異常にシンプル。高利回り業者である。社長の過去が怪しい、または一切情報がない。ホームページ上に顔写真があがっていない。上記4点が不正を起こし、危険なソーシャルレンディング業者。反対に信頼できる業者の特徴は上場企業傘下、VCが機能、証券会社が運営している。
maneo

maneoファミリーで生き残れる会社、生き残れない会社。不正をしなかった誠実業者はこれだ!

maneoファミリーで生き残れるのは不正を行わなかった業者。他のソーシャルレンディング業者のプラットフォームを使用することは可能であり、実際クラウドバンクに合流などが行われている。一方不正が明らかになっている業者は生き残ることは不可能であり、サービサーへの債権売却など投資家にとって厳しい未来が予想される。
maneo

maneoファミリー再編成!誠実な業者は他のソーシャルレンディング業者へ合流!おめでとうございます!

maneoファミリーの中でも再編の動きがあり。高利回り業者ながら一度も遅延もなく誠実業務を遂行していたさくらソーシャルレンディングはsamurai証券に合流。スマートレンドの最終貸し付け先はクラウドバンクに合流することになった。誠実に業務をおこなっていた業者の提携先がみつかっており、業界再編の動きは加速するだろう。
Advertisements