クラウドバンク

CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディングで失敗大損を避け、安定して儲けるコツ!不正を起こす業者の見極め方は!?

ソーシャルレンディングで失敗や大損を避ける為には、一番必要なことは危険な業者に近づかないこと。危険な業者の特徴は社長が怪しい。異常な高利回りなどの特徴があります。逆に信頼できる業者としては、上場企業の傘下。証券会社が運営。大企業やVCが出資。不動産型CFである。危険な業者を避ければ、安定したインカムゲインを得られます。
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディングおすすめ人気業者比較信頼度ランキング!2019年!徹底解説!投資実績付き!

信頼できるソーシャルレンディング比較ランキング。事業者リスクとメリット。その業者におけるお勧めの投資方法。不動産のプロや銀行員とともにソーシャルレンディング業者を徹底比較し、その信頼度毎にお勧めランキング客観的な評価基準で選定。利回り、元本回収率、投資難易度、運用手数料、ファンド毎のリスクなど各事業者について徹底解説。
クラウドバンク

クラウドリースから安定の何もしていない進捗報告!個別案件がすべて遅延する時点で詐欺は確定的では!?

クラウドリースから債権回収について何ら進捗していない報告があった。問題点は遅延に課河原瑠事項なのにもかかわらずメールで報告せず、公式サイトでのみ発表するという姿勢。情報提供を検討するという態度。全ての案件で期限の利益の喪失を起こしている以上詐欺は確定的。情報を提供するのは義務であり、このような態度からも信頼できない業者
SBIソーシャルレンディング

ソーシャルレンディング業者で一番複利のパワーを使えるのはどこだ!?投資成績付きで徹底調査!

ソーシャルレンディングにおいて多額の投資をするのであればマネオが一番複利の効果を感じられ、少額の投資であればクラウドバンクが一番複利の効果がある。満期一括型であれば(税制上満期一括型が有利)クラウドクレジットが高利回りでおすすめ。マネオ、クラウドバンク、クラウドクレジットは安定し、信頼できるリスクの低い業者といえる。
fundinno

ソーシャルレンディング高利回り業者お勧めベスト3!リスク安全性徹底比較解説!どこが優秀な業者?

高利回りのソーシャルレンディング業者の中でおすすめはクラウドバンクとクラウドクレジットとSBIソーシャルレンディング。ソーシャルレンディング業者は不正も多く、信頼できる事業者か調査することが一番重要。SBIソーシャルレンディングはバ業界NO.1。クラウドバンクは証券会社が運営、クラウドクレジットは大手企業が支援している
クラウドバンク

クラウドバンクから今月も分配金get!年利も7%over!やっぱり投資して正解だった!!

クラウドバンクからの分配金。2019年9月も7%を超えていた。高配当のファンドも非常に多く、安定しているため屈指のお勧めのファンドをそろえていると言える。
FANTAS funding

2019年お勧めソーシャルレンディング業者ベスト5!徹底比較しメリット解説!投資成績はどうだった?

ソーシャルレンディング高信頼度業者を比較。お勧め業者ファンドランキングベスト5。何故その業者&ファンドが信頼できるのか?客観的な基準を用いて、徹底評価。不正を起こす業者とどの点が異なるのか?投資家は何を基準に投資先を決めれば良いのか?高利回りファンドでも信頼できる。担保付きで投資家に安全など様々な角度から業者を評価!
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディングファンド比較!業者毎のお勧め優良ファンドはこれだ!<追記>

ソーシャルレンディング業者毎のお勧めファンド、お勧めしないファンドの一覧。リスクや利回りを考慮し、自分にあった投資ファンドを見つけて貰うのが目的。担保がついているか。太陽光発電ファンドであれば売電価格はどうかなどソーシャルレンディング業者の特徴について説明をしている。
FANTAS funding

ソーシャルレンディング業者でキャッシュバック&キャンペーンが行える業者はどういった業者?

ソーシャルレンディング業者でキャンペーンやキャッシュバックを行う会社は多いが、詐欺目的で行う業者も存在した。見極め方としては独立系で社長の過去が怪しいor不明。異常なまでのキャッシュバック率や10%を超える。反対に信頼できるのは大企業の資本が入っている。証券会社が運営している。上場企業の傘下などが信頼できる特徴。
クラウドバンク

クラウドバンクが太陽光発電ファンド以外も充実!?スマートレンドや上場企業支援ファンド拡大!

クラウドバンクが太陽光発電ファンド以外にも、上場企業支援ファンドやスマートレンドの最終貸し付け先と同一のファンドの募集を開始した。太陽光発電ファンドは売電価格が高い為優秀だが、分散投資の観点からも他の優れたファンドが多くでてくる事態は歓迎すべきだろう。
Advertisements