ママ必見シリーズ!積み立てニーサ+確定拠出年金で定年時1億貯蓄! | 週刊 資産運用通信! (社会貢献と資産運用の両立)

ママ必見シリーズ!積み立てニーサ+確定拠出年金で定年時1億貯蓄!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はいどうもエニートです。
当ブログは赤ちゃんがいる家庭にお勧めの資産運用方法+独身の資産運用+ブラック企業からよい企業に転職する
この三本を軸に話していこうと思います
まあいわゆる節操のない雑記ブログですな

今回は赤ちゃんがいる家庭シリーズ

夫婦30歳赤ちゃんがいる家庭から 老後に一億貯めておきたいと言われた件

こっこいつらあっさり一億とかいってくれるぜ

 

詳細としては赤ちゃんがいる家庭の30歳夫婦なんですけど、豊かな老後を目指しているとのことで、老後までに1億作りたいとのこと。
私個人の感想としては60歳から一億もいらないとは思うんですけど、どうしても一億欲しい。どうしたらいいかと相談を受けました。
(現在の貯金は200万程度とのこと)

下記やる夫は管理人だと思って下さい

(一億か?なかなか難しい相談だお)

(でもひらめいたお)

結論から言ってしまえば下記2点を理論上の平均値で運用ができれば1億貯めることは可能です(理想値ではなく平均値です)

①夫は確定拠出年金をフルで使う

30歳夫婦が通常の方法で1億作るというのは並大抵のことではできません。

そこで税制上有利になる制度をフルで使っていきます。
確定拠出年金について詳しいことはこの記事では書きません。
ざっくりした説明になりますけど超節税効果があって、増えた場合も非課税。

平均的な年収の500万円だった場合はいくら節税?

500万円の場合、「5万5200円」の節税効果
計算式は難しいから割愛するけど、確定拠出年金をしなかった場合とした場合の違いをシュミレーションしました。(課税額より)

51万8500円-46万3300円=5万5200円の節税効果

超簡単に5万5000円得をする。って覚えていればいいかとおもいます。
具体的な話が読みたい方は下記リンクからどうぞ

確定拠出年金って何?やれば老後は安心ってどういうこと?

そして買い方なんですけどインデックスファンドを組合わせる強気の設定が良いと思います
ニッセイ225インデックスファンドを30%

DC海外債券ファンドを20%

DC新興国債権ファンドを10%

DC海外株式インデックスファンドを10%

DC新興国株式ファンドを30%
こんな感じの組み合わせがおすすめです。なぜかという理由は上記リンクで確認して下さい

掛け金はマックスの2万3千円(むしろ税制上有利になることをすべてやらないと1億は作れません)
この確定拠出年金は必ず入って下さい!

会社に制度自体がない場合は個人ではいります。その場合マネックス証券の確定拠出年金が手数料上優遇されるのでお勧めします
マネックス証券 iDeCo

②夫婦とも積み立てNISAに入る。

この積み立てNISAっていうのは新しく始まった制度なんですけど、これも税制上かなり優遇されます。
日本って投資でお金が増えると20%も税金で取られます
そしてもりかけもりかけと叫んでいる国会議員様のお給料になります。仕事しろよあいつら

積み立てNISAは非課税です!
なので増えた分はそのままもらえ、再投資できます(こうやって複利で運用する。これが重要だと覚えておいて下さい)

月3万3千円まで投資でいます。
この制度は上記の確定拠出年金と違って奥さんが仮に専業主婦でも加入できます。
ですので夫婦両方とも入る。両方はいると月6万6千円まではいれる。

積み立てNISAの商品はどれも優秀なので、特にこだわりがなければSBI証券か楽天証券(理由としては手数料が安いから)のどちらかで始めれば良いと思います。

結論としては非課税額一杯である8万9000円を毎月貯蓄(資産運用に回すことになります)

厳しい額か?と思いますが、30から1億貯めようと思うならこれくらいは必要です(むしろこれくらいで済むのか?と思う方もいるかもしれませんが)
ただ自動引き落としにしておけば、(毎月その手取りから8万9千円引かれるのが当たり前にしておけば)以外と生活はどうにかなります

逆に先に口座に給与を振り込ませて、そこから8万9千円をだす。っというやり方をすると
間違いなく続きません

③インデックスファンドの平均的利回りといわれる年6%で運用した場合

(上の計算式をみた管理人の顔)

計算式は気にしなくて良いです
この計算式は複利を計算する時に必要になる式なのですが、難しくて管理人にはわかりません笑

条件を整理して運用してみよう

条件 30歳夫婦
初期投資150万円 毎月の積立額8万9千円
年利6%のインデックス投資(積み立てNISA、確定拠出年金のため非課税)

下記リンクは自動複利計算ができるサイトにとびます
こちらから複利を計算できます

年 投資      利子      残高

合計 33,540,000.00円 62,229,062.08円 95,769,062.08円

30年間で約3350万円投資することになります!

そうすると

30年後に約9570万になります(パチパチパチ)

ちなみに投資の元本は3350万程度なので複利と節税を使えば約3倍に増える
この9570万に30年分の確定拠出年金の節税額
5万5000円×30年=175万円を足すと
9745万

もうこれは一億といっても良いですね。^^
1億貯めるのはサラリーマン生活だけでは複利を使わないと達成できない(この場合リスクはかなり低いです)

ですので一刻も早く税制上有利な制度を活用する大切さをわかってくれたと思います。
idecoと積み立てNISAを組合わせましょう。(優先事項はideco>>積み立てNISAですが余裕があるなら両方やりましょう。)

手数料の安さを考えるとマネックス証券 iDeCoがお勧め。(対人型証券会社よりネット証券のが人件費が少ない分お得になっています。)
またemaxis slimなどお勧めのファンドを多く取りそろえているという理由で積み立てNISAに関してもマネックス証券の積み立てNISAが1番優秀。(どちらもリンクより無料で口座開設可能です。)

しっかり将来に備えながら赤ちゃんと楽しい家庭を築いていってください^^

人生を楽しみましょう。

このブログがちょっとでもおもしろいと思ってくれた方。

是非ブックマークして暇なとき読みに来てくれるとうれしいです^^
その他赤ちゃんがいる家庭シリーズは下記からどうぞ

ママ必見シリーズ。赤ちゃんがいる家庭でもできる資産運用

ほかにはママさん必見シリーズが資産運用のやり方の話となっていますので参考にしてください
ノシ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA