未分類

CREAL(クリアル)

不動産型クラウドファンディングがおすすめ徹底比較!信頼業者と特徴!不正が起きない!リスクは?

maneoと異なり不正ができない仕組みになっている不動産型ソーシャルレンディングとクラウドファンディングの違いとメリットとお勧めファンドを解説。不動産型クラウドファンディング業者はのcreal住所が明記。劣後出資者として投資家の同じファンドに投資。owners bookはLTVが低く、上場企業の傘下。信頼性別格。
CREAL(クリアル)

不動産投資クラウドファンディング!crealとFANTAS徹底比較!メリット!お勧めは?<追記>

不動産クラウドファンディングの新事業者のcrealとFANTAS fandingは、多くの共通点がある。住所が明記されており、どちらの業者も劣後出資者として投資家の安全が図られている点。相違点はcrealは都心の一等地の土地が中心で、クリアルは千葉などの副都心。利回りはFANTAS fandingのが高い。
未分類

ユニコーンとfundinnoの同意点と相違点!未上場企業に投資!株式投資型クラウドファンディグ!

株式投資型のクラウドファンディング業者fundinnoとユニコーンの同意点と相違点。同意点としては未上場企業の株を取得し、高値で売却をめざすし、それを投資家に還元するハイリスクハイリターン投資。相違点は最低投資金額や今までの実績。どちらも信頼できる業者だがキャンペーンがある分若干ユニコーンが有利と言えるだろう。
maneo

キャッシュフローファイナンスの担保不正売却自白は関東財務局の指示ならあり得る。

キャッシュフローファイナンスで担保の無断売却。そしてその金銭を他のファンドの償還に充てるという重大な不正が発覚した。このような不正を自ら吐露するのは考えずらかったが、関東財務局or金融庁の指導があった結果、行ったと考えるのは十分あり得るシナリオだろう。
キャッシュフローファイナンス

キャッシュフローファイナンス遅延!貸し付け先返済の意思がないファンド有り!

キャッシュフローファイナンスのアナザウェイ遅延案件で報告がありました。内容としてはアナザウェイに返済の意思はなく、キャッシュフローファイナンスからの返済請求を無視しています。何故可能なのかといえば本件はリースバック契約であり、もの引き渡せばアナザウェイに返済の義務はなくなります。担保の精査を行ったCFFの責任は重い。
未分類

マジシャンyoutuberの友人のチャンネル者数伸び方がやばい!

owners book

ownersbookがイオン銀行と提携!信頼性が更に向上♪

ownersbookがイオン銀行と提携した。不動産と銀行はきってもきれない中であり、顧客の紹介を期待できる銀行との提携はownersbookへの大きな追い風。業者としても上場企業の傘下であり、更にLTVの低さも屈指。不正リスクも皆無である。今後もownersbookはソーシャルレンディング業界を牽引するだろう。
Funds

FUNDsの新ファンドは上場企業の連帯保証付き!新時代の幕開けだ!

FUNDsから募集されるフィル・パーク東京スカイツリーリバーサイドファンドは上場企業の連帯保証付きでファンドとしての安全性は極めて高いと言える。確かに利回りは3パーセントと既存のソーシャルレンディング業者と比べると見劣りする利回りだが、安全性を考慮すれば、やはりおすすめのファンドと断言しても問題ないだろう。
未分類

FANTASfundingの2ファンドに投資成功!全て完売まで1分!

fantasfundingのファンドが全て1分以内に完売。2ファンドに投資成功。不動産型クラウドファンディングは住所が明記されており、fantasfunding自身が劣後出資者となっているため、投資家に安全性が高い業者といえる。
maneo

maneo1200億記念ファンドで更に遅延!やはり虚偽説明だった!?

maneo(マネオ)1200億円突破記念ファンドは契約先が資金が集められず、売却に失敗。サービサーへの売却が進んでいます。マネオの説明が真であれば、担保物権付ファンドであるため、8割程度で売却は可能。ですがマネオは虚偽の説明を繰り返しているため、本ファンドについては投資家は監視の目を緩めるべきではないだろう。
Advertisements