ソーシャルレンディング

クラウドリース

クラウドリースの一斉遅延ファンド!イグジットが近く元本割れしないファンド!危険なファンド

クラウドリースでの一斉遅延ファンド。EA社ファンドはイグジットが見えており、投資家の元本が返ってくる可能性が高い。それ以外は注視が必要。クラウドリースが一斉に遅延した理由としては、マネオマーケットがリファインス要件の引き締めを行ったことが原因。クラウドリース&貸し付け先に責任はない。事態の推移に注視が必要。
maneo

マネオ遅延の危険全ファンド!投資家が大損するファンドは?今後どうなる徹底解説!

ソーシャルレンディング業界の大手のマネオ(maneo)で大量に遅延が発生しています。その遅延が発生しているファンドの中でどのファンドが元本大幅棄損の可能性が高い危険なファンドなのか?そして何故その危険なファンドが生まれたのか?何故マネオはそのような危険な業者に貸し付けてしまったのか?ファンド毎に解説しました。
CREAL(クリアル)

Funds!creal!Fantas!新規参入事業者のメリットと特徴!お勧め!徹底比較!<追記>

2019年中心になるであろう不動産クラウドファンディングのcrealとFANTAS funding。ソーシャルレンディング業者のFUNDs。その事業者リスク、社長の人柄、ファンドの内容、信頼性、メリットなど徹底調査し、比較。お勧めの投資先と断言できます。
FANTAS funding

FANTAS fundingのファンド&事業者徹底調査!メリット大!

FANTAS fundingは不動産クラウドファンディング業者の為住所が明記されており、不正リスクは皆無。中古マンションファンド&空き屋再生ビジネスというスキーム上、高利回りのファンドがありえます。劣後出資者になる以上、リスクも限定的であり、実績面からも信頼できる業者と言えます。時代は不動産型クラウドファンディングにシフト。
クラウドバンク

クラウドバンクからお宝太陽光発電ファンド!米国ファンドよりお勧めな理由

クラウドバンクの太陽光発電ファンドは売電価格が高い。宮城県のため、九州地方制電にかからない。など多くのメリットがあります。またクラウドバンク自身も一度も元本割れをしたことがないなど実績面でも十分。ただ今現在急速に円高が進んでいるため、ドル建てファンドよりも太陽光発電ファンドがお勧めになります。
クラウドクレジット

クラウドクレジットからアマゾンギフト件キャンペーン!高利回りで一番おすすめ!

クラウドクレジットのアマゾンギフト件プレゼントキャンペーン。クラウドクレジット事業者自身の信頼性はVCが機能しており大企業がこぞって出資している。またお勧めできるファンドとしては東欧金融事業者支援ファンドで、実績も十分ながら高利回りが期待できる。高利回り業者で一番お勧めの業者である。
maneo

maneo(マネオ)遅延ファンドの債権回収報告!簡単な所感!今後は?[速報]

マネオの遅延両ファンドに関する報告についての所感。収益アパートファンドは売却も十分可能。元本の棄損もあり得るも投資家が納得いく結果となる。一方川崎ファンドは立地条件も悪いため、買い手がなかなかつかない。競売でも売却価格は厳しくなります。元本棄損&抵当権順位付きファンドの為、本件は長引きます。
theo

初心者にお勧めの資産運用方法ベスト4!得する投資!リスク、メリット!解説

リスクが低い資産運用のやり方。さまざまな投資法を組合わせることによって効率的に資産を増やしていきます。確定拠出年金idecoや積み立てNISAで長期の資産運用で元本を増やす。ソーシャルレンディングは高利回りのクラウドクレジットなどを活用し、老後まで1億貯めるにはどうしたら良いのかのやり方を解説しています。
CREAL(クリアル)

crealファンドが他のソーシャルレンディングファンドより優秀な重大理由!

不動産型クラウドファウンディング業者のcreal(クリアル)は事業者自身が劣後出資者になっているスキーム上、投資家と同じ方向を向くセイムボート。ファンドとして非常に固く、成功しやすい。また社長横田氏のバックグラウンドも信頼でき、今後大きく発展していく。他の業者と異なり、事業者自身もリスクを負っている。
CREAL(クリアル)

ラッキーバンク事件を踏まえソーシャルレンディング業者の展望!比較!お勧めランキング!

ソーシャルレンディングを行う上は信頼できる業者選びが重要。具体的言えば各種VC(ベンチャーキャピタル)が株主をつとめ、しっかり監視している業者。証券会社が運営している会社。上場企業の傘下にある業者。クラウドファウンディングで住所が明記されている。それ以外のソーシャルレンディング業者は不正リスクも高く、お勧めできない。
Advertisements