LENDEX!RIZINと提携!一部匿名化解除発表!高利回りのソーシャルレンディング業者信頼性向上!

LENDEX

はいどうもエニートです。

今回は速報。高利回りソーシャルレンディング業者であるLENDEXがついに貸付先限定解除及び匿化・複数化一部解除を発表しました!

今回は本件とLENDEXの信頼性、そしてお勧めのファンドについて記事にしていきたいと思います。

<追記>

LENDEXがびっくりするところからファンドの組成をおこないました。

なんとRIZIN!あの格闘技のRIZIN!大晦日にフジテレビで行われる番組!ちょっと信じられないニュースですね。

本件についても記事にしたいと思います。

LENDEXが貸付先限定解除及び匿化・複数化一部解除を発表

lendexからついに匿名、複数化一部解除が発表されました。

LENDEXをご利用いただき、誠にありがとうございます。

今まで当社は不動産投資を目的とする者に対して行う貸付事業を行っておりましたが、

この度、業種を限定せず貸付を行うこととなりました。

また匿名化・複数化も一部解除を行い、これに伴い利用規約を一部変更いたしました。

事業の拡大、貸付先の多様化、中小企業活性化、金融機関ではカバーできない融資を目指し

事業者ローンファンドを組成いたします。

今後ともLENDEXをよろしくお願いいたします。

lendexメールマガジンより

(匿名化解除に関するPDFファイルも送られてきたのですが、削除しております。)

他のソーシャルレンディング業者ではすでに匿名化解除がされていましたが、LENDEXはされず。

LENDEX第三者からの担保査定があり、高利回りながら信頼性がたかい業者でした。(某会社のように親族に貸し付け、不当な担保価値の水増しはおこなわれるはずがない。)

ただ、それでもなお匿名化解除がされるのこしたことはありません。

また匿名化解除については記事にしていきたいと思います。

ではつぎにLENDEXが高利回りファンドと言われる理由。そしてその担保査定の信頼性について解説していきたいと思います。

9月に募集された高利回りファンドは1分で完売しました。

募集金額が少ない&超高利回りのファンド。これで埋まらないはずがありません。

本ファドは募集の3時間前に発表されました。

私は残業中であったため、ファンドの募集に気がつきませんでした&LENDEXの口座にお金ははいっていませんでした。(こういったことを考えるとLENDEXに関しては多少口座に余剰金を入れておくべきなんでしょうね。残念)

LENDEXが完売した2ファンドはこんなファンド!

このファンドの立地条件は正直良くない。

ただし3か月後の売却を予定しており、売却できない場合は不動産事業者が既に支払っている売買代金の一部が返還されて、融資金額は返却される。

つまり投資家のリスクは非常に限定的と言えます。

また何故この高利回りが可能なのか?といえば超短期の借り入れだから。

どういうことかというと銀行は超短期融資をいやがります。また銀行は融資までの稟議が降りるまで時間がかかりすぎる。そのため、このような超短期ファンドであれば、事業者が銀行以外からの融資を希望することは有り得ます。(年利換算すると13%ですが、3ヶ月なので3%強で借りれるわけですからね。)

こういうロジックで短期借り入れであれば、高利回りは有り得ます。(反対にラッキーバンクように超高利回りにかかわらず、長期の借り入れは有り得ません。特に都内の不動産であれば、絶対に有り得ません。)

投資案件1
借入人は埼玉県内の不動産事業者Lです。
今回、同社が新たに購入する不動産の売買代金の一部及び修繕費用の一部として、以下の要領で募集いたします。

募集金額:800万円(利回り13.00%/年、期間3カ月、無担保、連帯保証人付、公正証書有)
《元金一括返済、配当は毎月支払》

対象物件:埼玉県三郷市の1棟ビル(土地および建物)

※当案件は無担保・有保証・公正証書有です。
対象物件は他物件も含めて3か月後の売却を予定しており、売却できない場合は不動産事業者が既に支払っている売買代金の一部が返還され、融資金は返済される見込みです。

【投資案件2】
借入人は神奈川県内の不動産事業者Hです。
今回、同社が新たに購入する不動産の仕入資金の一部として、以下の要領で募集いたします。

募集金額 : 700万円 (利回り13.00%/年、期間3カ月、無担保、連帯保証人付、公正証書有)
《元金一括返済、配当は毎月支払》

対象物件:神奈川県横須賀市のアパート(土地および建物)

※当案件は無担保・有保証・公正証書有です。
対象物件は他物件も含めて3か月後の売却を予定しており、売却できない場合は不動産事業者が既に支払っている売買代金の一部が返還され、融資金は返済される見込みです。

LENDEXのメールより

またLENDEXはサービス開始以来一度も元本割れ&貸し倒れがないという実績も魅力の一つと言えます。

ではLENDEX事業者自身についての信頼性。そして東急リバブルの査定がついているということについての解説をすすめていきたいと思います。

まずはソーシャルレンディングで問題となった担保価値の水増しについての問い合わせです。

LENDEXへ問い合わせ!担保査定について!

まずどの投資家が気になること。それは担保価値が正確に査定されているのかどうか。

これはなぜ気にしなければならないかと言えば、以前ラッキーバンク事件が起きたためです。

(ラッキーバンク事件とは、担保価値を虚偽に課題に報告しており、リファイナンスができずに一斉遅延。最終的にはサービサーに売却し、投資家に大損をさせました。)

しかし不動産担保価値の査定は間違いなく正確。
というのも下記問い合わせにすぐに回答して頂いた経験があるからです!

Q 全ての担保査定に東急リバブルさんの査定がついているのでしょうか?

ご確認の程よろしくお願いします。

A 現状、全物件に東急リバブル様の査定がついております。

今後他社の査定額を用いることも可能性としてはございますが、
①「当社独自の査定額」と、②「第三者評価機関(リバブル様など)による査定額」を、融資額設定時に用いるという体制に変わりはございません。
①と②とを比較して、低い方の80%を上限に融資額を設定させていただいております。

レンデックス回答より

もうすばらしいの一言ですね!
一部上場企業である東急リバブルの査定がついている!

 

レンデックスの担保価値を保証している東急リバブルは上場企業

これは一体どういう意味かというと上場企業は、非上場企業と異なり、担保価値で虚偽を書くことはまずあり得ません。

というのも上場企業は非常に厳しい監査の目にさらされます。そこであえて虚偽の申告をすると最悪上場廃止もあり得る。

特に関連もない、レンデックスの担保価値について、上場廃止のリスクを冒してまで虚偽の申告を書くことはあり得ない。
ですから担保価値は間違いなく、東急リバブルが保証する価値は存在しています。

そしてその東急リバブルとレンデックス独自の査定。
その担保評価額が低い方を基準に、担保価値を決めています!

これも投資家にとって安全でしょう。
高い方なら、東急リバブルが1000万として査定したのに、レンデックスは1億と査定。
その1億を基準に貸付額を決められたら、投資家にとって担保価値が全く意味がなくなります。

低い方を基準に査定している!という点もグッドです。

また今回のファンドの募集は高利回り(13%)ファンドの一本勝負でしたが、LENDEX名物のロー&ハイファンドが私の一番のお勧めファンドとなります。

LENDEX独自ファンドのローリスク型はソーシャルレンディング屈指のファンド

 

以前募集されていたファンドはソーシャルレンディング屈指のおもしろさ

 

上記は同一の案件に貸し付けを行っているのですが、利回りと抵当権順位がレンデックス投資家内で異なります!

27-1号、27-2号あわせて6,800万の貸し付けを行います。

ファンドの高利回り型は9%ですが第二抵当権
ファンドの低利回り型は7%ですが第一抵当権

この抵当権というのは万一ファンドがうまくいかなかった場合、優先して返済される順番になります。

言い換えれば担保を処分し、元本を返済される際の優先順位と言えます。

上述の記載と関連しますが、レンデックスのファンドは全件東急リバブルの査定がついている為、担保価値については信頼ができる。
その中で1番に返済されるということがいかに投資家にとって安全かご理解頂けましたでしょうか?

ローリスク型のLTVの低さは屈指

ここは少しマニアックな話になってしまうので、読み飛ばして頂いても構いません。笑

なぜlendexのローリスク型は屈指の安全性なのでしょうか?
このファンドで説明します。
まずLENDEXはLTVが80%以下を謡っているので、担保不動産の価格は6,800万÷80%=最低8,500万円

そしてlendexのローリスク型の貸し付け額は3000万円。
となると3,000万÷8,500万円=35%

脅威の担保価値が65%減少しても元本割れをしません!

ローリスク型がでも年利7%!

と上記の通り安全性ばかり強調してきましたが、利回りが低ければあまり意味がありません。
ですが本ファンドはローリスク型でも利回りが7%もあります。

この年利7%という数字は複利で運用した場合10年で2倍になるすさまじい利回り
高リスク型でもLTV80%で、利回9%ですが、個人的にはローリスク型のが利回りとリスクを考えたとき、屈指のお宝ファンドと呼べ、読んでくださる方にお勧めできます。

<追記&速報!>LENDEXがRIZINファンドを募集!

匿名化解除のニュースとともにとんでもないとこととLENDEXは提携しました。

RIZINは格闘技のあのRIZINです。

不動産ファンドからRIZINとはちょっと振れ幅が大きすぎても反応にこまってしまいました。笑

(あと正直笑ってしまいました。ただこのような大手と提携できることは信頼性の向上につながります。)

おもしろいファンドのため、ご祝儀の意味を込めて本ファンドにクリック合戦に勝てれば、投資をしようかと思います。

ファンド概要

当ファンドは、株式会社ドリームファクトリーワールドワイド様との業務提携をし、
RIZINを世界ナンバーワン格闘技イベントにし、より大規模な大会運営及び各権利ビジネス等を展開していくためのファン参加型の全く新しい形のファンドです。

借入人は株式会社ドリームファクトリーワールドワイド様です。
今回、同社が運営する格闘技イベントの運営資金5,000万円を以下の要領で募集いたします。

募集金額:5,000万円(利回り10.00%/年、期間3カ月、無担保、連帯保証人付、公正証書有)
《元金一括返済、配当は毎月支払》

対象イベント:2019年12月29日開催予定「BELLATR JAPAN」
2019年12月31日開催予定「RIZIN.20」

※当案件は無担保・有保証・公正証書有です。

---------------------------------------------
下記、株式会社ドリームファクトリーワールドワイド 代表取締役 榊原 信行様からのメッセージ

RIZINはじめ格闘技コンテンツの創造を生業とする株式会社ドリームファクトリーワールドワイドは、

このたび、株式会社LENDEX(レンデックス)と業務提携し、大会運営及び各種権利ビジネスをより

野心的に進めるため、『ファン参加型』の全く新しい形のファンドを組成することとなりました。

アメリカを中心に発展を見せるMMAは、昨今ではアジア、ヨーロッパ、オセアニア、そしてアフリカと

いった各地で大会が開催され、盛り上がりを見せております。

メイドインジャパンのRIZINは、そうした各国の大会と協調し、さらなる発展を目指す一方で、

より強力なコンテンツとして確固たる地位を築かねばなりません。

東京ドームや国立競技場といったビッグスケールの会場での開催。

アメリカやアジア圏でのイベント実施。

有能かつ有名な選手のスカウティング。

世界が驚く夢のマッチメイクの実現。

といったことを実現させるためには、弊社の取り組み以外にも、多くのファンや支援者の方々の

バックアップが必要です。

まずは、2019年の年末に開催する「RIZIN.20」のための運営資金をファンド化します。

ぜひこの機会に、ファンの皆さんにもRIZINという格闘コンテンツを一ファンとして楽しむという関わり方

だけではなく、RIZINというコンテンツ創造ビジネスそのもへご参画いただければ幸いです。

株式会社ドリームファクトリーワールドワイド 代表取締役 榊原 信行
ー---------------------------------------------

ご検討の程宜しくお願い致します。

(借入人資料)
・会社謄本
・代表者本人確認資料
・決算書

※これらの資料は弊社での審査の参考情報として借入人から提出を受けたものですが、
その真偽を投資家の皆様に保証するものではありません。

LENDEX公式サイトより

あの年末年始に行われる格闘技のRIZIN。

募集金額も5000万と高額で、利回り10%と破格。

ご祝儀のようなファンドでしょうか?

私もお祝いの意味をこめて本ファンドに投資をおこなおうと思います。

また募集開始も11月14日のため、LENDEXのスピード感を考えれば、11月11日までに投資家登録をしておけば、14日までに投資家登録は可能かと思われます。

LENDEXの問題点は?

今現在の問題点としては、ハイ&ローファンドは人気がありすぎてクリック合戦に勝利しないと投資ができない。という点につきます。ですが今後大型ファンドがでてくるということなので、やっとクリック合戦なしで投資ができるか?というのが素直な感想です。

LENDEXに今後期待したいこと

また今後発表される予定の大型ファンド&匿名化解除についてもわかり次第記事にしていきたいと思います。

特に大型ファンドはクリック合戦なしで投資ができることを期待したい!(クリック合戦は正直運ゲーな要素があります。)

ただ私はそれなりにクリック合戦に勝利できているので、そのコツを下記記事にまとめました。(参考にしてください。)

ソーシャルレンディングのクリック合戦で勝利するコツ!おすすめのやり方!

 

下記LENDEX公式サイトより無料で口座開設ができます。(私も2分程度で口座開設できました。)

LENDEX公式サイト

当ブログは初心者向けに記事を書いているため、どのような業者が高利回りなのか?安全性が高いのか?ということについて下記にまとめました。

是非ご活用していただき、より良い投資生活を送れることを願ってやみません。

信頼できるおすすめのソーシャルレンディング&クラウドファンディング業者

こちらが当ブログ一番の人気記事のお勧めできるソーシャルレンディング業者の一覧です。

ソーシャルレンディング比較!おすすめ業者ランキング!

おすすめできるソーシャルレンディング業者のおすすめファンド一覧

ソーシャルレンディング業者別のおすすめファンドになります。どれも信頼できる優秀な業者の優れたファンドについての解説になります。

ソーシャルレンディング利回り別おすすめ業者ランキング

ソーシャルレンディング安全でリスクが低い低利回りおすすめ業者ランキング

ソーシャルレンディングファンド比較!業者別お勧め優良ファンドはこれだ!

ソーシャルレンディングで高利回りお勧め業者ベスト3!

不正を起こすソーシャルレンディング業者の特徴

みんなのクレジットやラッキーバンクのような業者に引っかからないために、気を付けなければならない点をまとめました。ご参考にしてください。

危険でリスクが高い不正を行うソーシャルレンディング業者の特徴!信頼できる業者の見極め方!

記事を参考にして頂ければ幸いです。

下記が当記事のメインとなったLENDEXの公式サイトになります。(ローリスク型がおすすめです。)

LENDEX公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント