ソーシャルレンディングファンド比較!業者毎のお勧め優良ファンドはこれだ!<追記>

<追記>
以前マネオのファンドは様子見が吉。
というややマイルドな表現だったのですが、今は全く非推奨の業者になりました。

無理にマネオに投資なくとも、その他おすすめの業者は多くあります。
信頼できるという意味でowners bookやクラウドクレジットなど。)

ですのでその信頼できる業者のお勧めファンドのみ投資をされることをお勧めします。
(大切なお金なので、不誠実な業者に無理に投資をすることはないでしょう。)

この業界は投資先を間違えなければ安定したインカムゲインが得られます。

ですので下記の記事を参考にしていただければ幸いです。

<追記2>

新事業者のクリアルもお勧めの事業者に加えました。2018年12月であればクリアルのファンドはキャンペーンと組合わせることで年利10%を超えます。

詳しくは該当記事を読んで頂ければと思います。

 

新事業者であるFANTAS fundingもお勧めの事業者に加えました。不動産型クラウドファンディングのため、住所が明記されている点。空き家再生ビジネスが高利回りでもおかしくなく年利10%越えも十分ありえる。またFANTAS checkというスキームが非常に優秀です。

詳しくは当該記事を読んでください。

<追記 終了>

はいどうもエニートです。
最近ソーシャルレンディング業者毎のお勧めファンド、お勧めしないファンドというのを記事にしていたのですが、

あれ?1つの記事からソーシャルレンディング業者のお勧めファンドについて飛べるリンクを張った記事があったほうが便利じゃないか?
っと思い、早速記事にしました。
ソーシャルレンディング業者は非常に多いため、簡単な説明だけにして、文字数があまりにも多くなりすぎないように気を付けていきたいともいます。
今後もお勧めファンド、お勧めしないファンドを記載する度にこの記事にリンクを追加していこうと思うので、ブックマークなどをしていただき確認して頂けると幸いです。

ソーシャルレンディング業者毎のお勧めファンドとその比較!


以下よりソーシャルレンディング業者ファンド毎のお勧めの説明になります。

クラウドリースのお勧めファンドとお勧めしないファンドは?

クラウドリースはその名の通り、リース契約で貸し付けをおこなう業者ですね。高利回りが特徴なのですが、事業者としての体力が不透明。
中小企業のホールにパチンコなどを貸し付けています。アミューズメント系であれば事業者規模100億程度の会社に貸し付けているファンドを強くお勧めします。

クラウドリースのお勧めファンド。お勧めしないファンド

アップルバンクのお勧めファンドとお勧めしないファンドは?

アップルバンクにはお勧めできるファンドは存在しません。はっきり言って投資家に何のメリットもない。下記リンクに詳しい理由が書いてあります。
アップルバンクはリスク、デメリット大。お勧めしない理由

 

ラッキーバンクのお勧めファンドとお勧めしないファンド

存在しません。そもそも業務再開ができるイメージがわきません。身内貸しで担保価値を誤魔化していたわけですからね。
当然の帰結になります。
ラッキーバンクは詐欺か!?最悪のシナリオと今後どうなる?

<追記>

やはり予想の通り最悪の結末を向かえました。ラッキーバンク詐欺事件!投資家は訴訟すべきか?最悪の結末!

サービサーへの売却を行った結果、投資家の元本は大幅棄損となりました。こういった不誠実な業者は排除されていくべきでしょう。

SBIソーシャルレンディングのお勧めファンドとお勧めしないファンド

大手のSBIグループが手がける業者ですからね。屈指の信頼度。メガソーラー案件が売電価格が高く、安定して利回りをだしています。来年以降も躍進していくでしょう。
SBIソーシャルレンディングのメガソーラー案件はお宝案件です!

クラウドバンクのお勧めファンドとお勧めしないファンド

創業以来一度もデフォルトを出していない屈指の業者です。証券会社が運営していることからも信頼度は抜群。お勧めはやはり太陽光発電。
売電価格が高い、三重県など日照条件が良い環境であれば、クラウドバンクのファンドが失敗するイメージがありません。
クラウドバンクのお勧めファンドお勧めしないファンド

LENDEXのお勧めファンドとお勧めしないファンド

Modern apartment buildings in New Westminster, British Columbia, Canada.

LENDEXのお勧めはもうローリスク型ファンドに間違いありません。LTVも低く、利回りも高い。そして全ての担保に東急リバブルの査定がついているのであれば屈指の信頼度と言えるでしょう。
LENDEXのお勧めファンド!低リスク型は現状最強クラス!即投資実行!

creal(クリアル)のお勧めファンドとお勧めしないファンド

新事業者クリアルなのですがかなりお勧めできる業者になっています。

理由として3点。

1 社長の横田氏は300億の受託財産があるほど投資家から信頼されている。

2 10%がクリアルが劣後出資者(つまりsame boat)こういった事業主が自らリスクをとって共同で出資するファンドは経験上相当固い。

3 12月27日までのオープニングキャンペーン。30万円で2%のキャッシュバック。これを組合わせると年利10%を超える最強の投資ファンドになります。

新規事業者としてCREALは最強の投資先と言えます。

詳しくはcreal(クリアル)のファンドが年利10%越え!何故年利10%越えがあり得るのか?をご参照ください。

FANTAS fundingのお勧めファンドとお勧めしないファンド

Fantas fundingも新事業者なのですが、2019年はソーシャルレンディング業界の中心になることが予想されます。

理由としては3点

1 運営会社のFANTAS technology株式会社 の2017年の売り上げが80億もあり、これは上場企業と比べてもそん色がない。

2 中古マンション販売や、空き家再生ビジネスの実績が十分で、空き家再生ビジネスは年利10%も十分あり得る。

3 FANTAS Fundingも劣後出資者として投資する。万が一の時はFANTASから元本を棄損していく。そのため真剣にファンドの運営を行う。(20%の劣後出資者)

事業者がリスクがとるFANTAS fundingは相当固く、中古市場での実績も十分。
詳しくはFANTAS fundingのファンドが年利10%越えの理由!をご参照ください。

<追記>

FANTAS fundingを調査したのですがこれすばらしいですね。

中古マンションビジネスは好立地(世田谷など)。この立地で買い取り価格が適正なら間違いなく売却(EXIT)は可能だと思います。

じゃあ実際可能なのか?ということを調べたのですが、この買い取り価格についてはFANTAS CHECKという過去のデータという客観的な証拠に基づき、価格を割り出しています。

 

※FANTAS checkとは
2017年からサービス開始している、当社の中古ワンルーム価格査定・買取サイトです。これまで当社が蓄積してきたデータから適正価格を割り出し、価格査定に反映させています。
日々時価の価格も追加していく事で、乖離のない価格提示を行っています。FANTAS funding公式サイトより

そのサービスをFANTAS fundingの本ファンドにつかっており、買い取り価格が適正。FANTAS fundingのノウハウや経験からしても予定した価格を大幅に下回る価格で売却されるというのは非常に考えずらい。

クリアルファンドほどの硬度はありませんが、20%の劣後出資者の以上投資家が元本を大幅に棄損するというのはどのファンドでも考えずらく、また中古マンションファンド、空き屋再生ビジネスというファンドのスキーム上、高利回りがありうる。

私は2019年一番躍進するのはFANTAS fundingになるだろうと予想しています。(それくらい利回りとファンドのスキームが優れている。)

下記公式サイトより無料で口座開設可能です。(私もしたのですが、メールアドレスを登録後2分程度で登録できました。)

FANTAS funding公式サイト

fundsのお勧めのファンドとお勧めしないファンド

2019年の1月23日より運用を開始するFUNDS。

ですのでまだお勧めのファンドないだろうと思われるかも知れませんが、正直この業者の信頼度は別格のため、全てのファンドがかなりお勧めと言い切れます。

この業者は別格の信頼度を誇る超有力業者と断言しても問題ありません。

まず社長の藤田氏ですが、早稲田大学を卒業後、サイバーエージェントに入社。

その後先ほど上述したクラウドバンクの取締役に就任し、ベンチャー企業ならではのスピード感を体感。また客観的な評価としては巨大な会社の基礎部分を作ったという実績がすばらしい。

また周囲の人物も東大卒、京大卒の方や、起業の経験を多く持つ人物など、怪しい要素が皆無の、信頼に足る人物で固められているという点もGOODです。

このように事業者としてのリスクは皆無と言えるFUNDSですがココの案件として信頼できます。理由としては

1 FUNDsはプラットフォームのみの貸し出しで身内貸しをしないと明言している。

2 FUNDsが融資を行うのは上場企業に準ずる大手企業のみ(貸し倒れのリスクが低い企業体力がある大企業のみ。この点が別格の信頼度と言えます。)

3 上述する企業でFUNDSが融資をおこなう会社としてはデュアルタップや、アイフル。その宣言通りの大企業のみファンドを組成する。

4 maneoと異なりノンリコースローンではない。つまり最終貸し付け先のリスクは投資家が負わなくて良い。(超重要!)

はっきり言ってしまえばこのレベルの会社であれば数年後上場しててもおかしくない。
それくらい別格の信頼度を誇る会社と言えます。

特にすばらしいと感じるのは理由の2、3、4

まず理由の2の融資を行うのは上場企業またはそれに準ずる大手企業のみ(その宣言通り貸し付け先がデュアルタップやアイフルになります。)

(図のようにソーシャルレンディングほどの利回りはありません。ですがソーシャルレンディングほどリスクがない&事業者としての信頼度が抜群で利回り5%近くあれば私は喜んで投資を行います。)

事業者リスクも避けられ、貸し付け先も限定されるというのは画期的な仕組みと言えます。

FUNDsがおこなうノンリコースローンファンドではないという意味!

これは本当に画期的なシステムです。ノンリコースローンとの違いを簡単に言うと最終貸し付け先の状態に依存しないということになります。

例えばアイフルに出資した場合、当然の事ながらアイフルはそのお金を元にさらにお金を貸し付けます。
万が一その最終貸し付け先がお金を返せなかったとしても、その負債はアイフルが負い、我々投資家への返済義務を負います。

これがマネオのノンリコースローンとの異なる、最終貸し付け先のリスクを我々投資家が負わなくても良い点!

アイフルやデュアルタップの財務状況的に急に何かがおきるというのは一切考えられません。この点でFunds
は別格の業者のひとつであると言えます。

また上述したクリアルもそうだったのですが、新規事業者はオープニングファンドとして利回りが良いorキャッシュバックを行い、多くの投資家を集め、その業者のファンになって貰おうとします。
Fundsも1月23日よりファンドの募集を行います。私の読みでは間違いなく、オープニングファンドは好条件になると読んでいます。

下記公式サイトで無料で口座登録可能です。(私も登録したのですが、数分程度で登録できました。)

Funds公式サイト

 

クラウドクレジットのお勧めファンドとお勧めしないファンド

 

伊藤忠を筆頭に大手企業がバックについているので屈指の信頼できる業者と言えます。ただファンド毎の当たり外れが大きい。東欧金融事業者支援ファンドは年利10%を超える上、実績もあるのでお勧めです。
クラウドクレジットのお勧めファンドとお勧めしないファンド

owners bookのお勧めファンドとお勧めしないファンド

今一番お勧めのソーシャルレンディング業者はどこか?と聞かれた間違いなくOwnersBook上場企業の傘下で、さらに全ファンドに都内の好条件の不動産担保がついています。一度も元本割れなく、それどころか追加配当も期待できるファンドもあり、今年一番躍進した業者でしょう。
owners bookのお勧めファンド!お勧めしないファンド!

OwnersBook公式サイト

<追記>投資を検討する価値があるのはユニコーン!

おすすめに加えるのは悩みましたがそのバックグラウンドが信頼でき、また高利回りが期待できるという点でユニコーンをお勧めの業者に加えることにしました。(ただしユニコーンはまだファンドの募集がされていません。無論募集され次第すぐに記事にしたいと思います。)

というのもユニコーンは未上場株に投資ができるという点で利回りを相当期待できるからです。

ソーシャルレンディングとは比べものにならないほどに利回りが期待できるのが株式投資型クラウドファンディングといえます。(その分高リスク)

ユニコーンはお勧めできる?徹底的に調査してみた!

 

今後はお勧めシリーズを書く度にこの記事に業者を追加していきます。
今後も読んでくださる方に、参考にして頂き、役に立てる記事を書くことを目標にしていきたいともいます。

また下記が信頼できるソーシャルレンディング業者の一覧になります。
参考にしてください。

ソーシャルレンディング事業者比較!信頼度ランキング!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント