ホテル予約

[得して]ホテルを更に4000円以上安くする3つの裏技![資産運用へ]

安く泊まるだけであればトリバゴ一択。楽天トラベルは楽天ポイントをうまく使える分お勧め度が高い
クラウドバンク

クラウドバンク大型太陽光発電施設ファンドは優秀!今後は注意点あり!<追追記>

クラウドバンク太陽光発電ファンドへの太陽光発電施設の九州地方の出力制限の影響は軽微。クラウドバンクの太陽光発電ファンドは売電契約が2015年より前に結ばれているため、出力制限は制限付き。その上ソーシャルレンディング投資家は永遠に太陽光発電を持つのではなく、極めて短期間のみファンドを持つ。影響はないといえる。
maneo

マネオファミリーはmaneo(マネオ)が債権を飛ばす為?グリフラファンドとマネオファンドは一緒!

maneoの急成長の裏に隠されていたのはリファイナンスとファンド(債権)飛ばし。マネオが自社で募集したファンドがうまくいかないことが解ると、他のマネオファミリーへ債権を飛ばしてました。グリーンインフラレンディングなどへ本体のファンドを飛ばし、デフォルトをおこしていないように見せかける。その事実が明るみに出ています。
Funds

maneo1200億円記念ファンドが債権譲渡になる重大理由!<再追記>

maneo(マネオ)の1200億円突破記念ファンドは売却間近と言われていたが、売却に失敗。債権譲渡で決着がつく可能性が非常に高い。マネオ自身はグリーンインフラ問題やマネオファミリーで信頼を失っており、金融庁を筆頭に公的機関から問題視されている。そのため銀行も融資をしたがらない。これが本件債権譲渡になるだろう理由と言える
クラウドクレジット

クラウドクレジット最大利回り年利43.1%!業者リスク&キャンペーン解説!<追記>

クラウドクレジットの過去最大の利回りは年利43.1%。このような超高利回りファンドになった理由は3点。東欧金融事業者支援ファンド自身が、年利10.5%と非常に高利回り。海外案件だが償還実績も十分で、今回も目標達成率が100%。そして大幅な円安が進んだ3点が理由。事業者としても信頼できるクラウドクレジットは優秀。
ソーシャルレンディング

ラッキーバンクは貸し倒れで債権譲渡が確定!集団訴訟で裁判はどうなる?詐欺は確定的で免許取り消し処分

ラッキーバンクはサービサーへの債権譲渡、投資家の元本が大幅に棄損するという最悪の結末を向かえました。何故ラッキーバンクは不正が行えるスキームになっており、親族に貸し出しを行えたのか?貸し付け先の財務状況は最悪。詐欺事件なのか?投資家は集団訴訟も相当難しい。日本の不動産市場と、信頼できる不動産担保付きファンドの解説。
ソーシャルレンディング

ギフト券を配るユニコーンは詐欺会社の可能性は?信頼できるのか?<追記>

株式クラウドファンディング業者であるユニコーンが新規投資家登録で2000円のギフト券を配るキャンペーンを展開している。他の詐欺業者と異なり、ユニコーンはキャンペーンを行う事は可能。理由は明確でベンチャー企業が上場した場合莫大な営業者報酬を受け取ることが可能。キャンペーンを行うことに違和感はなく、信頼できる業者と言える。
LENDEX

2019年ソーシャルレンディング高信頼度業者比較!優良お勧め会社のファンド!最新版<追記>

ソーシャルレンディング業者で信頼できる業者のみを厳選。何故そのソーシャルレンディング業者が信頼できるのかを客観的に評価。信頼できるソーシャルレンディング業者のお勧めのファンドと何故お勧めなのか?優秀なファンドのみ厳選し、お勧めの業者とファンドをランキング形式で記載。優秀なソーシャルレンディング投資先のみ記載。
クラウドリース

クラウドリースで一斉遅延発生!マネオファミリーの信用!原因と今後は?<追追記>

クラウドリースの一斉大遅延問題。クラウドリースの借り手はパチンコ屋などリファインスが前提となっているファンドが多い。ですがマネオマーケットがリファイナンス要件を厳格化。リファイナンスができなくなったクラウドリースは立ちゆかなくなりました。そしてついに法的処置の検討。投資家にとって最悪の事態であり、今後も監視が必要。
ソーシャルレンディング

トラストレンディングから官僚OB役員の名前が消えた!!?

トラストレンディングの役員名簿から元官僚OBの名前が消えました。これは逃走目的であり、トラストレンディングが詐欺である可能性がより高まりました。トラストレンディングが15億ものお金を私的流用されており、ファンドの実態はありませんでした。刑事告訴をした時のみ詐欺被害者の可能性もありますが、基本的には共犯でしょう。
スポンサーリンク