SBIソーシャルレンディング

CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディング比較!おすすめ優良業者は?初心者投資家向けリスク解説!ランキング!投資実績付き!

ソーシャルレンディングおすすめ比較ランキング。リスクとメリット。業者毎におけるお勧めの投資方法。プロとソーシャルレンディング業者を徹底比較し、その信頼度毎にお勧めランキング客観的な評価基準で選定。利回り、元本回収率、投資難易度、運用手数料、ファンド毎のリスクなど各事業者について徹底解説し、不正をおこす業者は除外。
maneo

maneo(マネオ)川崎ファンドは元本割れ決定的!20億遅延で今後どうなる?サービサー売却?競売失敗

マネオ(maneo)で20億の大量の遅延が発生。川崎ファンドの担保価値はマネオがうたっていた業者買い取り価格と大きな乖離があり、売れて2億程度の川崎麻生区の山奥の土地。競売に失敗し、4億でも売れなかったため、抵当権順位者3位以下の全損は確定。Jトラストの藤田氏が株式取得。回収がほぼ不可能な本件はサービサーへ売却される。
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディングのクリック合戦で勝利するコツとおすすめのやり方!どうやったら勝てるのか?

ソーシャルレンディングのクリック合戦に勝利するためにどのような事前準備をするべきかというコツを全て記載!人気業者のファンド&なぜ信頼できるのかという説明。そしてそのクリック合戦に勝利するために何に気をつけなければならないのか?何をすれば投資できる確率があがるのか?などの具体的な方法の説明。投資初心者向け記事。
CREAL(クリアル)

maneo沖縄案件もパルティール債権回収株式会社が介入!好況の沖縄でも競売で売却か!?

maneoの沖縄遅延案件でもパルティール債権回収株式会社が担当することとなった。これはmaneo自身が債権回収能力を一切有していなかった証左。不動産の市況環境が好調である沖縄。maneoの担保査定が本当に正確であれば、投資家に元本の棄損なく返済可能である。競売がメイン路線となり、maneoの査定の正確さが再度問われる。
maneo

SBIソーシャルレンディングから大型太陽光発電ファンド!maneoと圧倒的に差がつき業界NO.1に!

かつての業界一位はmaneoであったが、今はSBIソーシャルレンディングが圧倒的業界1位となった。SBIソーシャルレンディングは延滞発生時に誠実に業務を行い、元本の90%以上の回収。一方maneoは川崎ファンドでは虚偽の説明を繰り返し、担保価値の大幅な水増しを行った。SBIから太陽光発電ファンドが募集も即完売間違いなし
fundinno

ソーシャルレンディング高利回り業者4社!優秀なファンドと正しい投資方法はどれ?徹底解説!

高利回りのソーシャルレンディング業者の中でおすすめ業者徹底解説。信頼できる業者としてのエビデンスを持つ業者のみ厳選。証券会社が運営している。大手企業がバックアップしている。SBIの傘下など、客観的な根拠をもつ業者のみ厳選。ファンド毎のおすすめの投資方法や、なぜその業者が高利回りファンドを組成できるのか理由を徹底解説!
SBIソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングで複利効果を高められる優良業者どこ?複利効果の最大化!徹底調査し比較!

ソーシャルレンディングにおいて多額の投資をするのであればマネオが一番複利の効果を感じられ、少額の投資であればクラウドバンクが一番複利の効果がある。満期一括型であれば(税制上満期一括型が有利)クラウドクレジットが高利回りでおすすめ。マネオ、クラウドバンク、クラウドクレジットは安定し、信頼できるリスクの低い業者といえる。
maneo

maneoとSBIソーシャルレンディングの明暗がより鮮明に!理由は!業界一位SBIが不動!<追記>

maneoとSBIソーシャルレンディングの明暗がはっきり分かれた理由は担保査定能力と債権回収能力の違い。マネオの川崎ファンドからわかるようにマネオには債権回収能力がなく、また二億程度の土地を一六億と評価。一方SBIソーシャルレンディングは不動産ファンドで遅延した場合でも、元本の90%を回収。不動産業にも力を入れていく。
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディングファンド比較!業者毎のお勧め優良ファンドはこれだ!<追記>

ソーシャルレンディング業者毎のお勧めファンド、お勧めしないファンドの一覧。リスクや利回りを考慮し、自分にあった投資ファンドを見つけて貰うのが目的。担保がついているか。太陽光発電ファンドであれば売電価格はどうかなどソーシャルレンディング業者の特徴について説明をしている。
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディング利回り別おすすめ業者!2019年徹底比較!業者ごとのおすすめはこれ!

ソーシャルレンディング利回り別におすすめの業者をランキングした。前提条件として信頼できる業者であり、その信頼できるという客観的にエビデンスを持つ業者に限定。不正リスクが低い、優秀な業者のみピックアップした最近のランキング。
Advertisements