ソーシャルレンディング

CREAL(クリアル)

不動産クラウドファンディングで今月投資をしたいベスト3!分散投資ができれば最高!どこが1位!

不動産クラウドファンディング業者で2020年当初に投資をしたいのはこの3社。acceliの初回ファンドは好立地に加えて、利回り8%。そして22%の劣後出資者。初回のボーナスファンドといえる。crealはキャッシュバックが期待。jointαは別格であり、30%の劣後出資者。京都の好立地。東証一部上場企業が運営と優秀。
Funds

みんなのクレジット事件!集団訴訟!ついに裁判開始!信頼できる業者にのみ投資すべき!<追追記>

みんなのクレジット詐欺事件では今enjinとアセットcafeの二つで訴訟が検討されている。enjinとアセットcafeともに勝機あり。ソーシャルレンディングのスキーム上非匿名契約で投資先を決めるため、どうしても不正を行う業者が出てきやすい。2020年の2月頃に判決が出る見込みで、白石氏の動向に注目すべきだろう。
CREAL(クリアル)

不動産クラウドファンディングが2020年1月の投資おすすめ!利回りは低いが安全性では軍配!

2020年1月は不動産クラウドファンディング業者から3つの大型ファンドが募集される。シーラファンディングは原宿ファンドで30%の劣後出資者。jointαは京都大型ファンドで30%の劣後出資者。CREALは上野4億5千万のファンドで10%の劣後出資者。安全性を重視するのであればソーシャルレンディングよりもおすすめ。
maneo

速報!maneo川崎遅延案件は再度競売へ!も次回は3回目!これって何を意味するのか解説!

maneoの川崎ファンドは通常で売却できなかったため、再度競売にかけられることとなった。次回で3回目であり、競売に出せるのは3回までのため、かなり低い価格で競売に物件がでてくることになる。抵当権順位一位ですら元本棄損の恐れがある。また債務者についてパルティール債権回収株式会社が調査する。錯誤無効をねらえるかが鍵。
samurai

SAMURAIがリニューアル!さくらソーシャルレンディングとの協業も正式発表!2020年は注目!

SAMURAIがリニューアルされる。ソーシャルレンディング業者であるSAMURAIはSAMURAI FUNDに名称を変更。預託金預かり制度の導入により、償還時口座ではなく預託金口座にお金が振り込まれる。(再投資の手間がかからない。)またさくらソーシャルレンディングとの協業も発表され、2020年注目の業者といえる。
クラウドクレジット

クラウドクレジットシンガポール広告代理店ファンドドル建て年利8.3%が復活!投資&圧倒的人気ですね!

ソーシャルレンディング業者の中でも屈指の高利回りファンドを組成することで有名なクラウドクレジットから新規ファンドの募集が発表された。シンガポールファンドは今1番人気。理由は明確でドル建てで年利8%と高利回り。先進国であるシンガポールに投資可能。貸し付け先の財務状況が極めて良好。人気ファンドになることは当然だろう。
maneo

maneo遅延案件はパティール債権回収会社になって動き始めた!が川崎&沖縄やガイアファンドは回収困難

maneoの国内の遅延案件についてはsamurai証券と関係するパルティール債権回収株式会社が回収に動き始めたことにより、問題解決がすすんできた印象を受ける。一方でガイアファンディングに関しては裁判所からの追加情報の提供を無視するなど、非協力的。アメリカからお金を取り返すことも困難で有り、ファンド債権の回収は難しい。
samurai

祝!maneoファミリー無事卒業!さくらソーシャルレンディングが遅延なく全案件償還達成!

maneoファミリーであったさくらソーシャルレンディングが無事すべてのファンドの運用を終了した。3年間のサービスの間、一度も元本の毀損なくファンドの運営を続けた実績。特に他のmaneoファミリーの不祥事の結果、リファイナンスができなくなったのにもかかわらず、無事償還。samurai証券に移ったが人気の投資先となるだろう
maneo

maneoの川崎、宝塚、沖縄遅延ファンドは絶望的!大型ファンド遅延は危険!問題点リスク徹底解説!

maneoの遅延ファンドの中でも特に問題なのは川崎、宝塚、沖縄ファンド。川崎ファンドは12億の貸し付けに対して3億の競売でもうれず。市街化調整区域で売却は絶望的。沖縄ファンドも競売の売却目安価値が貸付金額のわずか57%。宝塚ファンドは借り手が弁護士経由で返さずと主張。どのファンドも投資家の元本割れは必至の状況。
シーラファンディング

SYLA Fundingの口座開設完了!狙いの原宿ファンドに応募!抽選に当たって欲しい!

SYLA Fundingは不動産クラウドファンディング業者。第一号ファンドである原宿ファンドは利回り4.5%で運営期間が3ヶ月と優秀。30%の劣後出資者ということを考えれば、投資家の安全性は非常に高い。先着順ではなく抽選制のため、投資をするチャンスは応募すれば平等と言える。初回ファンドが1番投資しやすいだろう。
Advertisements