ソーシャルレンディング

LENDEX

RIZINファンドが超高利回り10%で償還!即完売のLENDEX!格闘技ファンド大成功!今後も期待!

格闘技のRIZINと提携した、LENDEXの新ファンドは5000万円という高額にもかかわらず、わずか20秒程度で完売した。理由としては年利10%という高利回り。RIZINという知名度が非常に高いファンドというのが理由。LENDEX自身も貸し付け先の匿名化解除を発表。また本格闘技ファンドは無事年利10%で償還された。
クラウドリース

クラウドリース武谷氏ブログを再度更新しmaneoマーケットの破産申し立てへの反論!対立は決定的!

クラウドリースの武谷氏が2020年1月26日ブログを半年ぶりに更新し、maneoのクラウドリースに対する破産申し立てについて反論した。要約をすると全面的に争う姿勢であり、maneoマーケットは虚偽の説明を行い、投資家を扇動し、債権回収費用や債権を買いたたくことにより利益をあげることを目的で、投資家に不利益であると主張
maneo

maneoの沖縄石垣ファンド競売取り下げ!も元本割れ決定的!貸し倒れ?担保査定がひどすぎる理由!

maneoの沖縄石垣ファンドは競売に。が競売金額は大幅に貸付金額を下回る。競売物件は森林計画の対象であり周辺木々を許可なく切れず、下水道すら完備されていない。担保を調査せず、公示価格に基づく積算価格で評価したのが原因。更に遺跡対象で開発に常に許可が必要。無論担保価値を正確に評価するのは義務で、怠った責任は大きい。
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディング低利回りおすすめ業者!2020年!安全性を重視するなら投資家向け!

ソーシャルレンディング業者安全な低利回り業者。初心者投資家向け。不動産型クラウドファンディング業者であり、不特法の下に置かれる劣後出資者のcreal.。ownersbookは上場企業の傘下で、LTVが低い。FUNDsはノンリコースローンではなく、大企業のみに貸し付。客観的に見て安全性が高い業者のみ徹底解説。
Funds

速報!maneoがクラウドリースへ反論!8000万架空債権で横領したのを否定!主張は真っ向から対立!

maneoがクラウドリース武谷社長がブログで発表したようにmaneoマーケットが架空の債権をでっち上げ、8000万を不当に搾取していたというのが事実であれば私文書偽造であり、刑事事件化することもあり得る。ただクラウドリース自身もすべての案件を遅延させており信頼できるない。maneoマーケットはこの主張を真っ向から否定
クラウドリース

クラウドリースが破産時の配当金はどの程度になるのか?一般論的状況との違いも解説!

クラウドリースに破産申し立てがなされている。通常のケースの場合、破産時投資家に帰ってくるお金は5~10%程度。ただしクラウドリースの場合、通常の経営がうまくいかなかった結果破産するというのと異なり、個別案件にもかかわらず全件遅延し、第三者から破産申し立てをうけるという異常な状況。投資家は状況を見極める必要がある。
CAMPFIRE Owners

CAMPFIRE Ownersの新ファンドはチキン屋!宣伝目的とみれば優秀なファンドなのでは?

CAMPFIREOwnersとファミリマートがコラボし、5000円分のキャッシュバックキャンペーンが発表された。最大利回り26.5%の破格のファンドといえる。新ファンドの借り手のチキン屋は経営状態もよく、宣伝目的でお金をかりており、またファミマも宣伝のためキャッシュバックキャンペーンを行う。投資家にとって非常に有利
クラウドリース

クラウドリース破産申し立てに投資家は参加すべきか?メリット、デメリットは。参加しないとどうなる?

クラウドリースへの投資家破産申し立ては参加した方がよい。裁判所が破産決定にあたり、基準となるのは法的根拠だが、多くの投資家から申し立てがあればそれが後押しとなる。ただ参加しなくとも破産時の分配金には、参加した人と同一。(破産時の債権者は平等。)集団訴訟も検討されているが回収は難しく、着手金&成功報酬で44%の非常に割高
クラウドリアルティ

クラウドリアルティに倒産時はどうなる?気になる質問をぶつけてみた!ソーシャルレンディングと異なる!

クラウドリアルティは資産の分別管理を行っているが、倒産時は倒産隔離をおこなっているわけではないため、少なからず投資家資金に影響をうける。エクイティ型に近いがソーシャルレンディングではなく、不動産クラウドファンディングに近く、貸付金利の上限を受けない。VCが出資していることからも不正は考えられず、おすすめの業者。
maneo

maneo(マネオ)の担保で投資家が大損する理由!川崎、沖縄で担保査定せず!元本割れは決定的!

maneoの川崎&沖縄ファンドはmaneoの担保査定と実際の担保価値が大きく異なっており、投資家の元本割れは免れない。川崎ファンドは市街化調整区域、沖縄ファンドは周辺木々の伐採すらできない劣悪な環境。原因はすべて積算価格の路線価をmaneo自身が調査をしておらず、公示地価をもちいてしまったこと。重過失と言わざるを得ない
Advertisements