シーラファンディング

シーラファンディング

SYLA FUNDING(シーラファンディング)の評判は?詐欺で危険?おすすめ特徴徹底解説!

不動産クラウドファンディング業界に新たにシーラファンディングが参入。30%の劣後出資者という点で投資家保護が図れているが、シーラは創設間もないベンチャー企業という点がやや不安な点といえる。ただし業績も安定している。抽選方式を採用しており、知名度向上のため、CMのように優良ファンドを組成しており、投資家有利でおすすめ
Rimple

シーラファンディングとRimpleからファンド募集開始のお知らせ!おすすめはどっち?

シーラファンディングとRimpleから新ファンドの募集が発表された。シーラファンディングの第四弾ファンドは年利5%。Rimpleは4.6%。ただしRimpleは秋葉原と好立地なのに加えて、東証一部上場企業が30パーセントの劣後出資者ということを考えれば、今回はRimpleがおすすめといえる。
CREAL(クリアル)

不動産投資クラウドファンディング比較!おすすめ業者をランキング!評判良い業者は?仕組みリスク解説!

不動産投資型ソーシャルレンディングとクラウドファンディングを比較、おすすめ業者をランキングで発表。違いとメリット、リスク、評判を解説。不動産投資型クラウドファンディング業者は住所が明記されており、劣後出資者として投資家の同じファンドに投資。事業者から優先し損失を被る。owners bookはLTVが低く、上場企業傘下。
CREAL(クリアル)

不動産投資クラウドファンディングクリック合戦コツ!assecli,creal,syla,fantas

不動産クラウドファンディング業者の人気が非常に高まっており、クリック合戦に勝利しなければ投資ができない状態が続いている。本記事ではクリック合戦に勝利するコツをまとめた。サーバーの強弱は投資家はどうしようもできないが、それ以外例えばクリック合戦に勝利するために必要な準備。光回線をつかう。更新ボタンをおすタイミングなど解説
CREAL(クリアル)

不動産クラウドファンディング投資申込の結果は!?今後不動産クラウドファンディングはどこに投資する?

不動産投資型クラウドファンディング業者投資申し込み結果解説。サーバーの強さ次第で投資ができるか決まる。2020年2月以降不動産クラウドファンディング業者で投資がおすすめは先着方式をとるsylafundingとjointα。クラウドリアルティは1万円プレゼントキャンペーンを行っているため登録すべきだろう。
CREAL(クリアル)

不動産クラウドファンディングが2020年1月の投資おすすめ!利回りは低いが安全性では軍配!

2020年1月は不動産クラウドファンディング業者から3つの大型ファンドが募集される。シーラファンディングは原宿ファンドで30%の劣後出資者。jointαは京都大型ファンドで30%の劣後出資者。CREALは上野4億5千万のファンドで10%の劣後出資者。安全性を重視するのであればソーシャルレンディングよりもおすすめ。
シーラファンディング

SYLA Fundingの口座開設完了!狙いの原宿ファンドに応募!抽選に当たって欲しい!

SYLA Fundingは不動産クラウドファンディング業者。第一号ファンドである原宿ファンドは利回り4.5%で運営期間が3ヶ月と優秀。30%の劣後出資者ということを考えれば、投資家の安全性は非常に高い。先着順ではなく抽選制のため、投資をするチャンスは応募すれば平等と言える。初回ファンドが1番投資しやすいだろう。
スポンサーリンク